ヨッシーのクッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨッシーシリーズ > ヨッシーのクッキー
ヨッシーのクッキー
Yoshi's Cookie
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ[FC]
ゲームボーイ[GB]
開発元 ホームデータ
トーセ
発売元 任天堂[FC・GB]
プロデューサー 横井軍平
ディレクター 山本雅央
山上仁志
TATSUHIRO TAKASAGO
RYOJIN
美術 日野重文
松本千恵子
MIKA INOUE
シリーズ ヨッシーシリーズ
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア [FC]1.5メガビットロムカセット
[GB]1メガビットロムカセット
発売日 日本の旗1992年11月21日
アメリカ合衆国の旗1993年4月
欧州連合の旗1993年4月28日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

ヨッシーのクッキー』(Yoshi's Cookie)は、任天堂のキャラクター、ヨッシーが登場するパズルゲーム

概要[編集]

マリオヨッシーがコンビを組みクッキー作りを行うパズルゲーム。

1992年11月21日ファミリーコンピュータ版(以下、FC版)とゲームボーイ版(以下、GB版)が発売された。その後1993年には、新たなモードを追加したスーパーファミコン版(以下、SFC版)がBPSより発売。また、2003年発売のニンテンドーゲームキューブ(以下、GC)用ソフト『NINTENDOパズルコレクション』(以下、GC版)にはリメイク版が収録されているほか、GC本体とゲームボーイアドバンス(以下、GBA)本体をGBAケーブルで接続することで、GBA上でFC版の1人用モードをプレイできる。

2008年6月10日にはWiiバーチャルコンソール対応ソフトとしてFC版の配信が開始されたが、2013年10月11日をもって配信を終了した。これに伴い、既に購入済みのユーザーも本ソフトを再ダウンロードできなくなっている。

本作のゲームルールは、BPSとホームデータ(後の魔法株式会社)が開発したゲームソフト『ヘルメティカ』(アーケード、ロケテストのみ)の原型と似ている部分があり、SFC版では両社のクレジット表示がある[1]

基本ルール[編集]

フィールド(1人プレイ時は8マス×8マス、VSモード時は5マス×5マス)内に一定数のクッキーが配置された状態から始まる。クッキーの種類は、ハート、フラワー、チェック、ダイヤモンド、サークル、ヨッシーの6つ(後述の隠しラウンドでは異なる)。配置されたクッキーは、縦や横の特定の一列を選択し1個分ずらすことができる(端のクッキーの位置は上下または左右でループする)。同じ種類のクッキーが一列に並ぶとその列が消滅する。

ゲームモード[編集]

1人プレイ[編集]

8マス×8マスのフィールドで行われるモード。

フィールド内のクッキーを全て消すとステージクリアになり次のステージへ進む。フィールドには一定時間経過ごとにクッキーが補充され、縦または横の端までクッキーが詰まるとゲームオーバーとなる。

クッキーを消すごとに、消した種類の「クッキーゲージ」が溜まっていく。このゲージがいっぱいになると、「ヨッシークッキー」を含んだクッキーの列が補充される(この時ゲージは0に戻る)。ヨッシークッキーは全てのクッキーの代わりに用いることができる。

10のステージで1つのラウンドとして区切られ、全てのステージをクリアすると次のラウンドへ進むことになる。ラウンド10をクリアしてエンディングが流れた後しばらく放置すると、隠しラウンドへの進み方が表示される[2]。ラウンド11以降に登場するクッキーは、パックンフラワーテレサゲッソークリボースーパーキノコノコノコの甲羅、ヨッシーの7種類になる。このうち、ノコノコの甲羅がステージ中に現れるのは1個だけのため、ヨッシークッキーを組み合わせないと消せない。ラウンド99をクリアした後のエンディングは、ラウンド10をクリアした時のものと比べて豪華になっている。

VSプレイ[編集]

5マス×5マスのフィールドで行われるモード。FC・SFC版では2人、GB・GC版では2〜4人で対戦する。

フィールド内は常にクッキーで満たされた状態で、クッキーを消した後には即時補充される。クッキーを消すごとに「ポイントゲージ」が溜まっていき相手よりも先にゲージが上限に達すると勝利となる。また、クッキーを消さない状態が続くと「タイムゲージ」が増え続け(SFC版とGC版では導火線が短くなり)、ゲージが溜まりきると(SFC版とGC版では導火線が無くなると)敗北となる。こうした勝負を繰り返し、3勝すると全体的な勝利者となる。

クッキーを消すごとに、フィールド上に「ヨッシークッキー」が1つ現れる。1人プレイ時とは異なり、ヨッシークッキーは同種のものを並べた時のみ消すことができる。消した際には、自フィールドの上部に表示されている内容の特殊効果が発動する(内容は一定時間ごとに変化する)。発動先は各プレイヤーを表す色やプレイヤー名で表示されるが、時には自身が損害を受けることもある。発動内容は以下の通り。

  • -7、-3、+3:対象プレイヤーのポイントゲージがそれぞれの数値分だけ増減する。
  • BLIND:一定時間、フィールド中央の3マス×3マスの枠が覆われて見えなくなる。
  • PANIC:一定時間、クッキーの位置がシャッフルされ続ける。この間、対象者は自フィールドの操作ができなくなる。
  • SLAVE:一定時間、カーソルやクッキー並べ替えの動作が発動者と同じになる。この間、対象者は自フィールドの操作ができなくなる。自身に対して発動した場合は何も起こらない。

