君島達己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

君島 達己(きみしま たつみ、1950年4月21日[1] - )は、日本実業家任天堂代表取締役社長

概要[編集]

一橋大学法学部を卒業後、株式会社三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行し、本店広報部やロサンゼルスサンフランシスコ中央アメリカカリブ海地域などで勤務したのち、ニューヨーク支店副支店長を務めた。その後、新橋支店長を経て、当時社長だった山内溥に、広報や海外業務の経験を買われてスカウトされる形で任天堂に入社[2][3]

株式会社ポケモン最高財務責任者やポケモンUSA社長を経て、2002年荒川實と入れ替わる形で任天堂米国法人 (Nintendo of America Inc.)社長に就任し、同法人に10年以上勤めた。2006年にレジナルド・フィサメィが米国法人社長の体制となってからは同法人最高経営責任者議長。米国でのニンテンドーDSなどの普及に貢献した[2]。この間も任天堂本社取締役を兼務していたが、2013年にアメリカ支社に取締役として残りつつも、任天堂本社の常務取締役ならびに経営統括本部長兼総務本部長に就く。2014年から人事本部担当兼務。同社の経営方針を岩田聡、ゲームソフトを宮本茂、ゲームハードを竹田玄洋が担っていたのに対し、経営統括を担当し、4人の合議により集団指導体制下の任天堂の経営を担った[4]。岩田の死去後、2015年9月16日付けで任天堂の第5代代表取締役社長に就任。

社長就任内定の記者会見では、ディー・エヌ・エーとの連携によるソーシャルゲーム開発や次世代家庭用ゲーム機「NX」(当時のNintendo Switchのコードネーム)の発売など、岩田前社長の路線の継続を表明したほか、新たなビジネスの展開も行っていくことを明らかにした。経営管理畑出身ながら、ゲーム事業は数字のみで評価して経営するべきではないとの考えを持っているとされる。また自身を含めた3人の代表取締役全員が高齢であることから、権限委譲などにより後継者育成を急ぐとともに、次期後継社長については、外部からの登用も検討しているとした[5]

派手さはなく、穏やかな性格で、気さくな人物とされる[誰によって?]。高校、大学ではバレーボール部に所属し、趣味はゴルフテニスをたしなむ他、二人の娘がいる[6]。休日は孫と一緒にWii Sportsで遊ぶのが楽しみという[2]。ただし、ゲームの腕前はあまり上手くはなく、孫に勝つことはないと述べている[7]

関わった作品[編集]

いずれも北米版のみクレジット[8]。任天堂社長となる以前のタイトルを記載。

出典[編集]

  1. ^ 代表取締役の異動および役員の委嘱・管掌・担当変更に関するお知らせ (pdf)”. 2015年9月14日閲覧。
  2. ^ a b c 【登板】「岩田氏の遺志を引き継ぐ」堅実さ光る銀行出身者 任天堂新社長 君島達己氏 - 産経ニュース” (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  3. ^ 「任天堂社長に君島常務 「カリスマの次」は銀行出身 宮本氏ら専務2人と トロイカ体制へ」日本経済新聞2015年9月15日第3面
  4. ^ 任天堂、難局攻略へ痛手 岩田社長急逝で司令塔失う 」日本経済新聞2015/7/14 1:13
  5. ^ 「任天堂 「キャラクターを積極的に活用」 君島新社長一問一答」日本経済新聞2015年9月15日第15面
  6. ^ N-Sider.com: Tatsumi Kimishima:”. 2015年9月14日閲覧。
  7. ^ 「任天堂社長に君島常務 「カリスマの次」は銀行出身 宮本氏ら専務2人と トロイカ体制へ 」日本経済新聞2015年9月15日第3面
  8. ^ Tatsumi Kimishima Video Game Credits and Biography - MobyGames:”. 2015年9月14日閲覧。
ビジネス
先代:
岩田聡
任天堂社長
第5代:2015年 -
次代:
(現職)