Supercell (ゲーム会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テンセント > Supercell
スーパーセル
Supercell
Supercell-logo.svg
種類 公開会社でない株式会社
本社所在地  フィンランド
ヘルシンキ
設立 2010年5月[1]
業種 情報・通信業
事業内容 コンピュータゲームの開発・販売
代表者 CEO イルッカ・パーナネン[1]
売上高 減少 €1.6 billion[2] (2018)
営業利益 減少 €635 million[2] (2018)
従業員数 315[2](2018年現在)
主要株主 中華人民共和国の旗 テンセント
外部リンク http://supercell.co.jp/
テンプレートを表示

Supercell(スーパーセル)は2010年5月にフィンランドヘルシンキで設立されたモバイルゲーム開発会社である[1]CEOはイルッカ・パーナネン[3]

概要[編集]

2010年にSupercellが設立された。同社は急速な成長を遂げたため、東京上海サンフランシスコソウルにオフィスを開設した。

初作品は「Gunshine.net」。2011年にモバイル端末向けゲームの開発を開始し、クラッシュ・オブ・クランヘイ・デイ英語版ブーム・ビーチ英語版クラッシュ・ロワイヤルブロスタをリリースしている。

沿革[編集]

創業[編集]

Supercellの創設者であるイルッカ・パーナネンとミッコ・コディソヤはスメアというモバイルゲーム会社で働いていた。コディソヤは1999年にスメアを共同設立しパーナネンは2000年に同社のCEOとして雇われた。2003年にスメアは120万ユーロの利益を上げたが翌年、アメリカのデジタル・チョコレートはスメアを買収し同社をフィンランドの本社に、パーナネンをヨーロッパのマネージャーにした。同社のクリエイティブディレクターであるコディソヤは2010年に直後にパーナネンも退職した[4]

パーナネンはライフラインベンチャーズに転職したがパーナネン自身は幹部がゲーム開発者の仕事を妨げないゲーム会社を作りたかった。仕事でお互いを知っていたパーナネン、コディソヤ、ペトリ・ストルマン、ラッシ・レッピネン、ビサ・フォルステンとニコ・デロメによって2010年にSupercellが設立された[5]

パーナネンとコディソヤは同社に25万ユーロを投資した。Supercellが開発し始めた最初のゲームは、ブラウザまたはモバイルプラットフォームを使用してFacebookでプレイできる大規模なマルチプレイヤーオンラインゲーム『Gunshine』である。ゲームのベータ版は8ヶ月で完成した[5]

戦略の変更[編集]

2011年11月、Supercellは3つの理由で『Gunshine』を終了した。理由はプレイヤーが十分に興味を持っていなかった、操作が難しすぎた、モバイルバージョンがブラウザバージョンと同じように機能しなかったためである。 このゲームには約50万人のプレイヤーがいた。SupercellはジンガのFacebookプラットフォームでのゲームにおける市場でのリーダーシップは克服できないと考え、iPadゲームに集中することを決定し、開発中のFacebookゲームを中止した。方向転換によるSupercellの投資家の懸念を和らげるために、パーナネンは進捗レポートの詳細を増やした[5]。さらに同年、ベンチャーキャピタルアクセル・パートナーズ英語版より1,200万ドルの出資をうけた[6]

同社は同時に5つのゲームを開発し、最初に公開テスト用にリリースされたのは、『Pets vs Orcs』である。その後リリースが中止された。2012年5月にヘイ・デイが公開され、最終的にSupercellの最初の国際的にリリースされたゲームになった[5]

フリーミアムゲームのクラッシュ・オブ・クランとヘイ・デイは2013年には1日で240万ドルの収益をあげた[7]。一方で「Battle Buddies」は高い評価を得ていたにもかかわらず、収益化がうまくいかず市場から取り下げられた[8]

所有権[編集]

2013年10月、ガンホー・オンライン・エンターテイメントとその親会社のソフトバンク(現・ソフトバンクグループ)が株式の51%を15.3億ドルで取得したと発表した[9][10]。しかし、2016年6月21日、ソフトバンクグループは子会社が持つすべてのスーパーセルの株式を、中国テンセントに約73億ドルで売却することで合意したと発表した[11][12]。株式譲渡日は、2016年7月29日。

特許権侵害問題[編集]

2018年1月23日に『クラッシュ・オブ・クラン』のレイアウトエディットを削除すると発表した。Supercellによるとグリー株式会社からアプリで実装されている機能に関して特許権侵害の仮処分命令申し立てが2017年5月18日、同月25日、7月13日、同月27日に提起され「現在係争中」としている[13]。Supercell側は「特許権侵害の事実はないと確信しております」とし解決するまでは機能を削除するとしている[14]。2016年9月にグリー側はSupercellに話し合いでの解決を提案したものの拒否され、やむなく一部の特許に対し使用差し止めの仮処分を東京地方裁判所に申し立て、損害賠償請求も順次提訴してきたとしている[15]。2019年2月12日、グリーがSupercellに両社間で和解が成立し、訴訟が終了したと発表した[16][17]