対戦で使用できるキャラクター[編集]

FC版を除く作品では、マリオヨッシーピーチクッパの4人が登場する。GB版の対コンピュータ(CPU)戦ではプレイヤーが選べるのはマリオのみで、ヨッシー、ピーチ、クッパの順で、クッキーを消すスピードや妨害を仕掛けてくる頻度が上がる。SFC版とGC版のCPUは以下のような能力を持っており、一定条件を満たすと思考能力が上がる。

マリオ
平均的な能力を持っている。
ヨッシー
BLIND・PANIC・SLAVE攻撃を受けた際の影響時間が短い。ヨッシークッキーの効果内容が変わる周期が長い。
ピーチ
BLIND・PANIC・SLAVE攻撃を受けると長時間影響される。ヨッシークッキーの効果内容が変わる周期が短い。
クッパ
BLIND・PANIC・SLAVE攻撃の影響を長時間与えることができる。クッキーを消すまでの時間制限が短い。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 ヨッシーのクッキー
アメリカ合衆国の旗1993年6月
日本の旗1993年7月9日
スーパーファミコン - BPS ロムカセット 日本の旗SHVC-YC -
新たなモードを追加
2 ヨッシーのクッキー
クルッポン オーブンでクッキー

日本の旗1993年 スーパーファミコン - National ロムカセット 日本の旗SHVC-YO -
SFC版に新たなモードを追加、非売品
3 NINTENDOパズルコレクション
日本の旗2003年2月7日 ニンテンドーゲームキューブ Nintendo Software Technology
トーセ
任天堂 8センチ光ディスク - -
リメイク作とFC版をプレイ可能
4 ヨッシーのクッキー
欧州連合の旗2008年4月4日
アメリカ合衆国の旗2008年4月7日
日本の旗2008年6月10日
Wii
バーチャルコンソール
- 任天堂 ダウンロード - -
ファミリーコンピュータ版の移植、2013年10月11日に配信終了
ヨッシーのクッキー(SFC版)
BPSより発売。少ない手数でクッキーの全消しを目指す「PUZZLE」モードを新たに追加。
ヨッシーのクッキー クルッポン オーブンでクッキー
Nationalオーブン「クルッポンオーブン」の発売記念に500本ほど配られた非売品ソフト。クッキーの作り方を指南するモード「クッキング」がSFC版に追加されている。
NINTENDOパズルコレクション
収録作品のひとつとして登場。1人プレイ用の「ストーリー」モードでは、様々なキャラクターとVSモードのルールで対戦しながらクッパの元へ向かう。ゲームのルールを詳しく解説するモードもある。

スタッフ[編集]

FC、GB版
  • 音楽:生田ノブヤ 、佐藤亜希羅、TSUTOMU、西坂紀子
  • キャラクター・デザイン:日野重文、松本千恵子、MIKA INOUE
  • プログラマー:ヂュー・リー、NONAE YOSHIKAWA、山本雄一
  • ディレクター:山本雅央、山上仁志、TATSUHIRO TAKASAGO、RYOJIN
  • スペシャル・サンクス:橋本賢一、MASASHI HINOUE、兼重力
  • プロデューサー:横井軍平
SFC版
  • エグゼクティブ・プロデューサー:ヘンク・ブラウアー・ロジャース
  • プロデューサー:名越康晃、デヴィッド・ノルテ
  • ディレクター:MASAYOSHI TAKATORI、TOSHIHIKO KITAZAWA
  • ソフトウェア・デベロップメント・マネージャー:ジョン・ノル
  • パズル:アレクセイ・パジトノフ
  • 音楽:西坂紀子

評価[編集]

ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は21.3点(満30点)[3]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.7 3.4 3.6 3.5 3.7 3.5 21.3
ゲームボーイ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計29点(満40点)[4]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は20.6点(満30点)[5]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.4 3.2 3.6 3.4 3.5 3.5 20.6
スーパーファミコン版

『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計27点(満40点)[6]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は21.3点(満30点)[7]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.8 3.3 3.5 3.5 3.7 3.4 21.3

サウンドトラック[編集]

ファミコン サウンドヒストリーシリーズ「マリオ ザ ミュージック」(2004年7月22日、サイトロン・デジタルコンテンツ
収録楽曲内の一部として収録されている。

関連項目[編集]

  • テトリスDS - 一部で本作のゲーム画面や音楽が使用されている

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『マイコンBASICマガジン』第12巻第3号(1993年3月号)p.223
  2. ^ M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、27ページ
  3. ^ 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 144頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  4. ^ ヨッシーのクッキー [ゲームボーイ]/ ファミ通.com”. KADOKAWA CORPORATION. 2015年3月29日閲覧。
  5. ^ 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 538頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  6. ^ ヨッシーのクッキー [スーパーファミコン]/ ファミ通.com”. [KADOKAWA. 2015年3月29日閲覧。
  7. ^ 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 412頁、 ISBN 雑誌26556-4/15

外部リンク[編集]