イエティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イエティ英語など:yeti / 雪男 / 雪人)は、ヒマラヤ山脈に住むといわれているUMA(未確認動物)である。全身がに覆われ、直立歩行するとされる。イエティには3種類いるとされ、ズーティ、ミィティ、イエティであり、この3種は家族だともいわれている。

イエティのイラスト(想像図)

概要[編集]

イエティは、シェルパ族言葉を意味する"Yah"と動物を意味する"Teh"が語源である。現地では伝承としてその存在が伝えられていたが、1887年イギリスウォーデル大佐が足跡を発見したことで世界に知られるようになった。

その後、実物を目撃したとの報告もあり、1954年のイギリスのデイリー・メール紙のものを皮切りに各国より何度となく探査隊が派遣されている。日本では1959年東京大学医学部小川鼎三教授を代表とする「日本雪男研究グループ」が結成され、毎日新聞社スポンサーとして、6名の学術探検隊がエベレスト山麓に派遣された。

現地では巨大でヤクを襲うズーティ(「程の熊」が語源)、2メートルほどの大きさでナキウサギを捕食するミィティ(「人程の熊」が語源)など数種類の呼び名がある。このうちズーティについては、ヒグマのことを指しているのではないかといわれる。 シェルパのセン テンシンがチャンボチェで目撃したイエティの体つきはずんぐりして類人猿に似ており、背の高さは150~165cmほど。赤褐色または灰褐色の短くてかたい毛に覆われ、肩のあたりの毛はやや長い。頭は大きく、頭頂部は尖り、耳は小さく、顔には毛はない。口は大きく、歯は大きいが尖った牙はない。二足歩行をしているが、急ぐ時や岩を登るときには四足歩行も行う。足は大きく、尾はない[1]

伝承では、イエティは風のようなもので音はしても姿かたちは見えず、イエティを見ると病気になると言われている。[2]

歴史[編集]

1921年9月22日ハワード・バリー大佐とその登山隊はエベレストの標高7700メートル地点で大きな足跡を発見した。バリーはそれをオオカミのものだと考えたがチベット人たちは雪男のものだと考えた[3]

1951年11月8日登山家のエリック・シプトンらはエベレスト山のメンルング・ツエ南西斜面にて人間の物によく似た足跡を発見した[4]。その足跡は1.5キロ先のモレーン氷河まで続いていたが、そこで足跡は途切れていたので取り敢えずその足跡の画像を撮影した。この写真はのちにイエティの足跡を写したものだとして人々の注目を集めた。

1958年ノーマン・ディーレンファース英語版率いる雪男探検隊の参加者が、人間を小型にしたような黒毛で覆われ、手足は人間そっくりの動物が、森の中の川岸の石の上でカエルを食べていたのを目撃した[2]。現在[いつ?]も目撃されている。

正体[編集]

イエティの正体については、未知の巨大類人猿(或いは新生代第三期の大型類人猿ギガントピテクスネアンデルタール人[5])説、ヒグマ説、ラングール説など様々である。

1937年大英博物館のガイ・ドルマンはアメリカの雑誌ザ・タイムスにてイエティの正体はヒマラヤラングールとししっ鼻ラングールではないかという説を発表した。しかしイエティの足跡とされるものが発見されている地域にラングールは生息していない[6]

1952年動物学者のベルナール・ユーヴェルマンスはフランスのシアンス・エ・アブニール誌にイエティの正体はギガントピテクスの近種だとする説を投稿した。その説は他の科学者達によって突拍子もない話だとして切り捨てられた。一方ロシアの動物学者ウラジミール・チェルネツキーは『忌まわしき雪男探検隊・1955年』にてユーヴェルマンスの理論と類似した説を展開している[7]

1960年探検家エドモンド・ヒラリーら18名参加の国際学術探査隊がエベレスト山麓を調査し、以下のような結果を発表した。

  • 「イエティの足跡」はキツネのもの。
  • ネパールラマ教寺院に保存されている「イエティの頭皮」はカモシカの一種のもの。
  • 「イエティの鳴き声」はユキヒョウのもの。
  • 大きなイエティ「チュッテー」の毛や糞はヒグマのもの。
  • 中くらいのイエティ「ミッテー」の毛と糞はカモシカのもの。
  • 小さなイエティ「テルマー」の毛と糞はアカゲザルのもの。
イエティのものだと称されている頭部(ネパール、クムジュンの僧院)

最近では、シェルパにヒグマの姿を見せたところ、彼らが「イエティ」と認識したことが判明している。

ブータンで「雪男」を指すとされた「メギュ」、チベットでの「テモ」もヒグマを指す名称だった。

1959年、地元住民が日本の登山隊に差し出した「イエティの毛皮」もヒグマのものだった。

2003年にチベットで調査をおこなった登山家根深誠も、チベットで「雪男」を指す「メテ」、「ミティ」は人を意味する"mi"とチベットヒグマを意味する"dred"が語源だったと、イエティはヒグマであったとの結論を出している。

ラインホルト・メスナーの著書『My Quest for the Yeti』には、そもそもイギリスのエベレスト登山隊がイエティを未確認動物にして資金を集めていた事実が1930年代ドイツの探検家・動物学者E・シェーファー英語版によって証されていたことが記載されている。多くの登山家達が資金繰り[注 1]に悩んだあげく、故意かどうかは別にして、地元でイエティと呼ばれていたヒグマを未確認生物に仕立て上げ、資金源にしていた、と根深誠は述べている[8]

2017年12月、アメリカの研究チームが、イギリス王立協会紀要フィロソフィカル・トランザクションズ」に「正体はクマの可能性大」と発表した[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ エベレスト登山の場合、現在登山料は団体割引を使っても一人最低10,000米ドル。

出典[編集]

  1. ^ 今泉吉典『アニマルライフ 動物の大世界百科 第21巻 追補』日本メール・オーダー社、1973年、4167頁。
  2. ^ a b “Web東奥・特集/ヒマラヤの雪男の謎を解明する/根深誠さんの手記(5)”. www.toonippo.co.jp (東奥日報). (2004年5月18日). オリジナルの2007年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070318092149/http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/higuma/nebukanote/note5.html 
  3. ^ ベルナール・ユーヴェルマンス(1981)、p.115
  4. ^ ベルナール・ユーヴェルマンス(1981)、p.114
  5. ^ “ついに伝説の雪男イエティやビッグフットの正体がDNA鑑定で判明”. Gigazine (株式会社OSA). (2014年7月3日). http://gigazine.net/news/20140703-dna-analysis-yeti-bigfoot/ 2019年8月16日閲覧。 
  6. ^ ベルナール・ユーヴェルマンス(1981)、p.132
  7. ^ ベルナール・ユーヴェルマンス(1981)、p.153
  8. ^ “Web東奥・特集/ヒマラヤの雪男の謎を解明する/根深誠さんの手記(12)”. www.toonippo.co.jp (東奥日報). (2004年5月5日). オリジナルの2004年12月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041205160711/http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/higuma/nebukanote/note12.html 
  9. ^ 小堀龍之 (2017年12月6日). “雪男「イエティ」の正体、「骨」のDNA調べた結果は…”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASKD555KHKD5ULBJ013.html 2019年8月16日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]