歴代作品[編集]

主なゲーム[編集]

作品名 リリース日
1 クラッシュ・オブ・クラン 2013年9月30日
2 ヘイ・デイ 2013年11月13日
3 ブーム・ビーチ 2014年6月18日
4 クラッシュ・ロワイヤル 2016年3月1日
5 ブロスタ 2018年12月12日

全ゲーム[編集]

タイトル 人気度 備考
Gunshine.net (later known as Zombies Online) 2011 No
Pets vs Orcs 2012 No
Battle Buddies 2012 No
Hay Day 2012 Yes
Clash of Clans 2012 and 2013 (android) Yes
Boom Beach 2014 Yes 2014年、iOSAndroid向けにブーム・ビーチをリリースした。
Spooky Pop 2014 No
Smash Land 2015 No
Clash Royale 2016 Yes 2016年3月、iOSAndroid向けにクラッシュ・ロワイヤルを全世界同時リリースした。
Brawl Stars 2018 Yes 2018年12月、iOSAndroid向けにブロスタをリリースした。
Rush Wars 2019 No 2019年8月26日にiOSAndroid向けにラッシュ・ウォーズをリリースした。しかし同年11月30日にサービスを終了した。
Hay Day Pop 2020 No

脚注[編集]

  1. ^ a b c Supercell” (英語). Crunch Base. 2014年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c Supercell revenues take a big dip in 2018 — to $1.6 billion and profits of $635 million
  3. ^ Karsten Strauss (2013年4月17日). “Is this the fastest growing game company ever” (英語). Forbes. 2014年9月23日閲覧。
  4. ^ Lappalainen, p. 167−168
  5. ^ a b c d Lappalainen, p. 169−171
  6. ^ Anna Bessonova (2011年5月25日). “Breaking: Supercell Raises $12M from Accel Partners” (英語). ArcticStartup Ltd.. 2014年9月23日閲覧。
  7. ^ Karsten Strauss (2013年4月18日). “The $2.4 Million-Per-Day Company: Supercell” (英語). Forbes. 2014年9月23日閲覧。
  8. ^ Kathleen De Vere (2012年3月7日). “A first look at Supercell’s tablet-only combat title Battle Buddies” (英語). Mediabistro Inc.. 2014年9月23日閲覧。
  9. ^ “ソフトバンクとガンホーによるスーパーセルの株式の取得について” (プレスリリース), ソフトバンク株式会社、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社, (2013年10月15日), http://www.softbank.jp/corp/news/press/sb/2013/20131015_02/ 2014年9月23日閲覧。 
  10. ^ “スーパーセル株式の取得完了に関するお知らせ” (プレスリリース), ソフトバンク株式会社、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社, (2013年11月1日), http://www.softbank.jp/corp/news/press/sb/2013/20131101_01/ 2014年9月23日閲覧。 
  11. ^ “子会社(スーパーセル)株式の資金化に関するお知らせ” (プレスリリース), ソフトバンクグループ株式会社, (2016年6月21日), http://www.softbank.jp/corp/set/data/news/press/sb/2016/20160621_01/pdf/20160621_01.pdf 2016年6月23日閲覧。 
  12. ^ “テンセントによるスーパーセル株式取得について” (プレスリリース), ソフトバンクグループ株式会社, (2016年6月21日), http://www.softbank.jp/corp/set/data/news/press/sb/2016/20160621_02/pdf/20160621_02.pdf 2016年6月23日閲覧。 
  13. ^ クラッシュ・オブ・クラン【公式】 [@ClashofClansJP] (23 January 2018). "【重要】機能削除のご連絡 機能を削除する経緯" (ツイート). Twitterより2020年6月18日閲覧
  14. ^ “「クラッシュ・オブ・クラン」,グリーとの係争に伴い,レイアウトエディタを削除へ”. 4Gamer.net. (2018年1月23日). https://www.4gamer.net/games/243/G024361/20180123083/ 2020年6月18日閲覧。 
  15. ^ “グリー,Supercellとの間に発生した特許侵害に関する声明を発表。2016年には話し合いでの解決も提案”. 4Gamer.net. (2018年1月24日). https://www.4gamer.net/games/243/G024361/20180124053/ 2020年6月18日閲覧。 
  16. ^ “グリーとSupercellの間で発生していた特許侵害訴訟および差止仮処分申立てで和解が成立”. 4Gamer.net. (2019年2月12日). https://www.4gamer.net/games/999/G999904/20190212050/ 2020年6月18日閲覧。 
  17. ^ “グリーとSupercellが和解 「クラッシュ・オブ・クラン」などの特許侵害めぐる訴訟で”. ITmediaNews. (2019年2月12日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/12/news112.html 2020年6月7日閲覧。 

外部リンク[編集]