ファミリーコンピュータ ディスクシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファミリーコンピュータ > ファミリーコンピュータ ディスクシステム
ファミリーコンピュータ ディスクシステム
Nintendo Famicom Disk System.jpg
ディスクシステムとRAMアダプタ
メーカー 任天堂
種別 ゲーム機周辺機器
世代 第3世代
発売日 日本の旗1986年2月21日
対応メディア クイックディスク
対応ストレージ 磁気ディスク
外部接続 通信用拡張ポート
(RAMアダプタ側)
売上台数 400万台以上[1]
互換ハードウェア ツインファミコン
テンプレートを表示

ファミリーコンピュータ ディスクシステム (Family Computer Disk System) とは、任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用の周辺機器。「ファミコンディスクシステム」あるいは単に「ディスクシステム」とも略される。専用のディスクメディアに書き込まれたソフトウェアを読み込むことでゲームができる。日本国内で1986年2月21日に発売された。メーカー希望小売価格15,000円。対応ソフトは199タイトル、ソフト総売り上げ数は5,339万本[1]

概要[編集]

接続した様子
ディスクシステムコントロール&音源LSI RP2C33

従来のファミリーコンピュータ用ゲームプログラムは、カートリッジ(ロムカセット)に内蔵されたROMに格納されていた。それに対し、ディスクシステムは「ディスクカード」と呼ばれる磁気ディスクに記録されたプログラムやデータを、必要なときにメモリ上に読み込んで実行する形式である。ディスクを読み取るディスクシステム本体 (HVC-022) と、ソフトウェアの情報をファミリーコンピュータ本体に供給するRAMアダプタ (HVC-023) からなり、ファミリーコンピュータに接続することでシステムを構成する。別売ACアダプタ、または単2電池6本で動作する。

本体との接続は、RAMアダプタをカセット差込口にセットし、そこから延びるコードをドライブ本体に接続するという形で行われる。写真などではファミコン本体をドライブの上に乗せている場合が多いが、必ずしもそうする必要はなく、双方の固定もされていない。実際に後述のディスクライターの映像では、ディスクシステムをファミコンの横に置いている。固定用の「ファミコンシステムラック」が後にハドソンから発売された。

内蔵されるRAMはプログラムデータ用が256キロビット、スプライトと背景用が64キロビットで、途中の読み込みなしに使える量は片面の半分ほどにあたる。ディスク読み込み装置としてのみならず、新しい機能もいくつか追加されていた。中でも、ファミコン本体では矩形波など限られた音色しか出せなかったサウンド機能のためにPWM音源が搭載され、ゲームプログラムから利用できるようになったことが大きい。ディスクシステムのゲーム作品は多くがPWM音源を利用し、当時のゲームの評価の際に当時としては美麗なサウンドを印象に残る点として挙げるファンも多い。

ディスクカードを模したマスコットキャラクターディスくん」が存在し[2]、「やればやるほど、ディスクシステム」のキャッチコピーとともにCMの最後にも登場していた。

後にシャープから、ファミリーコンピュータ本体とディスクシステムとを一体化させた「ツインファミコン」も発売された。なお、任天堂が違法コピーなどを危惧したため日本以外では発売されていないが、一部の国では正式に任天堂に承諾を受けたライセンス版のディスクシステムが発売されている。

ディスクカードの書き換えサービスは2003年9月、ディスクシステム本体の修理は2007年10月をもって終了している。

また、任天堂のゲーム機としては初めて起動音を採用したハードでもある。

機器[編集]

ディスクカード[編集]

黄と青のディスクカード

ディスクシステムに用いる「ディスクカード」は、当時まだ高価だったフロッピーディスクの廉価代用品となるべくミツミ電機で開発されたクイックディスク規格を元に作られた。技術的な仕様はクイックディスクと同様で、両面それぞれが利用できアクセス速度が比較的速いが、トラックは1つのみ、シーケンシャルアクセスランダムアクセスができないため、一度のロード(セーブ)にかかる時間は一定である。

ディスクカードの容量は両面で896キロビット(112キロバイト)で、登場した時期のロムカセットに比較して約3倍の容量を持っていた。さらにゲームの途中のデータやハイスコアなどをディスクカードにセーブすることにより、本体の電源を切った後もデータを保持できるといったことも、当時のロムカセットでは不可能なことだった。

