ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニンテンドーDS > ニンテンドーWi-Fiコネクション > ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ
Wii > ニンテンドーWi-Fiコネクション > ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ
ニンテンドー3DS > ニンテンドーネットワーク > ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ
ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ

ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ(ニンテンドー・ワイファイ・ユーエスビー・コネクタ、Nintendo Wi-Fi USB Connector)は、2005年11月23日任天堂より発売されたニンテンドーDSおよびWiiニンテンドー3DS周辺機器。価格は3,333円(税別)。型番は「NTR-010」。製造元はバッファロー社。現在は生産が終了している。

概要[編集]

ブロードバンドインターネット接続環境はあるが無線LAN環境が家庭内にない場合などにパーソナルコンピュータ(以下パソコン)をニンテンドーWi-Fiコネクション (DS, Wii)、ニンテンドーネットワーク (3DS) 用無線LANアクセスポイント代わりにするための機器。

一部のオンラインショッピングサイトの他、大手量販店などの店頭で販売されている。かつては任天堂公式サイトでも販売されていた。

本体付属品は、USB延長ケーブル (50cm) とドライバインストールCD-ROM。なお、公式サイトにて最新のドライバが無料配布されている[1]

2008年9月18日に「ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ」が発売された後も「ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ」は引き続き販売されていたが、2009年11月に生産が終了した。

また、DSシリーズやWiiとの接続・認証・暗号化には任天堂が持つ特許が使われている模様[2]

なお、生産終了後に発売されたニンテンドー3DSは対応している(ただし説明書には明記されていない)が、Newニンテンドー3DSWii Uには対応していない。

使用方法[編集]

パソコンのUSB端子に挿入し、専用のアプリケーションを起動することで、煩雑な設定なしにDSやWiiを接続できる。対応OSはWindows XP(サポートは2014年4月9日まで)とWindows Vista。後者への対応は、2007年10月3日のバージョン1.06(Version 1.0.6.14)から。DSやWiiとの通信は独自プロトコルで通信される(無線セキュリティにはWEPが利用されている)。

パソコンを経由して接続するがゆえに環境依存の通信トラブルが発生しやすく、パソコン側にウイルス対策ソフトファイアウォールルーターのポート開放の設定が別途必要となる。 ルーターの設定情報などを事前に確認することが多くネットワーク知識がない人がトラブルに遭遇した場合の対処が難しかった。

なお、通信時はUSBコネクタを挿してパソコンの電源を入れておく必要がある特性上、WiiのオンラインサービスであるWiiConnect24や3DSのオンラインサービスであるいつの間に通信での使用にはあまり向いていない。

ゲーム機専用 無線LAN USBソフトウェアアクセスポイント[編集]

ゲーム機専用 無線LAN USBソフトウェアアクセスポイントとは、ニンテンドーWi-Fi USBコネクタの製造元であるバッファローより発売された無線LANアクセスポイントの一種である。型名はWLR-U2-KG54。

無線LAN用のルーターがなくとも、インターネットに接続しているWindows XPOSを使用するパソコンUSB端子に本製品を挿すことで、ゲーム機用の無線LANアクセスポイントとして使用可能となる。

ニンテンドーWi-Fi USBコネクタは任天堂のゲーム機との通信のみをサポートしているのに対し、こちらは汎用の無線LAN規格(IEEE 802.11g/b)を採用しているので任天堂以外のゲーム機との通信も可能。バッファローの無線LAN接続設定システムAOSSにも対応しているため、ワンタッチで接続設定が可能である。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]