ゲームボーイライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲームボーイライト
Gameboy-logo-light-logo.svg
Game-Boy-Light-FL.jpg
ゲームボーイライト
メーカー 任天堂
種別 携帯型ゲーム機
世代 第4世代
発売日 日本の旗 1998年4月14日
CPU LR35902(4MHz)
対応メディア ロムカセット
対応ストレージ バッテリーバックアップ
コントローラ入力 内蔵
外部接続 通信ポート
互換ハードウェア ゲームボーイ
ゲームボーイポケット
ゲームボーイカラー
前世代ハードウェア ゲームボーイ
次世代ハードウェア ゲームボーイアドバンス
テンプレートを表示

ゲームボーイライト (GAMEBOY LIGHT) とは、1998年4月14日任天堂が発売した携帯型ゲーム機。日本国内における同社最後のモノクロの携帯型ゲーム機である[1]

概要[編集]

希望小売価格は6,800円。ゲームボーイポケットと同じサイズで、画面にバックライトを搭載している[2]2007年10月31日に公式修理サポートが終了した。

基本仕様[編集]

  • CPU:LR35902 (4MHz)
  • RAM:8kバイト
  • VRAM:8Kバイト
  • ROM:256kビット~32Mビット
  • 画面:4階調モノクロ、160×144ドット
  • スプライト:8×8(最少)1画面中 最大40個表示 / 1水平ライン上に 最大10個表示
  • BG:1面/256×256制御(32x32タイル)
  • ウィンドウ機能(スクロール制限あり)
  • サウンド:パルス波(矩形波)2ch+波形メモリ音源1ch+ノイズ1ch
ステレオ出力可。イヤホン使用時のみステレオ音声。イヤホン未使用時は本体に登載のスピーカーが1つの関係で各チャンネルの音声は合成されてモノラル出力となる。
  • 電源:単3形乾電池2本、もしくはバッテリーパック・ACアダプタが使用可能

単三電池を使用しているため、ポケットに比べて電池もちが長い。また、わずかにサイズが大きい。画面は非常に見やすく、ライトボーイを使用する必要がない。緑色の鮮やかなバックライト(有機EL)を搭載し、ボディカラーは金と銀。ただ、発売直後にゲームボーイカラーが発表されたので販売台数は少ない。海外では発売されていない[2][1]

  • 通信ポート:シリアル通信ポートを搭載

カラーバリエーション[編集]

  • 金(1998年4月14日 - )
  • 銀(1998年4月14日 - )
  • ASTRO BOY(アトム)スペシャル - 手塚治虫ワールドショップ限定販売。透明の本体にアトムのイラストがある。
  • ピカチュウイエロー - ポケモン映画化記念に作られた限定品。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 海外ではゲームボーイポケットが最後である。
  2. ^ a b M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、6ページから7ページ

外部リンク[編集]