侍道4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
侍道4
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 3
開発元 アクワイア
発売元 スパイク
人数 1人
発売日 2011年3月3日発売
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
売上本数 13万3709本[1]
テンプレートを表示

『侍道4』(さむらいどう4)は、スパイク(現スパイク・チュンソフト)がPlayStation 3用ソフトとして発売したゲームソフト。同社発売の『侍道』シリーズ最新作(2015年5月現在)であり、開発は従来のシリーズ作品と同じくアクワイアが担当している。追加要素を収録した廉価版、侍道4 Plusが2012年1月26日に発売した。

概要[編集]

前作発売から約2年の時を経て発表された、『侍道』シリーズ正式ナンバリングタイトル第4作品目。

前作『侍道3』と同社発売の『喧嘩番長3 全国制覇』が好評を博したことにより、両シリーズとも「4」の開発が早い段階から決まっていたものの、本作に関してはその後これといった情報が発表されないまま、先に『喧嘩番長4 一年戦争』の発売が開始。本作の正式な発表は、それから約半年ほど遅れ、『喧嘩番長5 漢の法則』の発表とほぼ同時期に行われることとなった。なお、その間に『侍道3』の完全版である『侍道3+(Plus)』が発売され、その中に当時開発中の本作のイメージ映像がわずかながら収録されている。

本作においても『侍道』シリーズの特徴である「自由度の高いゲーム性」「物語を構成する三つの勢力」などの基本的な要素は受け継がれており、これらの点に加え、前作で犠牲にせざるをえなかった[2]グラフィック面や演出面の向上、プレイヤーの行動が如実に反映される「インタラクティブイベント」の強化などが行われている。また、本作よりPlayStation Storeを利用したダウンロードコンテンツ(DLC)の販売も開始されている。

本作の時代設定は、浦賀への黒船来航から数年後[3]が舞台の、いわゆる幕末時代(約1853~1869年頃)となる。また、物語の舞台となる地は前々作の「天原」前作「天奈」に対し「阿弥浜(あみはま)」と呼ばれる港町になり、三勢力は「外国」「幕府」「攘夷」となる。

新システム[編集]

「生きた証」
周回要素に関係する新システム。エンディングやゲームオーバーなどで一度物語を終えたとき、前回のプレイで取った行動や使用していた武器などが次回プレイ時に影響を与える。
前回プレイしたゲームの内容によって、最初から町の施設が開業/閉鎖していたり、生前自分が使っていた武器をNPCが拾って持っていたりする(流通)。また、特定の条件を満たすと、前回エンディングを迎えた主人公が阿弥浜の住人(NPC)として登場することもある。
「また、つまらぬものを斬ってしまった」
通称「つま斬り」。シリーズのバトルパートで追求されてきた「殺陣」に関連する新アクション。
発動するとプレイヤーキャラの動作が高速化され、周囲にいる敵を流れるように攻撃することが可能となる。このとき倒した敵はすぐに倒れず「つま斬り」が終了すると同時に、血しぶきを上げて一斉に倒れる。
「つま斬り」の発動にはつま斬りゲージが一定量溜まっている必要があり、敵を倒したり「きのこ」などのアイテムを使用したりすることでゲージが増加する。「つま斬り」発動中は常にゲージが消費されていき、自ら解除するかゲージがゼロになるかした時点で終了するが、後者の場合は膝をつき、大きな隙を作ってしまう。
「拷問」
キャッチコピーは「地獄の沙汰も俺次第」。
本作では悪行を行うと同心や岡っ引きが襲ってくるようになり、その状態で捕縛されると拷問にかけられてしまう。
拷問はミニゲームで行われ、耐え切ることができれば放免してもらえるが、耐え切れなかった場合は死亡してしまいゲームオーバーとなる。
拷問は三種類存在し、ゲーム中の治安によって内容と担当者が異なる。
  • 治安が良い:長女・万由「人間水車責め」
  • 治安が普通:三女・百合「煉獄吊責」
  • 治安が悪い:次女・千佳「超石抱」
「夜這い」
キャッチコピーは「今夜、お待ちしております」。
町の中にいる女性キャラクターに声をかけたときに「惚れた!」の選択肢を選ぶと女性を口説くことができ、その後の口説き文句で女性に好印象を与えることに成功すると夜這いの約束を取り付けることができる。その後、時間帯が夜の時に夜這い小屋を訪れると、家人に見つからないよう屋敷に忍び込むステルスパートに移行し、そこから意中の女性の待つ布団への到達に成功すると、舞台を旅籠に移して「たわむれ」を楽しむことができる。
通常、夜這いできるキャラクターはマップ内を徘徊している一般女性NPCだけだが、条件を満たすと物語に大きく関わる主要人物や、男性キャラクターへの夜這いも可能となる。
なお、夜這いそのものにはゲームが有利になるメリットなどは特に存在しない。
「オンライン辻斬り」
キャッチコピーは「いま、斬りにゆきます」。
PlayStation Networkに接続した状態で、ゲーム内オプション「世界に繋がる」項目をオンにすると、現在使用しているキャラクターのデータがアップロードされ、他のプレイヤーのゲーム内で敵キャラクターとして登場するようになる。このとき出現するキャラクターの容姿や武器はアップロード時のデータが使用されるため、戦って勝利することで相手の持っていた刀を入手することも可能となっている。
なお、いわゆる通信対戦や協力プレイとは異なり、アップロードされたキャラクターは元のプレイヤー本人の操作によるものではなくNPCとしての登場となる。