任天堂純正品のディスクの色[3]には、

  • 通常の黄色ディスク
  • シャッター付きの青色ディスク
  • イベント景品用の金色ディスク
  • 同じくイベント景品用に作られた銀色ディスク
  • 開発用の白色ディスク
  • 検品用のピンク色ディスク

の6種類存在する。銀色ディスクは流通数が少なく知名度が低い。

ディスケット形状はクイックディスクに比べやや細長くなっており、ディスクに「NINTENDO」の刻印がある。この刻印はハード挿入時にドライブにかみ合う仕組みになっており、任天堂純正品以外は用いることができないように工夫されていたが、実際には通常のクイックディスクも、ディスケットの形状さえハックできれば、フォーマットすることで普通に使用できた。任天堂からは生ディスクは供給されず、ゲームソフトを購入して書き換えることになっていた。クイックディスクはMIDIシーケンサーMZ-1500MSXに採用されていたが、流通量は多くはなく、三才ブックス『バックアップ活用テクニック』誌のPART10には当時まだ存在していた8インチのフロッピーディスクを切り抜いてクイックディスクにする制作記事まで掲載された。その後、アイ・ツーやハッカーインターナショナルから非公認の生ディスクが発売されていた[4]。また、市販のクイックディスクに取り付けて「NINTENDO」刻印でのメディア選別をすり抜けるためのアダプターも発売されていた。

ディスクライター[編集]

ディスクカードは「ディスクライター」という店頭に設置されていた書き換え装置を使うことで、内容を別のゲームに書き換えることができた。設置台数は全国で約3200台。書き換えの料金は通常1タイトル500円、永谷園のCMが出る『帰ってきたマリオブラザーズ』は400円と、新規にディスクカードを購入するよりも安くゲームを楽しむことができたため、当時の主要ユーザーだった子供達からこのシステムは歓迎された。なお、新作の発売と同時に書き換えが開始されるわけではなく、2週間から1ヶ月半ほど期間を開けてから行われていた。

前述のように市場には公式な生ディスクは存在せず、書き換えするためにはまずゲームソフトを購入してディスクを入手することになっていた。『スーパーマリオブラザーズ2』など、片面のみ用いる一部の市販ディスクはB面が初めから空いており、B面に別のゲームを書き込めた。一部のディスクライターで供給されたソフトにはパッケージ販売された新作ゲームだけでなく、過去にロムカセットで販売された作品や、ディスクライターでのみ購入できた書き換え専用ソフトも存在する。

書き換えたゲームの説明書はパッケージ販売用と同じものが用意され、一部のゲームでは一冊100円で販売、その他は無料で配布という形式を取っていたが、これは次第にパッケージ販売用とは異なる2色印刷の簡易版が無料配布される形式へ変わっていった。書き換え版の供給されたすべての説明書にはディスクカードに貼り付けるタイトルシールが付属したが、のちにタイトルシールが不足したため「ネームラベル」という白色の自分で名前を書き込むタイプのシールが代わりとされたこともあった。さらに、書き込みの受付が終了する直前には書き換え希望が殺到し、説明書や白のネームラベルも品切れとなった店もある。

ディスクライターはディスクシステムの衰退とともに任天堂に回収される形で1993年2月中旬に店頭から撤去され始め、3月末には店頭から姿を消した。一方でユーザーへの救済措置のため、その後も同額にて任天堂本社、及び支店(札幌・東京・大阪・名古屋・岡山)で郵送または社内持込による対応が行われていたが、経年による機材老朽化で維持継続が困難となり2003年9月30日到着分を最後に対応が終了した。ディスクライターは任天堂に保管され、現存する最後の1台であるディスクライターが2014年公開の映画『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』に登場した。

ディスクファクス[編集]

ディスクシステムは黄色のディスクが一般的だが、後期には青色のシャッター付きのディスクを必要とするソフトも発売された。これは店頭に設置された、ディスクに保存されたスコアやセーブデータなどを任天堂とやりとりする「ディスクファクス」と呼ばれる装置に対応したディスクで、黄色のディスクとは上位互換である。対応ソフトは『ゴルフJAPANコース』『ゴルフUSコース』『中山美穂のトキメキハイスクール』『ファミコングランプリ F1レース』『ファミコングランプリII 3Dホットラリー』の計5種。また、未対応ではあるが『リサの妖精伝説』も青ディスクが採用されていた。青ディスクには書き換えソフトの制限は無いが、逆に黄色ディスクを青ディスク用の前記6タイトルに書き替えることはできない。

