振動パック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NINTENDO64 > 振動パック
振動パック
NUS-013.JPG
N64-Rumble-Pak.jpg
上:振動パック
下:振動パックを装着したコントローラ
メーカー 任天堂
種別 ゲーム機用周辺機器
世代 第5世代
発売日 日本の旗 1997年4月27日
テンプレートを表示

振動パック(しんどうパック)は、1997年4月27日任天堂から発売されたNINTENDO64周辺機器である。型番はNUS-013

概要[編集]

コントローラの裏に付いているコネクタに接続して使用する。バイブレータが内蔵されており、対応ソフトにおいて、ゲーム中にプレイしているキャラクターが衝撃を受けたりすると、コントローラと一緒に振動する仕組みになっている(例えばレースゲームでのクラッシュなど。他にも、ホラーゲームで恐怖感を増すために使われる場合もある)。前述のとおりソフト側が対応している必要があり、非対応ソフトではコントローラに装着しても作動しない。

電源は本体からは供給されず、単四アルカリ乾電池を2本使用する。使われているのは携帯電話用ではなく、CDドライブ用のモーターである。

ソフトとしては『スターフォックス64』が初めて対応し、同ソフトとの同梱版が販売されていたことがある。また振動パックより前に発売されたが、後に振動パックに対応できるよう修正を加え改めて販売したソフトも存在する(『スーパーマリオ64』と『ウエーブレース64』)。

コントローラ(ゲームパッド)を振動させるという仕掛けは、これ以降ドリームキャストセガ)の周辺機器「ぷるぷるぱっく」、プレイステーションソニー・コンピュータエンタテインメント)の「デュアルショック」と、多くのゲーム機に採用された。

後に発売された機種ではコントローラそのものにバイブレータが内蔵されていることが多く、バイブレータを追加するものはNINTENDO64(振動パック)、ドリームキャスト(ぷるぷるぱっく)、ニンテンドーDS(DS振動カートリッジ)と数が少ない。

CM・PVでの宣伝例[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]