これらのシステム以外にも、特定の場所で釣りやギャンブル(ポーカーこいこい)などのミニゲームも楽しむことができる。

流派[編集]

武器によって使用できる技が決まっていた従来の作品に対し、本作では「流派目録」と呼ばれるアイテムを装備することによって使用する技を決定する。

流派は、目録によって構えや技構成が異なるのが特徴で、基本的には武器と同様に敵キャラクターを倒すことで入手する。なお、一度習得した技は、ある人物に白紙目録を持っていくことで「俺流」と呼ばれるオリジナル流派に組み込むことができるようになる。

本作における流派は、前作から登場していた「上段」「中段」「下段」「脇」「片手」「居合」「忍者」「二刀」「忍者二刀」「槍」「無手」の11種類の構えに加え、新たに遠距離から敵を攻撃する「拳銃」や「ライフル」が追加されている。

登場人物[編集]

主人公[編集]

青年(声:新垣樽助
壮年(声:ふくまつ進紗
若年(声:市来光弘
デフォルトネームは「名無し侍」。
ふらりと小船で阿弥浜を訪れた侍。港での騒乱に巻き込まれる形で物語が始まる。

外国勢力[編集]

ローラ・リータ
声:安士百合野
英国公爵家出身の大富豪の令嬢(両親はすでに他界)。日英間の貿易締結のための親善大使として日本を訪れる。
まだ幼さの残る少女だが、日本人に対しても偏見を持たず、誰にでも優しく接することのできる芯の強さも持っている。
嫌いなものは暴力と幽霊。また、甘いものに目がなく、常に領事館の机の上にチョコレートを忍ばせている。
外国勢力ルートと隠しルートで、事実上のヒロインとなる。
ジェット・ジェンキンス
声:大川透
24歳・B型。通称・JJ(ジェイジェイ)。派手な燕尾服に身を包んだ若き伯爵。英国副使としてローラの補佐を担当する。
退屈を嫌いスリルを愛する優男で、趣味はギャンブル。左腕は義手だが、これはあるとき賭けに負けて自ら切り落としたことによるもの。
ヒマを持て余しては港のカジノで遊んでいるが、拳銃の扱いに長け、剣の腕も一流。なお、主人公を除くと戦闘で拳銃を使用する唯一のキャラクターである。ローラと異なり日本人を蔑視する傾向にあるが、展開次第では改心し、日本について学ぼうとする。
メリンダ・デカメロン
声:田中敦子
イギリス海兵隊隊長を務める女騎士で、ローラの護衛役。自身直属の女性騎士団「パツキン隊」を配下に持つ。
女性ながら金色の鎧に身を包み、自他への厳しさから「鬼隊長」と恐れられるが、一度鎧を脱げば美容に気を使い、男性への憧れも捨てきれていない女性らしい一面も持つ。
戦闘では英国式の大剣を軽々と振り回し、防御を崩されなくなる特殊能力「不動心」の効果で鉄壁の守りも併せ持つ。
主要人物の中では唯一いつでも殺害することのできるキャラクターであり、彼女が死亡した場合は新隊長と呼ばれるキャラクターが代わりに登場するようになる。