『ゴルフJAPAN/US-』の上位入賞者には、メッキが施されオリジナルステージが収録されたゴールドディスクまたはシルバーディスク[要出典]が授与された。1988年サービス終了。

このシステムは任天堂が普及に意欲を見せていた、ファミリーコンピュータを用いた家庭用通信システムの試金石とも位置づけられるものである。ディスクシステム本体にも通信用拡張ポートが備えられていた[5]。同じ拡張ポートはツインファミコンにも存在する。

ファミリーコンピュータ
ネットワークシステム

これは後に、ファミリーコンピュータ ネットワークシステムという形で応用され、キャプテンシステムへの接続や株式売買(ファミコントレード)、公営競技電話投票 (JRA-PAT) などのサービスが行われた。ユーザーは通信アダプタを購入してファミコンに挿入すると、電話回線 (DDX-TP) を介してこれらのサービスに接続できた。しかし、処理速度やグラフィック表示など性能面で限界があるファミコンを使ったこれらのシステムは、パソコンで行うパソコン通信による同様のサービスに移行する形で淘汰された。なお、JRA-PATは2015年7月末日まで、賭式の制限があるものの勝馬投票券を購入できた[6]

その他[編集]

ネットワーク性[編集]

当時のユーザーの間では、ディスク用の作品はロムカセットで販売されていたソフトとは異なる独特の雰囲気があったとよく言われる。これはディスクシステムのコンセプトが流通環境やプレイヤー間コミュニケーションを含めた「ネットワーク性」を重視していたことに起因すると考えられる。例えば『ゼルダの伝説』は、宮本茂によれば意図的に内容を複雑化することで攻略情報の交換が行われるような狙いを持っていたとされる。Wii似顔絵チャンネルなどもその原型はディスクシステムに遡る。またディスクカードが「大容量の書き込みメディア」である点も無視できない。

これらの狙いは結果的にはいささか早過ぎたと言わざるを得ない。しかし、供給が安価であることもあってディスクシステムに前衛的な空気を吹き込み、ひいては64DDにみる64戦略やニンテンドーDS、Wiiのネットワーク指向など任天堂の長期戦略に影響を与えている。

ソフト供給[編集]

任天堂はハードメーカーという立場から末期までソフト供給を行っていた。初期から中期にかけてはコナミスクウェアDOGブランドからも多くのソフトが供給された。これらのメーカーから発売されたソフトはPWM音源などディスクシステムの特徴を活かし、完成度も高かったことから名作と評されるものも多い。

一方、ファミコンの初期に参入した経緯からソフト数の制限が他社に比べて極端に甘かったナムコハドソンはディスクシステムに注力せず、過去にROMカートリッジでリリースしたソフトをディスクシステムの書き換え用へ供給するにとどまった。

低迷[編集]

発売した当時「カセットの時代からディスクカードの時代へ」とCMで謳っていたように、ゲームの高性能化の面で期待されていたが、その栄光は長くは続かなかった。

  • 容量
    • ディスクシステム発売の1986年にはすでにディスクカードを上回る容量を持つ1メガビット(128キロバイト)ROMカートリッジが出現。7月には2MBitの『がんばれゴエモン!からくり道中』も登場した。ディスクカード自体の容量拡大は不可能で、ディスクシステムの容量では早い段階で限界が見え始めていた。
  • セーブ機能
  • 拡張音源
    • 1988年のNAMCO106、1989年VRC VIなど、拡張サウンド機能を備えたカートリッジが登場。特定メーカーだけのものであり音質も異なるが、同時発音数ではディスクシステムを上回る。

こうしてディスクシステムはカートリッジに対する優位点を次々に失い、次第に陰りが見え始めた。1988年にはNECのPCエンジンCD-ROMハードCD-ROM2が登場したうえ、1990年にはファミコンの次世代機であるスーパーファミコンも登場し、ディスクシステムの存在意義は更に無くなっていった。

