コミックヴァルキリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コミックヴァルキリー』は、キルタイムコミュニケーションが配信するWEB漫画雑誌。メインコンセプトは「闘うヒロインオンリー漫画雑誌」。2012年11月まではB5版平綴じの漫画雑誌だった。

概要[編集]

2006年7月二次元ドリームマガジン増刊として創刊され、Vol.3より独立創刊した。当時のキャッチコピーは「18禁ではないからこそ表現出来るドキドキがある!」。

元々成人向け雑誌・書籍を多く発行してきたキルタイムコミュニケーションが出版する全年齢対象の雑誌でもある。そのためか、書店などで本誌や単行本(ヴァルキリーコミックス)が成年向けコーナーに同社の雑誌・書籍と並べて置かれていることも散見された。

雑誌のコンセプトは上記したとおり「闘うヒロインオンリー漫画雑誌」でビキニアーマーの比率も高い。また「エロピンチオンリーマガジン」という裏コンセプトを持ち、少年漫画青年漫画などで散見されるパンチラヒロインの衣服が破れるなどといったソフトエッチシーンをメインに置く漫画を集めた雑誌である。ネット上では「リョナ」というスラングで呼ばれる、ヒロインが殴られるなどして傷つけられる姿に萌えを見出す性的嗜好[1]も部分的に取り入れられており[2]、これらによって同社の他成年誌との差別化が図られている。

「闘うヒロインが活躍するお話で、ピンチシーンが入っているもの」というコンセプトに基づいた作品をプロアマチュアを問わず募集し作品持ち込みも受けている。

作品によっては、1冊につき複数話掲載する異例の事象が度々見られる。読み切り作品が後に連載化されることも珍しくない。

2011年、主力作品である『フリージング』がテレビアニメ化された。本誌連載作品がアニメ化されたのはこれが初である。

2012年2月よりニコニコ静画で無料コミック配信を開始[3]

2012年11月号の全40号を以って紙媒体での発行を終了、2012年11月27日より公式サイトおよびニコニコ静画ほかでの無料WEB配信に完全移行[4]

WEB配信になるまでは、Vol.1、2が奇数月25日発売、Vol.3からVol.30までが奇数月27日発売、Vol.31からVol.34までが毎月27日発売、Vol.35からVol.40までは再び奇数月27日に発売されていた。定価650円[5]

掲載作品[編集]

2016年3月現在。

連載中[編集]

休載中[編集]

連載終了[編集]

読み切り[編集]

Vol.1
Vol.2
  • ローズ×マリー(浦瀬しおじ)
  • トクタイ(かぢばあたる)
  • 流動体装甲AN-GELs(みともあきら
Vol.3
  • 学園戦国伝 SASUKE忍風(サイクロン)!(杉村麦太[15]
  • Machine Doll(かぢばあたる)
Vol.4
  • ローズ×マリー 妖血の囁き(前編)(浦瀬しおじ)
  • 紅子の拳(岡田敦志
  • DEATH BRINGER(天道まさえ
Vol.5
  • ローズ×マリー 妖血の囁き(後編)(浦瀬しおじ)
  • 公忍会計士 四条京子(RAYMON
  • ANGEL FIRE(小宮利公)
Vol.6
  • トクタイ 〜炎龍姫参上〜(かぢばあたる)
  • BLOOD CROSS(天道まさえ)
  • 戦うなぎさっ![10]松波留美
  • Princess Master(小宮利公)
Vol.7
  • 神薙霊異記(浦瀬しおじ)
  • BLOOD CROSS the EBE Stalkers(天道まさえ)
  • 真田忍法帖 伊賀雪月花(小宮利公)
  • CROSS ANGELUS(前編)(緑木邑)
  • 超級少女英雄拳サキ(深尾てる
  • 戦うなぎさっ! 2匹目(松波留美)
Vol.8
  • エヴォルキュアカリュード(海瀬壮祐)
  • CROSS ANGELUS(後編)(緑木邑)
  • ロボっ娘雀士 スーチーパイ(日下部ツカサ)
  • ねこみみ学園よろずや(かぐらゆうき)
Vol.9
  • Motorride Dragoon(MISS BLACK)
  • ねこみみ学園よろずや 第2話(かぐらゆうき)
Vol.10
  • たたかうおんなのこたち(かつまたかずき)
  • 炎情の猫三味線(宇河弘樹
  • COLD ACTION(清水清
  • ねこみみ学園よろずや 第3話(かぐらゆうき)
Vol.11
  • ねこみみ学園よろずや 第4話(かぐらゆうき)
  • イヴィル・ハート(うるし原智志)
Vol.12
Vol.13
  • Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-(後編)(原作:ジェンコ・XEBEC、漫画:MISS BLACK)
Vol.14
  • BLOOD CROSS(前編)(天道まさえ)
Vol.15
  • 絶対不発アトミックガール(中山ユキジ)
  • BLOOD CROSS(後編)(天道まさえ)
Vol.16
  • Princess School(小宮利公)
  • 大奥無双(かぢばあたる)
Vol.17
  • 鉄血姫 〜大鉄塔の黒い魔女〜(ドリル汁
  • 疾走する青春のレゾナンス(天瀬春之
  • ココは美術部ですっ!!(華師
Vol.18
  • アサシス(松崎豊)
Vol.20
  • ゲキリン -激凛-(原作:武礼堂、漫画:九部玖凛
Vol.26
  • まにまにっ!!(霜月雅
  • はナな(霜月雅)

漫画以外[編集]