幕府勢力[編集]

琴吹 光(ことぶき ひかる)
声:江川大輔
36歳・O型。阿弥浜の代官。「阿弥浜の河豚(鯨)」を自称する、剣術の達人でもある。
暑苦しいほどの熱血漢で、良くも悪くも真っ直ぐな性格。少々空回り気味なところはあるものの根は善人である。展開次第では、鬼怒川に離反する。趣味は洞窟探検。
中段構えと上段構えを使い分けることができる複合流派を使用しており、中でも気を溜めてから一気に放出して周囲を吹き飛ばす「美愚蛮(びっぐばん)」は強力無比な性能を誇る。
茂呂 茂(もろ しげる)
声:遠藤大輔
32歳・A型。運上所頭取(輸入物資の管理や税金の徴収などを行う役所の頭目)。不真面目でいつも眠たそうな顔をしているが、胸の奥では常に国の行く末を想っている。
現在の古い体制の幕府に危機感を抱いており外国の高度な文化や技術を取り入れるべく奔走するが、そのせいで攘夷勢力からは目の敵にされている。
体術の達人で、刀を持った相手にも互角に渡り合うことができる「無手」の使い手。また、あまり披露する機会はないものの、剣の力量も高い。
なお、本人の口から既婚者であることが判明する。
鬼怒川 怨仙(きぬがわ おんせん)
声:納谷六朗
64歳・AB型。幕府の大老。攘夷志士殲滅のため、江戸からやってくる。
「幕府の威信回復」を名目に、拷問や処刑(主に釜茹での刑)を楽しむ冷酷非道な人物。
自身の親衛隊「魔鱗組(まりんぐみ)」に加え、隠密集団「暗闇脳天(くらやみのうてん)」を率いているほか、自身そっくりの影武者も擁している。
脇構え、中段構え、片手構えの3つの構えを使い分けることのできる特殊な流派を使用しており、剣の実力も相当なものである。
本作における巨悪の根源であり、真のエンディングとなる隠しルートでラスボスとなる。
名前の由来は栃木県・日光市に実在する温泉・鬼怒川温泉
鬼怒川三姉妹 / 万由(まゆ) - 千佳(ちか) - 百合(ゆり)
声:沢城みゆき(三人全員)
鬼怒川の美貌の三人の娘たち。長女が万由、次女が千佳、三女が百合。父に負けず劣らず拷問や処刑が好きで、巷では「残酷三姉妹」と陰口を叩かれている。
普段は着物を着ているが、戦う際は彼女達専用の戦闘服に着替える。万由は刀、千佳は二刀流、百合は槍の使い手。
なお、公式サイトによれば、万由は100mを完走するのに20秒かかる運動音痴、千佳は昔から鉄棒の逆上がりができない、百合は言葉遣いが変なのを指摘されるとキレる、とのこと。
まだら
大老・鬼怒川に仕える隠密集団「暗闇脳天」の一人。中心に大きな黒丸が描かれた不気味な仮面を着用している。
鬼怒川三姉妹の指示のもと、暗殺などの任務に携わっている。性格は非情かつ冷徹。
仮面をつけているためその素顔は不明だが、特定のルートを進むとその正体が判明する。
デザインのモチーフは、少年漫画『NARUTO -ナルト-』の登場人物「うちは マダラ」。
とぐろ
「暗闇脳天」隊長。まだらの上役であり、彼女の育ての親。
まだらの「裏波羅流剣術」に対し、忍者二刀構えと呼ばれる「波羅流剣術」を使用。また、敵に敗北した際には道連れに自爆を試みることもある。

