手塚卓志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
てづか たかし
手塚 卓志
Takashi Tezuka E3 2012 Nintendo Press Conference (cropped)-2.jpg
2012年に開催されたE3にて
生誕 (1960-11-17) 1960年11月17日(56歳)
大阪府
出身校 大阪芸術大学
職業 ゲームクリエイター
任天堂企画制作本部企画制作部統括

手塚 卓志(てづか たかし、Takashi Tezuka1960年11月17日 - )は、日本ゲームクリエイター任天堂情報開発本部制作部 部長[1]および同統括[2]を経て、同社企画制作本部企画制作部 統括[3]。愛称は、TENTEN(てんてん)。

来歴[編集]

1979年大阪府立茨田高等学校の2期生として卒業。1984年大阪芸術大学芸術学部デザイン学科を卒業後、任天堂へ入社する。なお、任天堂で『マリオ』シリーズや『ゼルダの伝説』シリーズなどの曲を手掛ける近藤浩治とは同じ大学の同期生。

家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ」(ファミコン)の黎明期からゲーム制作に携わり、1985年発売の『スーパーマリオブラザーズ』を共に制作した任天堂の宮本茂株式会社SRD中郷俊彦とは、以降長年にわたり共同開発を行っている[4]

代表作は『マリオシリーズ』、『ゼルダの伝説シリーズ』、『どうぶつの森シリーズ』など。

作品[編集]

ディレクション・ゲームデザイン[編集]

プロデュース[編集]

監修[編集]

エピソード[編集]

ファミコン専門誌『ファミリーコンピュータMagazine』(徳間書店インターメディア)で、宮本茂とともに「ゼルダの伝説Q&A」というコーナーを担当し、『ゼルダの伝説』に関する読者からの質問に回答していた。この中では宮本と手塚が「MIYAHON」「TENTEN」と名乗っていたが、これは『ゼルダの伝説』のスタッフロールで表示される名前に由来する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』 その2 (1/10)”. 任天堂 (2009年11月13日). 2016年8月27日閲覧。
  2. ^ 社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ 2』 1. 「マリオ塾」”. 任天堂 (2012年7月24日). 2012年8月8日閲覧。
  3. ^ 無口なヒーロー「マリオ」発売30年、引き継がれる任天堂DNA”. Bloomberg (2015年12月21日). 2016年8月27日閲覧。
  4. ^ 社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』 その2 (3/10)”. 任天堂 (2016年10月28日). 2016年10月29日閲覧。
  5. ^ 社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』 その2 (2/10)”. 任天堂 (2016年10月28日). 2016年10月29日閲覧。
  6. ^ a b c 「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」発売記念インタビュー 第3回「スーパーマリオブラザーズ篇」”. 任天堂 (2016年10月28日). 2016年10月29日閲覧。