エキサイトバイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エキサイトバイク
ジャンル レースゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 任天堂開発第一部
発売元 任天堂
プロデューサー 宮本茂
ディレクター 宮本茂
プログラマー 中郷俊彦
音楽 中塚章人
美術 前田稔
手塚卓志
人数 1人
メディア 192キロビットロムカセット[1]
発売日 日本の旗1984年11月30日
アメリカ合衆国の旗1985年10月18日
欧州連合の旗1986年9月1日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRB:Everyone
デバイス ファミリーベーシック
データレコーダ
売上本数 日本の旗約157万本
テンプレートを表示

エキサイトバイク』(EXCITEBIKE)は、1984年11月30日任天堂より発売されたレースゲームである。

概要[編集]

ファミリーコンピュータ対応のROMカセットで発売され、後に『VS.エキサイトバイク』としてアーケードゲームディスクシステムで発売された。「ファミコンミニ」シリーズのひとつとしてゲームボーイアドバンスに移植されたほか、北米ではカードeでも発売され、2007年3月13日からWiiバーチャルコンソールで配信されている。2011年6月7日からはニンテンドー3DS移植版が「3Dクラシックス」としてダウンロード配信開始(2011年7月31日まで無料)。2013年4月27日からWii Uのバーチャルコンソールで配信されている。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

FC版では5つの中から、『VS.』は3つの中から1つのコースを選んでチャレンジレースに挑戦する。このチャレンジレースで規定タイムをクリアできるとエキサイトバイク本戦に出場できる。エキサイトバイク本戦で規定タイムをクリアすると、FC版では次のコースの本戦に、『VS.』では次のコースのチャレンジレースに出場する事になる。 FC版では5面本戦をクリアすると、ゲームオーバーになるまで何度でも5面本戦を走行する事が出来る。回数はタイムの下にT= 1等と表示される。

ソロプレイのモードとCPU3台が併走するモードがあり、後者ではマシンが接触した時は後ろのマシンが転倒する。『VS.』では、ソロプレイはチャレンジレースのみ、CPU併走は本戦のみである。

規定タイムは、FC版では3位のタイム、『VS.』では5位のタイムだが、後者はCPUマシンの順位は影響しない。

プレイヤーの乗るバイクには2種類のアクセルがあり、A/Bボタンでこの2つを使い分ける。Bボタンはターボで、急発進ができて加速率が高く、最速に達する時間が短い。ただし、画面中央部の温度計が限界まで上昇していく。この温度計が真っ赤になるとオーバーヒートとなり一時停車しなければならず、大幅にタイムロスとなる。Aボタンのアクセルは加速率が低く、最速に達する時間が長い。ただし、温度計は2/3ほどで安定し、それ以上になっていた場合は徐々に温度が下がる。温度計の温度は、クールパッドの上を通過すれば一気に下がる。

プレイヤーのバイクは、平地や坂と平行に傾いていないと着地時に転倒する。転倒した場合は、A/Bボタンを連射する事により、タイムロスを短縮する事ができる。バイクの空中での傾きは跳ぶ距離や高さにも影響するが、その事と着地を上手くコントロールして効率よく障害をクリアする事が必要である。前輪を上げてウィリー走行しないと転倒するフェンスや、通過するとスピードダウンするぬかるみもある。

デザインモード[編集]

本作ではプレイヤーが任意にコースを作ってプレイすることもできる(このモードは周回数は9周まで設定できるがFC版では1レースで、『VS.』では設定した勝利数で終了)。当時としてはこのデザインモードは画期的な物であった。

ここでは以下の障害物を組み合わせてコースを作成する事ができる。また、ファミコン本体にファミリーベーシックデータレコーダを接続したり、アスキースティックIIターボのカセットインターフェースを使用すれば、作成したコースをカセットテープに保存する事もできた。バーチャルコンソール版と『VS.』は周辺機器なしで、また『VS.』では4つのコースを保存が可能で、他のディスクカードにあるコースをコピーするという事も出来る。3DS版は下画面にパーツが表示される。

