パックスソフトニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パックスソフトニカ株式会社は、かつて存在した日本のゲーム会社。

概要[編集]

同社は、エニックス主催の第1回ゲーム・ホビープログラムコンテストで入選した『バクテリアエスケープ』の作者・橋下友茂を中心に、パソコンゲームのパブリッシャーとして1983年8月設立[1]しており、もともとはパックス・エレクトロニカ・ジャパンという企業の子会社という位置づけだった[2]

程なくして、FM-7PC-6001などの専用ゲームの開発を行うようになる。

ファミコンのリリース後は、任天堂の下請として2000年代初頭までゲーム開発を行った。

任天堂と縁ができたのは、MSX版バレーボールゲーム『アタック・フォー』が、任天堂バレーボールの原作となったからである。

主な開発ゲーム[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]