攘夷勢力[編集]

赤城 烈斗(あかぎ れっど)
声:小上裕通
25歳・O型。攘夷勢力「般若党」のリーダー。攘夷志士を束ね、侍の時代と日本文化を守るために幕府や外国人と戦っている。
豪放で荒っぽい性格だが、部下の采配や党の運営などにも優れた手腕を発揮しており、仲間からの信頼も厚い。
背丈ほどもある長剣を背負い、上段の構えから繰り出される技の数々は驚異的な破壊力を持つ。
小暮 迅雷(こぐれ じんらい)
声:細谷佳正
25歳・B型。「般若党」の副長で赤城の幼馴染。居合いの達人で、寡黙な性格。
剣の腕は党一番とも噂されるほどの実力者だがそれ以外のことには疎く、暗殺の任務に徹している。赤城同様、外国人及び外国文化を嫌悪しているが、展開次第では、外国文化の受容の必要性を痛感させられたことを機に改心する。
相手に背を向け攻撃を誘ったところを反撃する「天照」、攻撃を受けても怯まずに歩み寄り刀で一閃を加える「骸」→「餓鬼」など、独特な技を多く持つ。
朱美(あけみ)
声:小島幸子
居酒屋「真実」の若女将。心優しく気前のいい人物で、攘夷志士たちのアイドル的存在。
党員を匿ったり、入手した情報を赤城たちに流したりすることで般若党をサポートしている。

その他[編集]

堂島 軍二(どうじま ぐんじ)
声:伊丸岡篤
20歳・B型。只者ならない雰囲気を持つ浪人。乱れた長髪やボロボロの着流し姿というやさぐれた風貌をしており、墓場に寝泊りしている。
『侍道』シリーズに登場する同名の人物と同一人物であり、本作では若き日の姿として登場する[4]。ゲーム中特定の条件を満たすと鍛冶屋の後継者となる。
なお、長髪の堂島の設定自体は初代『侍』の開発段階の時点で存在している[5]
女剣士(おんなけんし)
声:山戸めぐみ
本名不明。街道の奥に居る謎の女剣士。
本編登場時の時点では悲願であった敵討ちを成し遂げた直後であり、唯一の肉親である弟を探すべく阿弥浜で就職活動を始める。
『侍道』シリーズに登場する「先生」と瓜二つであり、ゲーム中特定の条件を満たすと「先生」として道場の師範代に就任することもある。
ぢぢい
町の道場を管理する老人。道場再興のため、主人公に道場の師範にならないか勧めてくる。
「東急流」という剣術を使っていた伝説の侍の子孫だと自ら語っているほか、道場の壁には前作に登場した藤森主膳や松崎源十郎の写真が飾ってある。
おっつぁん
宿無しの長

ダウンロードコンテンツ[編集]