  • ジャンプ台 - 4レーン全域に、高さや傾斜の異なる7種類のジャンプ台を設置する。
  • スーパージャンプ台 - 1~2レーンに設置する。飛距離が伸びる。
  • ギャップ - 1~2レーンもしくは3~4レーンに小さな出っ張りを置く。ウィリーしていないと転倒する。
  • ぬかるみ - 奇数レーンもしくは偶数レーンに配置。上を通るとスピードが落ちる。
  • クールゾーン - 1レーンもしくは4レーンに設置。上を通ると温度ゲージが初期状態に戻る。
  • 草地 - 1~2レーンもしくは3~4レーンに長い草地、もしくは全レーンに短い草地。どちらの場合も、入っている間スピードが落ちる。
  • 複合障害 - 全レーンの2段ジャンプ台と、全レーンの高いジャンプ台に1~2レーンのみ頂点からコースが伸びているもの。
  • 平地 - 『VS.』のみ。全レーンの直線を、1、2、4、8の単位で伸ばす事ができる。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 VS.エキサイトバイク
日本の旗1984年
アメリカ合衆国の旗1985年
アーケード 任天堂 任天堂レジャーシステム アーケード - -
任天堂VSシステム対応
2 エキサイトバイク
日本の旗1985年10月 PC-8801/SR ハドソン ハドソン 5.25インチ2Dフロッピーディスク - -
3 エキサイトバイク
日本の旗1986年11月 X1 ハドソン ハドソン カセットテープ - -
4 VS.エキサイトバイク
日本の旗1988年12月9日 ファミリーコンピュータ
ディスクシステム
パックスソフトニカ 任天堂 ディスクカード両面 FMC-EBD 販売:5万本[2]
書き換え:11万回[2]
5 Excite Bike-e
アメリカ合衆国の旗2002年9月16日 ゲームボーイアドバンス
カードe
任天堂 任天堂 ロムカセット - -
6 どうぶつの森e+
日本の旗2003年6月27日 ニンテンドーゲームキューブ 任天堂 任天堂 8cm光ディスク - -
ミニゲームとして収録
7 エキサイトバイク
ファミコンミニ04
日本の旗2004年2月14日
アメリカ合衆国の旗2004年6月7日
欧州連合の旗2004年6月9日
ゲームボーイアドバンス 任天堂開発第一部 任天堂 ロムカセット - -
8 エキサイトバイク
欧州連合の旗2007年2月16日
日本の旗2007年3月13日
アメリカ合衆国の旗2007年3月19日
Wii
バーチャルコンソール
任天堂開発第一部 任天堂 ダウンロード - -
9 エキサイトバイク
日本の旗アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗2011年6月7日 ニンテンドー3DS
3Dクラシックス
アリカ 任天堂 ダウンロード - -
10 エキサイトバイク
アメリカ合衆国の旗2013年4月26日
日本の旗欧州連合の旗2013年4月27日
Wii U
(バーチャルコンソール)
任天堂開発第一部 任天堂 ダウンロード - -

VS.エキサイトバイク[編集]

追加要素
  • 得点、残機の概念が追加されており、10万点で1UP。それ以降は95万点まで、5万点ごとに1UPする(標準設定の場合)。
  • 各ステージのベストタイムが上位5位まで記録される。また、業務用ではハイスコアが上位10位まで記録される。
  • なお、業務用は電源を切ると記録が消えてしまうが、ディスク版はディスクカードに保存が出来る。
  • 7面到達するまで3面クリアするごとに、ジャンプ台でトラックを飛び越えるボーナスステージが行われる。トラック1台につき100点、パーフェクトで1万点。
  • 7面本戦をクリアすると、ゲームオーバーになるまで何度でも7面本戦を走行する事が出来る。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:山内溥
  • プロデューサー:宮本茂
  • ディレクター:宮本茂
  • プログラマー:中郷俊彦
  • グラフィック・デザイナー: 前田稔、手塚卓志
  • ミュージック・コンポーザー:中塚章人
  • ミュージック・プログラマー:兼岡行男

備考[編集]

  • ファミコンミニニンテンドー3DS版では、最高速タイムとデザインモードで製作したコースをセーブする事ができる。
  • 一定以上のスピードが出ている時にジャンプすると、画面上部を突き抜けて画面下部からプレイヤーが出てくる一種のバグがある。
  • ファミコンのソフトで、ソフト単品の価格が5,000円台に突入したソフトである。ソフトの平均価格が5,000円を超えるのは、発売から約3年後の1987年頃であり、本作が当時の基準からして高額である事が分かる。なお、『エキサイトバイク』のパッケージ(外箱)は金色であった。
  • 4種類のタイトルBGMが存在する。

続編[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 277頁。
  2. ^ a b 「ディスクライター 書き換えゲーム全カタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第5巻第12号、徳間書店1989年7月7日、 66頁。

外部リンク[編集]