忍道2 散華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
忍道2 散華
ジャンル 忍者ステルスアクション
対応機種 PlayStation Vita
開発元 アクワイア
発売元 スパイク
シリーズ 忍道シリーズ
人数 1人
メディア PS Vitaカード
発売日 2011年12月17日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
売上本数 31,672本[1]
テンプレートを表示

『忍道2 散華』(しのびどう2 さんげ)は、スパイク(現:スパイク・チュンソフト)より2011年12月17日に発売されたPlayStation Vita用ゲームソフト。同社発売の『忍道』シリーズ最新作[2]であり、開発は従来のシリーズ作品と同じくアクワイアが担当している。

概要[編集]

忍道 戒』の続編で、外伝を除いた本家『忍道』シリーズの第2作目。「散華」とは仏教用語で、仏の供養のために花を撒くことを指す。

最初に2011年の海外向けゲームイベント・E3において『SHINOBIDO 2: Tales of the Ninja』として開発が発表され、後に国内では現在の『忍道2 散華』で、北米では前述した『SHINOBIDO 2: Tales of the Ninja』で、欧州では『Shinobido 2: Revenge of Zen』のタイトルでそれぞれ発売された。また、2012年3月13日に有料ダウンロードコンテンツ「鏡の化身」が配信された。

PlayStation Vitaのローンチタイトルの一つでもある本作は、PlayStation Vitaの性能を活かした機能や試みが豊富に取り入れられており[3]、前面・背面タッチスクリーンによる操作や、内蔵アプリケーション『near(ニア)』を利用して他プレイヤーとアイテムなどのやり取りを行う「交信壺」システムなどが実装されている。また、有機ELディスプレイの鮮やかな発色を活かすため、日本の「和」を意識した配色に重点が置かれており[4]、夜の闇の「黒」と紅葉の「赤」を主体としたグラフィックなども特徴の一つである。

物語は前作の続きとなっており、紅葉の散る秋の「宇高多(うたかた)」が本作の舞台となる。

週刊ファミ通1203号によるクロスレビューは40点満点中31点(シルバー殿堂入り)[5]

あらすじ[編集]

舞台は室町時代後期のとある小国・宇高多。かつて国中を巻き込んだ「宇高多の乱」は飛鳥(あすか)忍者の暗躍によって一旦は終結したが、平穏は長く続かず、宇高多の地には新たな争いの火種が生じ始めていた。

あるとき「風華(ふうか)」の里と呼ばれる忍びの里が、一人の抜け忍・柏樹のシュウの手によって突如滅亡する。風華忍者の生き残りである火祭のゼン爪紅のサンは里を裏切ったシュウを追い、彼に戦いを挑むが、力及ばず返り討ちに遭ってしまう。この戦いでサンは命を落とし、ゼンは瀕死のところを飛鳥忍者の頭領・黒鷹のザジに救出されるが、愛する者を失った怒りと悲しみはゼンを復讐に駆り立てる。

シュウの手がかりを得るため、しばらくの間飛鳥の里で任務に就くことになったゼンは、次第に陰謀渦巻く大名たちの勢力争いと、宇高多の地に伝わる8つの「天魔鏡」を巡る戦いに巻き込まれてゆく。

ゲームシステム[編集]

基本システムは前作のものを継承しており、ゲームジャンルは極力敵に見つからないよう任務をこなしていくステルスアクションゲームとなっている。プレイヤーは各勢力から依頼される輸送や偵察、警護や暗殺などの様々な任務をこなしながらゲームを進めていく。本作では「一条(いちじょう)家」「風天(かざま)家」「阿無璃他(あむりた)教」の三大勢力が存在し、前作同様「ハラキリエンジン」と呼ばれるシステムで各勢力の軍事力や資金などが算出され、ゲームの進行に影響を及ぼすようになっている。また、時にはいずれの勢力にも属さない者から任務を依頼されることもある。

これらの他にも、敵の不意を突いて一撃で相手を倒す「血祀殺法(ちまつりさっぽう)」や、壺に素材を入れて好きな忍具を抽出する「調合」システムなども引き続き実装されている。また、ゲームを進めていくと以下の新アクションが使えるようになるのも特徴である。