汁部 理人(しるべ りひと)
大通りに居る自称・人斬り。態度はデカイが実際は口ばかりが達者な軟弱者。
ダウンロードコンテンツ導入後に受けられるようになる特殊なりわいの仲介人でもある。
近藤 勇(こんどう いさみ)
DLC「新撰組セット」で登場するキャラクター。後の新撰組局長となる人物。
本作では自ら弱小流派の宗家を名乗っており、彼を倒して名を上げようと寄ってくる不埒者を片っ端から成敗している。口が非常に大きい。
強靭な活力の持ち主で、鉄壁の守りを崩さない限り一切の攻撃が通じない。撃破すると彼の愛刀「虎徹」と彼のポリゴンモデルが使用可能になる。
土方 歳三(ひじかた としぞう)
DLC「新撰組セット」で登場するキャラクター。後の新撰組副長となる人物。
本作では「石田散薬」の行商人として登場しており、普通の秘薬を高値で売って荒稼ぎしている。
「石田散薬」を買わなかった場合、体力がなくなると自ら薬を使用し、その場で復活する。撃破すると彼の愛刀「和泉守兼定」と彼のポリゴンモデルが使用可能になる。
ドナドナ
DLC「あの人は今……」セットで登場するキャラクター。シリーズ第1作『』で登場したキャラクターの若き日の姿。
本名・ドナルド・ドナテロウズ。イギリス出身の外国人で、一攫千金を夢見て日本を訪れる。
使用武器は「活火山」。
さよ
DLC「あの人は今……」セットで登場するキャラクター。シリーズ第2作『侍道2』で登場したキャラクターの成長した姿。
街道にある、おにぎり屋の用心棒。大人になったさよ自体は『侍道2ポータブル』にも登場していたが、キャラクターデザインが異なる。
しかも、本作屈指の強さを持つ最強キャラとなっている。
使用武器は「夜葬」。

用語[編集]

阿弥浜
本編の舞台。黒船が停泊している港町で、日本と外国の文化が入り混じって存在している。
中心に大通りが位置し、そこから北に代官所、東に外国人と「宿無し」たちが暮らす外国人居留地、南には港やカジノがあり、西には長屋が連なる町人たちの居住区がある。また、町外れにある洞窟には水没した神社が眠っており、攘夷勢力のアジトとして利用されている。
阿弥浜は架空の地であり具体的な場所は明らかになっていないが、ゲーム中の情報から南関東かつ海沿いのどこかであることがわかる。また、前述した『喧嘩番長5』の舞台もまた「阿弥浜(横浜がモチーフ)」であるとされているが、二つの「阿弥浜」の具体的な関連性は不明である。
鳥葬会
阿弥浜含む南関東の賭場を仕切る極道。親分は百舌 葉澄(もず はずみ)。その下には「極道四人組」と呼ばれる幹部が存在し、阿弥浜の治安悪化の原因となっている。また、北関東の賭場を仕切る「菩薩会」とは敵対関係にある。
侍四天王
かつて阿弥浜の治安を守っていた四人の侍たちの通称。「熊」や「鮫」などの動物の名前を持ち、その実力と正義を愛する心から町人たちからの信頼も高かったとされているが「極道四人組」との戦いに敗れ、離散。その後の消息は不明となっている。
彼らがいなくなった後も「侍四天王」の存在は語り草となっており、彼らに憧れて(偽の)侍四天王を名乗る者たちも現れている。
人間豚(にんげんぶた)
度重なる拷問で鬼怒川三姉妹に屈服してしまった男たちの成れの果て。三姉妹の奴隷とも言うべき存在である。
元々は普通の人間だったが現在では精神に異常をきたしており、痛みを快楽に感じてしまうよう調教されてしまっている。ときには戦闘に参加することもあり、武器こそ使用しないものの外見からは想像できないほどの身のこなしで体術を繰り出す戦闘力も持ち合わせている。
「黒いマスクに半裸」という特徴的な風貌をしているが、サブストーリーで登場する詐欺師の美人姉妹に仕えている者もよく似た姿をしており「主人である女性に心酔している」などの共通点も確認できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊ファミ通』No.1206(1月26日号)、エンターブレイン2012年、11頁。
  2. ^ 侍道3ディレクターコメント
  3. ^ 発表当初は「3年後」とされていたが、後に現在の「数年後」という表記に改められている。
  4. ^ スパイク・侍道4公式サイトシステム「鍛冶屋」
  5. ^ 侍~オフィシャルサイト~(スタッフから見る)六骨峠登場人物紹介2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]