64GBパック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
64GBパック
N64-transfer pak.jpg
64GBパック
メーカー 任天堂
種別 ゲーム機周辺機器
発売日 日本の旗 1998年8月1日
対応メディア ロムカセット
対応ストレージ バッテリーバックアップ
テンプレートを表示

64GBパック(ロクヨンジービー - )は、NINTENDO64周辺機器である。1998年8月1日ポケモンスタジアムに同梱される形で発売され、後に単品でも発売された。単品での定価は1,400円(税別)。

概要[編集]

コントローラのコネクタを通して、ゲームボーイロムカセットを接続するために用いる。NINTENDO64のソフトと相互にデータを連動させたプレイを楽しむことができる。

プレイステーションポケットステーションドリームキャストのビジュアルメモリのように、据置機と携帯機を連動させる発想の先駆けと言える。

使用できるのは対応ソフトのみであり、例えばスーパーファミコンにおけるスーパーゲームボーイのように、ゲームボーイソフトをテレビでプレイするための周辺機器としては使用できない。

連動の内容としては、GBソフト側で育てたキャラクターを64ソフト側に移動させ対戦などで使用する、というものが多い(ポケモンスタジアム、マリオゴルフ、マリオテニスなど)。

問題点[編集]

コントローラとパックの端子、パックとロムカセットの端子の2点で接触しているので、少しの衝撃で接触不良が発生しゲームが中断してしまう事が多い。まして接続箇所であるコントローラは常に手で持ち、ゲームによっては激しく動かしてしまうものである。データ通信の最中にこのような接触不良が起こると、データが消失してしまう危険性も高い。

対処法として、操作するコントローラとパックを接続するコントローラを別にするという手があるが、余分なコントローラが必要となってしまい、特に多人数プレイは困難となる。さらに、ゲームやモードによっては操作と接続を同じコントローラで行う必要があり、この対処法は使えない。端子部を清潔に保ち、乱暴なプレイを行わないという基本的な心がけが最も重要だと言える。

64GBパックの後続[編集]

64GBパック以降、任天堂の据置ゲームと携帯ゲームは直接的に連動するようになった。

ニンテンドーゲームキューブゲームボーイアドバンスを接続するGBAケーブルは、ロムカセット自体ではなくゲームボーイアドバンス本体の通信端子へ接続する。ゲームボーイアドバンス自体をコントローラとして使用することもできるので、上に挙げたような問題点を解決したと言えるだろう。

WiiニンテンドーDSにおいては、周辺機器を使用せずとも両者でワイヤレス通信が可能である。

対応ソフト[編集]

NINTENDO64ソフト - ゲームボーイソフトの順に記載する。

外部リンク[編集]