古川俊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古川 俊太郎
第6代任天堂代表取締役社長
前任者 君島達己
後任者 -
個人情報
生誕 (1972-01-10) 1972年1月10日(48歳)
東京都
出身校 早稲田大学政治経済学部


古川 俊太郎(ふるかわ しゅんたろう、1972年1月10日[1] - )は、日本実業家。第6代任天堂代表取締役社長[1]。父親はイラストレーター古川タク[2]

概要[編集]

東京都出身[1]東京都立国立高等学校を経て[2]1994年早稲田大学政治経済学部を卒業し任天堂に入社[3][1]

入社後は一貫して経理畑を歩み、ドイツの欧州統括会社に約10年間駐在すると、欧州での「Wii」のヒットで頭角を現した[2]2012年株式会社ポケモン社外取締役に就任[1]君島達己第5代社長らから次期社長の候補と目され[2]岩田聡第4代社長が死去した2015年7月からは経営企画室長に就任した[1]2016年には取締役に昇格し、経営企画室長に加えて、常務執行役員、経営統括本部管掌、グローバルマーケティング室担当となる[1][4]。商品の投入時期の策定などの販売計画作りにも携わった[3]

Nintendo Switch」のヒットにより2018年3月期決算が想定よりも好調だったことで、世代交代を自身の役目と捉えていた君島からの社長交代が前倒しされ、同年6月に代表取締役社長に就任[5]。岩田の死去後、トップ依存からの脱却を進めた君島のもとで整備された集団経営体制を[5]、ソフトウェア開発部門トップの高橋伸也取締役専務、ハードウェア部門トップの塩田興取締役とともに引き継いだ[6]

社長内定会見では「任天堂の良いところを引き継ぎつつも、時代の流れに合わせ、変えるべきところは柔軟に変えていく」、「今回の役員人事はここ数年、君島や宮本(茂)が進めてきた次世代の集団指導体制への移行であり、この人事により、現在任天堂が進めている経営戦略が変わることはない」と述べた[7]。またSwitchの普及台数拡大が最優先だとしつつ、事業全体に占めるSwitchの割合がかなり高い状況に対し、スマートデバイスビジネスなどを育てていく必要性や「任天堂 IPに触れる人口の拡大」という戦略の下で行っているテーマパークや映画のプロジェクトを実現させ、 ゲーム専用機ビジネスに対して良い効果をもたらせるようにしたいとも述べている[5][8]


人物[編集]

性格は淡々とした語り口ながら、場を和ませるタイプと評される[2]。 また、古川を社長として指名した君島達己前社長によると非常に芯が強く、理路整然としており「任天堂の考え方とはこういうものだ」ということを理解し、自分の言葉で相手に伝える事ができる人物である[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 代表取締役等の異動に関するお知らせ (pdf)”. 任天堂 (2018年4月26日). 2018年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e “任天堂次期社長 古川俊太郎氏(46)硬軟使い分ける経理マン”. 日本経済新聞. (2018年4月27日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO29908640W8A420C1TJ1000/ 2018年4月27日閲覧。 
  3. ^ a b “任天堂社長に古川氏、君島氏は相談役に”. 日本経済新聞. (2018年4月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29874760W8A420C1000000/ 2018年4月26日閲覧。 
  4. ^ 「任天堂 | 代表取締役等の異動に関するお知らせ」任天堂
  5. ^ a b c 「任天堂、「脱カリスマ」へ集団経営 社長に古川氏 」日本経済新聞2018/4/26 21:00
  6. ^ 「任天堂 」2018/4/27付日本経済新聞 朝刊
  7. ^ 「任天堂が社長交代を発表、スイッチ順調で若返りへ」ロイター通信2018年4月26日
  8. ^ a b 2018年3月期決算説明会 質疑応答 (pdf)”. 任天堂 (2018年4月28日). 2020年1月20日閲覧。
ビジネス
先代:
君島達己
任天堂社長
第6代:2018年 -
次代:
-