アクワイア (ゲーム会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社アクワイア
ACQUIRE Corp.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田一丁目16番9号
朝風2号館ビル3階
北緯35度41分50.0秒 東経139度46分20.9秒 / 北緯35.697222度 東経139.772472度 / 35.697222; 139.772472座標: 北緯35度41分50.0秒 東経139度46分20.9秒 / 北緯35.697222度 東経139.772472度 / 35.697222; 139.772472
設立 1994年12月6日
業種 情報・通信業
法人番号 9010001125621
事業内容 システム開発
家庭用ゲームソフトウェアの開発および販売
代表者 代表取締役 遠藤 琢磨
資本金 1億円
主要株主 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 50.1%
外部リンク http://www.acquire.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社アクワイア: ACQUIRE Corp.)は、秋葉原に本社を置く日本企業。主に家庭用ゲームの開発などを手掛ける。

概要[編集]

1994年、当時大学生で後に代表取締役となる遠藤が、山本健介ら高校時代の友人たちとともに企業の前身となるゲーム開発チーム「チームアクワイア」を設立[1]。大学卒業後、半年間フリーランスでの活動を続けた後、ソニー・コンピュータエンタテインメントの勧めで法人化し「有限会社アクワイア」として創業[2][3]。後に株式会社に組織変更して現在に至る。社名の「アクワイア」は電話帳などの索引で最初に載る「あ」や「A」から始まる言葉の中で強烈な意味を持つ「acquire(獲得する)」から取られた[2]

「独自性」と「奇抜さ」をキーワードにした、常識にとらわれないコンテンツの開発を方針としている[4][5]。主な事業は家庭用ゲームソフトや業務系システムの開発で、近年ではソーシャルゲームやスマートフォンアプリなどの開発も行っている[5]。また、自社で所有しているモーションキャプチャースタジオ「Studio Acquire」の運営事業も行っており、自社開発の3Dアクションゲームへの導入や、他社プロジェクトへの貸し出しなどにも利用されている[4][6]

1998年発売の初開発担当作品『立体忍者活劇 天誅』は国内で27万本、世界で100万本[2]を売り上げ、この『天誅』のヒットをきっかけに和風ゲームの開発を多く手がけていくこととなる[4]。その後、2007年に開発した『勇者のくせになまいきだ。』のヒットで和風ゲームメーカーからの脱却を果たし、2008年の『剣と魔法と学園モノ。』発売を機に自社販売を積極的に行うようになるなど業務の幅を広げている[2]。また、本社所在地が秋葉原駅付近であることから、秋葉原を舞台とする作品を多く扱っているのも特徴である[7]

沿革[編集]

  • 1994年12月6日 - 有限会社アクワイア創業。
  • 1998年12月6日 - 株式会社に組織変更。
  • 2006年8月 - アエリアの子会社となる[8]
  • 2007年7月 - 関連会社の株式会社ゼロディブを設立。
  • 2007年10月3日 - 子会社のエマージェントジャパンからゲーム制作ミドルウェアであるGamebryoの販売を開始。[9]
  • 2008年12月26日 - 株式会社 fonfun及びNVソフト株式会社のパッケージゲーム事業部門及びパッケージゲーム開発部門を譲り受けた[10]
  • 2011年10月19日 - ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社がアエリア保有のアクワイアの株式をすべて取得。ガンホー・オンライン・エンターテイメントの子会社となる[11]
  • 2014年12月6日 - 創立20周年。会社ロゴとスローガンを一新し、新たにマスコットキャラの「アクワイアちゃん」も作られた[2][5]

ゲームソフト[編集]

販売ソフト[編集]

自社開発ソフト[編集]

他社開発ソフト[編集]

  • 剣闘士シリーズ(開発:娯匠)
    • 剣闘士 グラディエータービギンズ
    • グラディエーターバーサス

開発ソフト一覧[編集]

海外版[編集]

  • TENCHU: Stealth Assassins
  • TENCHU2: Birth of the Stealth Assassins
  • Tenchu: Shadow Assassins
  • WAY OF THE SAMURAI
  • WAY OF THE SAMURAI 2
  • SAMURAI WESTERN
  • WAY OF THE SAMURAI 3
  • SHINOBIDO: Way of the Ninja
  • Shinobido : Tales of the Ninja
  • Holy Invasion of Privacy, Badman! What Did I Do to Deserve This?
  • What Did I Do to Deserve This, My Lord!? 2
  • No Heroes Allowed!
  • Dekavoice
  • Class of Heroes

開発協力[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Neval's CG - Kensuke Yamamoto - Archived 2015年1月17日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b c d e 創立20周年を迎えたアクワイアのこれまでとこれから――遠藤琢磨氏インタビュー全文掲載 - ファミ通.com”. ファミ通.com. 2017年10月29日閲覧。
  3. ^ インディーズゲームフェス2013>ゲストクリエイター遠藤琢磨(アクワイア)”. INDIE GAME FEST 2013. 2017年10月30日閲覧。
  4. ^ a b c 事業概要|会社情報|コーポレートサイト|株式会社アクワイア ACQUIRE Corp.”. 株式会社アクワイア. 2017年10月29日閲覧。
  5. ^ a b c ゲーム会社アクワイアが20周年-ロゴ・スローガン一新、公式キャラも”. アキバ経済新聞. 2017年11月1日閲覧。
  6. ^ モーションキャプチャースタジオ・StudioAcquire>実績紹介”. StudioAcquire. 2017年10月29日閲覧。
  7. ^ アクワイアの本格アクションRPG「AKIBA’S BEAT」(アキバズビート)は“妄想”がテーマ。その真意を最重要人物である高野康太氏に聞く”. 4Gamer. 2017年10月30日閲覧。
  8. ^ プレスリリース(平成18年8月28日分) - アエリア
  9. ^ アクワイア、エマージェントジャパンより、ゲーム制作ミドルウェア「Gamebryo」の国内販売を開始 (PDF)
  10. ^ 株式会社アクワイア、株式会社 fonfun の家庭用ゲーム事業の譲受けに関するお知らせ
  11. ^ ガンホー、アクワイアを子会社化。「尖った」コンテンツでソーシャルゲームなどを推進 - GAME Watch

関連項目[編集]

外部リンク[編集]