アイスホッケー (任天堂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイスホッケー
ジャンル スポーツゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
ディスクシステム
開発元 任天堂情報開発本部
任天堂開発第二部
発売元 任天堂
プロデューサー 宮本茂
上村雅之
ディレクター 紺野秀樹
音楽 岡素世
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 日本 ディスクカード片面
アメリカ合衆国 320キロビットロムカセット
発売日 日本 198801211988年1月21日
アメリカ合衆国 1988031988年3月
PAL 198804151988年4月15日
対象年齢 CERO: A(全年齢対象)
売上本数 日本の旗販売:25万本[1]
書き換え:53万回[1]
その他 型式:日本 FMC-ICE
テンプレートを表示

アイスホッケー』 (ICE HOCKEY) は、1988年1月21日任天堂から発売された、ファミリーコンピュータ ディスクシステム(ディスクシステム)用ゲームソフトである。2006年12月2日にはWiiバーチャルコンソールで、2013年12月11日にはWii Uのバーチャルコンソールで配信されている。

概要[編集]

タイトル通り、アイスホッケーを題材としたゲーム。プレイヤーは3つのユニットを4人選んでチームを組み、戦う。3つのユニットにはそれぞれ個性があり、「やせている」「普通の体格」「太っている」の3つである。それぞれ能力が異なり、チームバランスを考えて編成する必要がある。

1人用プレイと2人用プレイがあり、1人用プレイの場合はコンピュータを相手に戦う。

世界各国のチームを選んで使用するゲームであり、参加国は日本アメリカ合衆国ポーランドカナダソビエト連邦チェコスロバキアの6ヶ国である。国によって能力に差異は無い。

他機種版[編集]

No. 発売日 対応機種 タイトル 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 日本 200612022006年12月2日
アメリカ合衆国 200612122006年12月12日
PAL 200612292006年12月29日
Wii
バーチャルコンソール
アイスホッケー 任天堂情報開発本部
任天堂開発第二部
任天堂 ダウンロード - - -
2 日本 201312112013年12月11日
INT 201402202014年2月20日
Wii U
(バーチャルコンソール)
アイスホッケー 任天堂情報開発本部
任天堂開発第二部
任天堂 ダウンロード - - -

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 27/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine 16.90/25点[3]
ユーゲー 肯定的[4]
受賞
媒体 受賞
Nintendo Power Nintendo Power's Top 200 Games 142位[5]
IGN IGN's top 100 list 100位
  • ゲーム誌『ファミコン通信』のクロスレビューでは合計27点(満40点)となっている[2]
  • ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、16.90点(満25点)となっている[3]。また、同雑誌1991年5月24日号特別付録の「ファミコンディスクカード オールカタログ」では、「選手の個性と乱闘という新システムが加えられた。やはり遊べるうまいバランスのゲームだ」と紹介されている[3]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.50 3.10 3.40 3.60 - 3.30 16.90
  • ゲーム誌『ユーゲー』では、「パックの取り合いや選手の移動速度にはボタン連打、シュートはタメ打ちで威力を調整と、シンプルな操作でスピーディーな展開が楽しめる」、「テンポ良く試合が進行するので、友達との対戦は必要以上に盛り上がる」、「本作は任天堂スポーツゲーム、いや、FCスポーツ作品の中で一番白熱できる作品だ。本物のスポーツさながらの興奮した戦いを堪能できる」と評している[4]

関連作品[編集]

攻略本
アイスホッケー 必勝攻略法(ファミリーコンピュータ完璧攻略シリーズ43)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「ディスクライター 書き換えゲーム全カタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第5巻第12号、徳間書店1989年7月7日、 70頁。
  2. ^ a b アイスホッケー まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年12月11日閲覧。
  3. ^ a b c 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店1991年5月24日、 84頁。
  4. ^ a b 「総力特集 フォーエバー DISK SYSTEM」、『ユーゲー 2003 Vol.09』第7巻第18号、キルタイムコミュニケーション2003年10月1日、 13頁、 ISBN 雑誌17630-10
  5. ^ “NP Top 200”, Nintendo Power 200: 58–66, (February 2006) .

外部リンク[編集]