里見直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

里見 直(さとみ ただし、1970年5月18日 - )は日本脚本家アトラス(旧社)で『ペルソナ』シリーズの1作目(異聞録)と2作目のシナリオ・キャラクター設定・世界観設定を担当していた。アトラス(旧社)を退社後は「ブレイブストーリー 新たなる旅人」のシナリオを担当している。

シナリオ担当[編集]

[1]

備考[編集]

  • 『女神異聞録ペルソナ』、『ペルソナ2 罪・罰』には自身をモチーフにしたキャラ「ただしくん」が登場し、更にマツモトキヨシのパロディである「サトミタダシ」なる薬局がある。
  • 内田有紀のファンで内田有紀をモデルにしたキャラ「たまきちゃん」と、自身をモデルにしたキャラが両思いであるという設定をゲーム上で行い、ファンからクレームがきたと『ペルソナ』のファンブックで語る。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ クリエイターコメント:里見直(シナリオ)編”. フリュー (2016年3月30日). 2016年9月26日閲覧。