ファミコングランプリII 3Dホットラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファミコングランプリII
3Dホットラリー
ジャンル レースゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
ディスクシステム
開発元 HAL研究所
発売元 任天堂
プロデューサー 宮本茂
デザイナー 清水一伸
菱田達也
プログラマー MIYA AOKI
岩田聡
菅浩秋
金井誠
清水隆雄
西田泰也
音楽 金指英樹
菅浩秋
岡素世
シリーズ ファミコングランプリシリーズ
人数 1人
メディア 青色ディスクカード(両面)
発売日 日本の旗 1988年4月14日
デバイス ファミコン3Dシステム
アスペクト比 4:3
売上本数 販売:30万本[1]
書き換え:20万回[1]
テンプレートを表示
ディスクカード

ファミコングランプリII 3Dホットラリー』(ファミコングランプリツー スリーディーホットラリー)は、1988年4月14日任天堂より発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステム用のレースゲームである。『ファミコングランプリ F1レース』の続編。開発はHAL研究所が担当した。ディスクシステムのマリオシリーズの中で最後にお店に並んだソフトである。

概要[編集]

ラリーカーを操り、決められたコースを制限時間内にゴールすることを目指す。コース・マシン共に3種類用意されており、3種のマシンにはそれぞれ「速度が速い」、「安定した走行が行なえる」などの特徴がある。

専用のゴーグルをかけると画面が立体的に見える「ファミコン3Dシステム」にも対応している。なお、2人プレイ等対戦プレイには未対応。

ディスクファクスを使ったタイムトライアルなどが行われたが、このゲームをもってディスクファックス対応ソフトのリリースは終了。最後の青ディスクゲームとなった。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

タイムバンク[編集]

最初は20からスタート。各チェックポイントごとに制限時間が設けられており、制限時間内にチェックポイントを通過出来れば、余った時間を加算。逆に制限時間を超えるとリアルタイムで減り、0になるとエンジンがストップしてしまい、そのまま車が完全に止まるとゲームオーバーになる。

ホットダッシュ[編集]

道路上に落ちている「!」マーク(ホットドット)を8つとると、プレイヤーの任意のタイミングから300km/h以上の超高速で、しかもカーブもスリップすることなく15秒だけ運転できる。これを上手く活用すれば、タイムがかなり短縮できる。何個でもストック可能。

耐久度[編集]

一度他の車や障害物にぶつかると「耐久度」が落ちる。そして、それが0になると、ゲームオーバーになる。耐久度が落ちた際、「リペア」を選択・実行しボタンを連打すると回復できるが、莫大な時間がかかってしまう。または、ゲームの最初に設定した「リペアポイント」を通過すれば、耐久度の全回復が出来るようになっている。

コース[編集]

コースは3種類、いずれのコースにも大きく分けて、ハイウェイ、草原、雪道、砂漠、ダートの5種類のエリアがある。

マシン[編集]

マシンは3種類あり、それぞれ能力が異なる。

カットビ
上級者用のスポーツカーマシン。スピードは最高だが、反面に悪路には弱い。
ヨンク
初心者用の4WDマシン。能力が安定していて平均的。かつ雪道に強い。
モンスター
中級者用のバギーマシン。スピードは遅いが、反面に耐久力が最高で、登りや砂地には強い。

キャラクター[編集]

運転を担当するドライバーマリオ、道案内などを担当するナビゲータールイージという設定である。本作のパッケージには2人の姿が大きく描かれているが、作中はほとんど姿が見えず、マシンをリペアするとき、リタイアしたとき(ポーズメニューからの選択は除く) 、ゴールしたときに一瞬姿を現す。

障害物[編集]

コースのあちこちには、街灯、木、岩、柱、看板が設置してあり、ぶつかるとダメージを受ける。 なお街灯、木、岩には顔があり、それぞれ、「じゃまだ灯」「なにする木」「あぶな岩」という名前がついている。

音楽[編集]

3Dホットラリー(サウンドトラック)
岡素世などが作曲した本作のBGMが収録されたサウンドトラック。1988年7月25日発売。発売元徳間ジャパン、販売元徳間コミュニケーションズ。CD1枚組み。
アレンジバージョンが3トラック、オリジナルバージョンが8トラックの計11トラックが収録されている。オリジナルバージョンにも実際の車の走行音などが加わったリミックスが施されている。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:山内溥
  • プロデューサー:KATTOBI MIYAMOTO(宮本茂
  • デザイナー:YONQUE ISSHIN(清水一伸)、MACH HISHIDA(菱田達也)
  • サウンド・コンポーザー:NIGE NO KANAZASHI(金指英樹)、GSX SUGA(菅浩秋)、JUMP SOYO(岡素世
  • プログラマー:MIYA AOKI、WAHYO IWATA(岩田聡)、GSX SUGA、FLZ KANAI(金井誠)、HOT SHIMIZU(清水隆雄)、西田泰也
  • イベント・システム・オペレーター:N.AKITA、K.YARIMOTO、T.MATSUDA、Z.IIDA、K.TAMAI、Y.TSUJI、S.YAMABE

評価[編集]

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計26点(満40点)[2]、「ファミリーコンピュータMagazine」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、17.60点(満25点)となっている[3]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.60 3.60 - 3.40 3.60 3.40 17.60

関連項目[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズDX
モンスターがフィギュアとして登場する。
大乱闘スマッシュブラザーズX
タイトル画面のBGM「OPENING」が「タイトル(3Dホットラリー)」という曲名でアレンジされて登場する。編曲担当は石坂健太郎
マリオカートWii
モンスターをモチーフとした小型隠しカート「ホットラリー」が登場する。このゲームでのモンスターと同様に、悪路に強いという特徴を持っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「ディスクライター 書き換えゲーム全カタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第5巻第12号、徳間書店1989年7月7日、 65頁。
  2. ^ ファミコングランプリII 3Dホットラリー [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年3月15日閲覧。
  3. ^ 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店1991年5月24日、 79頁。