風黒羽(ふくろう)
特殊な布を用いて、ムササビのように滑空する飛行術。移動や逃走に使うだけでなく、高所からの安全な着地も可能になるなど幅広い応用が利く。
設定上は、小柄な者しか使えない術のはずだが、ゼンたちは風華忍者に伝わる「風読み」と呼ばれる空気の流れを読む特殊技能でこれを可能にしている[6]
斬刻(ざんこく)
幻術を用いて敵の「刻(とき)」を止め、相手に気付かれることなく斬り伏せる禁断の忍術。発動時のコマンド入力さえ成功すればどんな敵でも一撃で倒す強力な術だが、発動には「斬刻ゲージ」が必要で、対象が強ければ強いほど必要なゲージ量も多くなる。また、基本的に無警戒状態の相手にしか通用しない。
本来は飛鳥忍者に伝わる術だったが、飛鳥忍者は長らく幻術を禁忌としており使い手がいなかったため失伝していたという設定がある[6]
見斬(みきり)
相手の攻撃を受ける直前にタイミングよく特定のボタンを押すことで攻撃を見切り、即座に反撃を繰り出す技。弱い敵なら一撃で倒すことができるが、強敵に対しては効果が落ちる。

登場人物[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

火祭(ひまつり)のゼン
三木眞一郎
本作の男性主人公。風華の里の若き忍者。黒地に赤を基調とした派手な忍装束と[4]、額の火傷の跡が特徴。
顔の傷は物語冒頭でシュウによってつけられるもので、自分から大切なものを奪ったシュウへの復讐に燃える。作中では復讐心に支配されているが、元来は温厚な性格だったとされる[4]
「火祭」とはサボテンのような多肉植物の一種であると同時に彼岸花の別名でもある[4]
爪紅(つまくれない)のサン / 楓(かえで)
早見沙織
本作の女性主人公。風華の里のくのいちで、ゼンの相棒。青を基調とした忍装束と片目を隠したショートヘアが特徴。
シュウとの戦いの際にゼンの目の前で殺されたはずだったが、後に「楓」という名前で再びゼンの前に姿を現す。サンは勝ち気な性格、楓は寡黙な性格をしている。
「爪紅」とは紅葉(オオモミジ)の一種で花言葉は鳳仙花の別名でもある[4]

その他のキャラクター[編集]

柏樹(はくじゅ)のシュウ
子安武人
風華の里を滅ぼした張本人。杖を手にした神主のような風貌をしており、強力な妖術の使い手。
ゼンやサンとは幼馴染で、同じ風華の里出身の忍びだったが、ある出来事がきっかけで天下を乱すために暗躍するようになる。
「柏樹」とは糸杉の別称である「柏樹子」からとった異名である[4]
銀連花(ぎんれんか)のナギ
藤村歩
シュウの側近のくのいち。シュウに対して強い愛情を抱いており、優れた知略と忍びの技で彼をサポートする。
ゼンたちと同様に元は風華の里出身だったが、シュウの決起に同調して里を抜ける。「金盞花(きんせんか)のシズク」という姉がいたが、すでに死別している。
「銀連花」はアネモネ、「金盞花」はマリーゴールドの名で知られる[4]
黒鷹(くろたか)のザジ
小西克幸
飛鳥忍者の頭領。卓越した腕を持つ隻眼の忍びで、シュウに敗れたゼンを救出し、彼の良き協力者となる。
温厚で気のいい性格だが、かつて復讐に囚われて仲間と戦ったことがあり、ゼンの境遇に自身の過去を重ねている。
前作にも登場した人物であり、『侍道3』にもゲスト出演している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』 エンターブレイン2013年2016年3月26日閲覧。
  2. ^ 2017年11月現在。
  3. ^ PS Vita「忍道2 散華」をさっそくプレイ。和の世界での気持ちの良いアクションを,Vitaの機能を取り入れたインタフェースが後押し”. 4gamer.net. 2017年11月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 忍通信 ネタバレありの設定資料集その壱~陸”. スパイク・チュンソフト. 2017年11月10日閲覧。
  5. ^ 忍道2 散華 まとめ [PS4] / ファミ通.com”. ファミ通.com. 2018年9月26日閲覧。
  6. ^ a b 特定条件を満たすと可能になるキャラクターモデルの変更を使えば誰でもできる。

外部リンク[編集]