ポケモン (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Pokemonのeにアクセント記号アキュート・アクセント」がついた(é)もの)が含まれています詳細
株式会社ポケモン
The Pokémon Company
The Pokémon Company International logo.svg
Entrance of The Pokémon Company in Tokyo.jpg
同社と関連会社の受付
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
100-6118
東京都港区六本木6丁目10-1
六本木ヒルズ森タワー18階
設立 1998年4月23日
業種 その他製品
事業内容 店舗運営事業
ゲームソフト事業
カードゲーム事業
映画アニメ事業
ライセンス管理事業
代表者 代表取締役社長 石原恒和
資本金 3億6540万円(2015年2月28日現在)
純利益 単体:6億1900万円(2016年2月期)
純資産 単体:101億5200万円
(2015年2月28日現在)
総資産 単体:123億5400万円
(2015年2月28日現在)
決算期 2月末日
主要株主 任天堂株式会社 32%
株式会社ゲームフリーク
株式会社クリーチャーズ
主要子会社 The Pokémon Company International
株式会社ポケモンコミュニケーションズ
株式会社ポケモンセンター
関係する人物 君島達己(元代表取締役)
外部リンク http://www.pokemon.co.jp/corporate/
テンプレートを表示

株式会社ポケモン: The Pokémon Company ザ ポケモン カンパニー)は、ポケットモンスタープロデュースおよび関連キャラクターグッズ販売をする会社。

概要[編集]

東京都港区六本木に本社を置く。コンピュータゲームソフトのほかに、アニメカードゲーム映画やキャラクターグッズの販売、ライセンスの管理、WEBサイト「ポケットモンスターオフィシャルサイト」「ポケモンだいすきクラブ」携帯サイト「ポケモンひろば(終了)」などの運営を行っている。但し、ゲームソフトの開発は行っていない[1]

東京都中央区日本橋にポケモンセンタートウキョーを開設する際に任天堂ゲームフリーククリーチャーズの3社の共同出資により1998年4月23日に設立された「ポケモンセンター株式会社」が前身。2000年に商号を株式会社ポケモンに変更し、ゲーム関連事業およびライセンス関連事業を開始する[2]

商号変更の背景には『ポケットモンスター 金・銀』の発売後、商品企画の提案が海外からも含めて増加したことで、当時は任天堂が行なっていたライセンス管理が追いつかず[3]、ポケモンに関する権利を集約する場が求められていたことにある[3][4]。また、その際には岩田聡が日本国内外を含めた関連各社の調整役に立った。

関連会社に、ポケモンのプロモーションを行う株式会社ポケモンコミュニケーションズ(Pokémon Communications Company)、ポケモンセンターの運営を行う株式会社ポケモンセンター(Pokémon Center Co., Ltd.)、アジア地域以外の事業を行うThe Pokémon Company International大韓民国での事業を行うPokémon Korea, Inc.がある[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 事業紹介 | 株式会社ポケモン
  2. ^ 沿革 | 株式会社ポケモン
  3. ^ a b 【岩田 聡氏 追悼企画】岩田さんは最後の最後まで“問題解決”に取り組んだエンジニアだった。「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」特別編 (その2)”. 4Gamer.netAetas) (2015年12月29日). 2016年1月14日閲覧。
  4. ^ 社長が訊く『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』/ 3. 社長にしておくにはもったいない”. 任天堂 (2009年9月4日). 2016年1月14日閲覧。
  5. ^ 会社概要 | 株式会社ポケモン

外部リンク[編集]