紺野秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

紺野 秀樹(こんの ひでき、Hideki Konno1965年5月13日 - )は、千葉県出身のゲームクリエイター任天堂情報開発本部制作部第1グループマネージャー。スーパーマリオシリーズ及びマリオカートシリーズの製作者の一人であり、杉山直とともにマリオカートシリーズの生みの親としても知られる。

経歴[編集]

ゲームクリエイターを夢見て、日本電子専門学校情報処理科を卒業した後、1986年任天堂に入社。初期は当時の製造本部情報開発部に配属され、最初に『夢工場ドキドキパニック』(後に登場キャラクターをマリオシリーズのキャラクターに差し替え海外で発売された『Super Mario Bros. 2』及び日本でも逆輸入として発売された『スーパーマリオUSA』)でアシスタントディレクターとして主要なデザインを手がけた[1]。それ以降、宮本茂の下でスーパーマリオシリーズなどで監督業を担う中、マリオシリーズのキャラクターがカートでレースを繰り広げる『スーパーマリオカート』を開発し、大ヒットを収めた。マリオカートシリーズでは、『マリオカート ダブルダッシュ!!』を除き全作品に関わっている[2]

2003年には、任天堂情報開発本部制作部第1グループのマネージャーに任命され、『nintendogs』や『マリオカートDS』で初のプロデュースを担当した[3]。ハードウェアでは、ニンテンドー3DSの総合プロデューサーを担当した[4]2015年時点において、スマートフォン向けゲームアプリの開発責任者に就任している[5]

作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 社長が訊く「スーパーマリオ25周年」 『スーパーマリオ』シリーズ開発経験者 篇 その1
  2. ^ 社長が訊く『マリオカートWii』
  3. ^ 『マリオカートDS』開発スタッフインタビュー
  4. ^ 社長が訊く『ニンテンドー3DS』 本体コンセプト 篇
  5. ^ 任天堂、『マリオカート』シリーズプロデューサーをスマホ開発責任者に抜擢―産経報道”. t011.org (2015年5月8日). 2017年2月8日閲覧。
    【任天堂4年ぶり黒字】スマホ向けゲームにかける「任天堂の本気度」 収益の柱に育てられるか”. 産経WEST (2015年5月7日). 2017年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]

紺野秀樹 on Miiverse