ヒロインズクライシス
「闘うヒロイン」をテーマにしたカラーイラストを巻末に掲載するイラストグラビア企画。
「crisis(=危機)」という名の通り、闘うヒロインが劣勢に立たされたり、敗北してしまう姿を描いたイラストが主軸。当初は毎号掲載される予定だったようだが[16]、結局は何故か不定期掲載ページとなっている。
Vol.3では、独立創刊記念の特別企画として公式サイトと連動する形で掲載された。公式サイトにアクセスし、本誌に記載されているパスワードを入力すると誌面のイラストに描かれた場面に合わせた音声(主にヒロインの悲鳴)が聞けるというもので、シナリオ分岐も存在する。そのヒロイン役の声優水野愛日
Vol.7でも「聖騎士クリス 縛鎖の章」と題し、付録CD音源とする形式に変更してイラストと音声の連動が再び行われた。ヒロイン役の声優は芹園みや
これまでに起用されたイラストレーターは、Maruto!(Vol.1)、ジェット世渡り(Vol.3)、シノ(Vol.7)等。
激論!コミックヴァルキリー
読者アンケートに書かれた要望や感想をまとめて掲載する不定期企画。「月刊化希望」「もっとエロを増やしてほしい」「残虐描写は嫌」「エロはなくてもいいからバトル漫画以外の『闘う女性もの』が見たい」等、さまざまな意見が交わされている。
後に「ヴァルハラ通信局」と改題した上で、毎号掲載することに。うたのねしおんデザインのヴァルキリーちゃんとワルキューレちゃんというオリジナルキャラクターも登場する。
コミックヴァルキリー情報局
映画・ゲーム・テレビアニメ・OVA・フィギュア・インターネット関連を紹介する企画。2〜3ページで紹介する。当然のことながら、ヒロインがメインとなる作品が対象である。
ジェット世渡りのそれはそれとして
イラストレーターのジェット世渡りによるコラム。

コミックヴァルキリーハード[編集]

本誌の増刊号。B5版平綴じ。定価620円。

掲載作品[編集]

Vol.1[17]
2007年10月29日発売。以下の作品の他、トモセシュンサクとうるし原智志がカラーピンナップを描いている。
  • 鬼姫VS(原作:林達永(イム・ダリョン)、作画:李秀顯(イ・スヒョン))
  • レッする!アイドル EXTREME(武礼堂)
  • ドリームハンター麗夢(原作:奥田誠治、漫画:火浦R)
  • クリーナー7(猫柳犬吉
  • オーダーバトルウェイトレス舞(ASTROGUYII
  • BLOOD CROSS(天道まさえ)
  • ももふみ(科手黒
  • 超宇宙戦艦キラボシエガオ(海瀬壮祐)
  • 白雷の閃花 〜からくり秘剣譚〜(老眼
  • トクタイ 〜爺爺 王霊官〜(かぢばあたる)
  • AS DEAD(双龍
  • ボルジアン・ドーター(脚本:近藤啓二、作画:UTATA
  • BLESSING FEATHER(九野十弥
  • 美月フルブースト!(有馬侭
  • インフィニティブレード外伝 ドーンブレード(KEN+)

ドラマCD[編集]

特別付録としてドラマCDを封入したことがある。

  • ローズ×マリー 妖血の囁き
  • レッする!アイドル
    • Vol.7付録。内容は単行本第1巻限定版に付属するドラマCDの体験版と、この号に掲載されたヒロインズクライシス用のシナリオ音声を収録したものとなっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、この「リョナ」という言葉の定義は非常に曖昧なものであり、それを巡ってしばしば論争となる。
  2. ^ 本誌公式サイトでは『御剣ハルカ危機一髪!』の作品紹介ページで「リョナピンチ」という語が一時期だが用いられていた。また、連載作家の一人である渡瀬行人も自サイトの日記で「リョナ」という言葉を使ったことがある。
  3. ^ コミックヴァルキリー作品の無料配信がニコニコ静画で開始コミックナタリー 2012年2月4日
  4. ^ コミックヴァルキリーが休刊、WEBへの移行を発表コミックナタリー 2012年9月27日
  5. ^ Vol.11までは550円だった。
  6. ^ Vol.19にプロローグ掲載後、Vol.40までピンナップのみ掲載の状態が続いた。
  7. ^ 既存原稿は漫画・ピンナップともすべて『うるし原智志マガジン U-LOVERS vol.2』に収録、刊行されている。
  8. ^ Vol.9を区切りに、休載となった。
  9. ^ Vol.4以降、休載が続いている。
  10. ^ a b c この作品は4コマ漫画。
  11. ^ この作品は基本的に4コマ漫画だが、8コマや普通のストーリー描写もある。
  12. ^ 連載時タイトルは『プリンセスラバー!』だったが、コミックス発売時に副題部分が追加された。
  13. ^ ゲームブック方式の掲載。最終頁の選択肢へのアンケートハガキの投票結果により、次号の展開が変化する。単行本では本誌掲載時に選ばれなかった分岐も、一部だが描き下ろしで補完されている。また、ZENピクチャーズによって実写テレビドラマ化され、東京MXで2008年3月7日深夜より全4回に渡って放送された。
  14. ^ 作者が心不全で急死したため、未完のまま終了となった。
  15. ^ 同作者の『キリエ 〜吸血聖女〜』がこの雑誌のコンセプトにマッチしていたためか、アンケートで多数のリクエストを呼び、読み切り作品が掲載される運びとなった。
  16. ^ 公式サイトのバックナンバーページには「毎号、人気イラストレーター・漫画家が強くて凛々しいヒロインをテーマに描く」という記述が残されている。
  17. ^ 「Vol.1」となっているが、現時点ではVol.2以降があるかどうかは未定とのこと。

外部リンク[編集]