加えて、3000円未満のソフトがほとんどだったため、サードパーティ側は「利益の低さ」からソフト開発に消極的になっていった。こうして徐々に失速、撤退という道をたどることとなった。また、頻繁にデータ書込を行うソフトでは、書込時のエラーによってゲームそのものが使用不能になる例も多く、これもディスクシステムの退潮を早める要因となった。また、シャッターがなく磁気部分がむき出しのため、扱いが非常にシビアだった。末期はディスクライターでの書き換え専用ソフトが中心となっていき、さらに末期は1タイトル600円となるソフトも出現した。1992年発売の『じゃんけんディスク城』(『ファミマガディスク』シリーズVol.6、発売は徳間書店インターメディア)を最後にソフト供給は終了した。

模造品[編集]

ディスクシステムの発売後まもなく、三才ブックスバックアップ活用テクニック』誌上でディスクのコピー法が紹介され、後に各社からディスクの模造品が発売された。このような偽ディスクは書き換えそのものは技術的に可能だが、店頭のディスクライターでの書き換えは拒否された。そのため、後に非正規ルートで出回ったディスクシステムのコピーツールを使って不正コピーをするために使われた。また、コピーツールがなくても、ディスクカードを分解してディスクの非正規のものと磁性体を交換することで、ディスクライターでの書き換えが可能だった。

任天堂はこれに対抗してその後のディスクシステム本体にプロテクトを施したが、中にはそのプロテクトを外す業者がおり、さらには「ディスクワッカー」と呼ばれるプロテクトを回避するアタッチメントまで発売された。さらには、ライトワンスメディアのデュプリケーターのような2ドライブ内蔵型のコピーマシンが製造され、モグリの書き換え業者が現れた。

また、この非純正ディスクは任天堂未認可のソフトウェアにも用いられた。ハッカーインターナショナル製ディスクなど正規ルートでは出せないアダルト要素を含むものや、市販のソフトを解析し、キャラクターやプログラムを書き換える改造ツールが一部で売られていた。

RAMアダプタのROMチェック画面[編集]

スタートボタンとセレクトボタンを押した状態で電源を投入するとポートチェック画面が見られる。その画面が表示される前に十字キー右とAボタンを押すとメッセージが見られる。このとき数字が出ないのは旧バージョン、DEV 2があれば新バージョン。RAMアダプタのみでも可能。

本体の故障[編集]

任天堂のゲーム機は、湾岸戦争の爆撃から生還したゲームボーイや、エベレスト山頂でも壊れないニンテンドーDSなど、故障に非常に強く頑丈だと評価されることがあるが、ディスクシステムに関しては経年とともにほとんどの機体がディスクを読み込めなくなっている。これは、ディスクドライブ内のウレタン平ベルトの劣化により溶解・硬化し、千切れたり伸びたりすることが原因である。2007年まではベルト交換を中心に任天堂が修理に応じていた。中には任天堂純正のベルト(税別200円)を取り寄せて自ら修理するユーザーもいた。

現在は任天堂による修理サービスが終了しており、ベルトも在庫切れとなっている。しかし公式サポート終了後も熱心なユーザーは自力での修理を試み、インターネット上ではそうした試行錯誤の成果が多くのサイトで公開されている。ディスクシステム自体の構造が複雑なため簡単とは言えないが、こうしたサイトを参考に、代替となるベルトを用いて個人で修理することは可能である。ツインファミコンもディスクシステムと同時期にベルトが傷み分解もディスクシステムよりも更に複雑である。

BIOS[編集]

ディスクシステムにはBIOSが存在し、ファイル読み書きスプライトの表示・消去といった動作をする。このBIOSは、RAMアダプタのオフセット0xE000 - 0xFFFFにロードされる[7]

ディスクシステムの起動画面では、起動BGMが流れた後にマリオルイージが明かりを点灯・消灯する映像が流れ続ける。なお、本機の起動BGMは、後のニンテンドーゲームキューブのメインメニューBGMとして、スローテンポにした状態で用いられている[8]

ディスクシステムのBIOSは、ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『ゼルダコレクション』内の『ゼルダの伝説』および『リンクの冒険』にも含まれている。サイズは8KB[9]。また、『どうぶつの森+』でもnoise.binというファイルのオフセット0x0000 - 0x1FFFにディスクシステムのBIOSのデータが存在する。これらのゲームから取り出したBIOSには、実機のディスクシステムのBIOSと異なる部分があり、エミュレータを用いたディスクシステムのゲーム起動には利用できない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]