キルタイムコミュニケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社キルタイムコミュニケーション
KILL TIME COMMUNICATION
種類 株式会社
略称 KTC
本社所在地 日本の旗 日本
104-0041
東京都中央区新富1-3-7 ヨドコウビル[1]
設立 1995年11月30日[1]
業種 情報・通信業
法人番号 1010001041702
事業内容 雑誌、書籍、単行本などの企画、編集、執筆、出版、販売[1]
代表者 代表取締役社長 武内静夫[1]
資本金 1,000万円[1]
従業員数 25名
外部リンク http://www.ktcom.jp/
テンプレートを表示

株式会社キルタイムコミュニケーション(KILL TIME COMMUNICATION、略称KTC)は、東京都中央区に本社を置く出版社

概要[編集]

キルタイムコミュニケーションは、広告代理店である株式会社マイクロハウス編集プロダクション部門として1995年11月30日設立された。当初はグループ会社である出版社・マイクロマガジン社(当時はマイクロデザイン)の編集制作を請け負っていたが、後に自らも出版社として雑誌や書籍など様々な刊行物を発行することになる。また、出版だけではなくゲームソフトの企画及び開発も手がけている。

キルタイムコミュニケーションの出版部門は、自作パソコンユーザー向けの『PC-DIY』(1997年 - 2004年)や、中古ゲームソフトの専門誌『ユーズド・ゲームズ』(1997年 - 2002年)および『ナイズゲームズ』(1998年 - 2002年)、2誌を統合した『ユーゲー』(2002年 - 2006年)などの雑誌を主に発行。その他、初期の2ちゃんねるのログを集めた『2ちゃんねるの本』に代表されるWebサイトの内容を収録した「ホームページブックス」や、通信販売で買える商品を片っ端からテストするといった書籍などのシリーズを出版していた。 その後、ゲームやコンピュータの出版物はマイクロマガジン社へ版元が移行した。

なお、キルタイムコミュニケーションの公式サイトでは関連会社として「株式会社マイクロハウス」および「マイクロマガジン社」が明記されているが[1]、マイクロマガジン社の公式サイトでは関連会社として「株式会社マイクロハウス」のみ記載でキルタイムコミュニケーションの記載はない[2]。 また、マイクロハウスおよびマイクログループのサイトでも、関連会社として紹介されていない[3][4]

手がける出版物が、ゲーム・パソコン・その他一般の出版物からアダルト中心へと移っていった理由として、マイクロマガジン社によるロバート・キヨサキの考案の教育ボードゲーム『キャッシュフロー101』日本語版の版権取得が考えられる。つまり、キャッシュフローゲームを取り扱えなくなるリスクを減らすために、キルタイムをマイクログループのアダルト部門とした上で、関係をなるべく表に出さないようにしたというものである。

キルタイムコミュニケーションで一番売れた本(2016年時点)は「ポケットモンスターを遊びつくす本 (赤)」である[5]

刊行物[編集]

雑誌[編集]

小説[編集]

  • 二次元ドリームノベルズ
    • 二次元ドリーム文庫
    • 二次元ぷち文庫 - 電子書籍限定。
    • リアルドリーム文庫
  • ビギニングノベルズ - 男性向けサイト「ノクターンノベルズ」掲載作品を書籍化。
  • レベルアップノベルズ - ゲームノベライズ専門レーベル。同社の小説レーベルでは異例の全年齢向け。
  • ショコラシュクレノベルズ - 女性向けノベルレーベル。乙女向けサイト「ムーンライトノベルズ」掲載作品を書籍化。

漫画[編集]

  • 二次元ドリームコミックス - 成年漫画のレーベル。「二次元コミックマガジン」などのアンソロジーコミックや作家単行本を刊行。
    • 敗北乙女エクスタシー - 成年コミックアンソロジー。正義のヒロイン姦獄ファイルよりリニューアル。紙書籍版は敗北乙女エクスタシーSP
    • 二次元コミックマガジン - 成年コミックアンソロジー。
  • アンリアルコミックス - 成年漫画のレーベル。
    • 別冊コミックアンリアル- 成年コミックアンソロジー。
  • ヴァルキリーコミックス - 漫画レーベル。「コミックヴァルキリー」掲載作品を単行本化。
  • スプレッドコミックス - カラーコミックスのレーベル。
  • ヤングアンリアルコミックス - 青年漫画のレーベル。「アンリアル」よりコメディ性を前面に打ち出している作品が多い。
    • ヤングアンリアルJINGAI - 非現実系電子コミック誌。
  • スリーズロゼコミックス - ボーイズラブ漫画のレーベル。
  • ショコラシュクレコミックス - 女性向けコミックレーベル。一部電子専売あり。

過去の刊行物[編集]

雑誌[編集]

小説レーベル[編集]

漫画レーベル[編集]

  • KTCアンソロジーコミックス - 二次創作物のアンソロジー。
  • デルタコミックス - 成年漫画のレーベル。マイクロマガジン社から移管。
  • KTコミックス - 韓国の漫画作品「ウィッチハンター」日本語版のみ刊行。
  • KTCワイドコミックス - 4コマ漫画レーベル。

アンソロジーシリーズ[編集]

ゲーム事業[編集]

ミルフィーユ[編集]

キルタイムコミュニケーションの美少女ゲームブランド[5]

  • 魔法少女沙枝シリーズ
  • 魔が堕ちる夜 デーモニックプリンセス
  • 精霊騎士アクエアル 隷属の花嫁
  • 聖天使ユミエル シャドークルセイド
  • 目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた
  • 極煌戦姫ミストルティア ベルトスクロールアクション
  • 粘獄のリーゼ
  • 変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン

電子書籍サイト[編集]

  • キルタイムデジタルブレイク - キルタイムコミュニケーション直営の電子書籍販売サイト[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f KTC - KILL TIME COMMUNICATION 会社概要
  2. ^ マイクロマガジン社 - 会社概要
  3. ^ MICRO HOUSE - 会社情報
  4. ^ MicroGroupの公式サイトへようこそ
  5. ^ a b c 「「キルタイムコミュニケーションってどんな会社?」 代表的なレーベルを紹介!”. アキバBlog (2016年7月25日). 2017年5月15日閲覧。
  6. ^ 「PC-DIY」、キルタイムコミュニケーション、1997年全国書誌番号:00108914
  7. ^ 「リズ」、キルタイムコミュニケーション、1997年全国書誌番号:00108323
  8. ^ 「ネットワーククリッピング」、マイクロウエーブ、1998年全国書誌番号:00109474
  9. ^ 「ユーゲー」、マイクロマガジン社、2002年全国書誌番号:01008717
  10. ^ 「コミックヴァルキリー」、キルタイムコミュニケーション、2006年全国書誌番号:01014857
  11. ^ 「コミックプリズム」、キルタイムコミュニケーション、2010年全国書誌番号:01027236

外部リンク[編集]