スーパープリンセスピーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオシリーズ > スーパープリンセスピーチ
スーパープリンセスピーチ
ジャンル アクション
対応機種 ニンテンドーDS[DS]
開発元 トーセ
発売元 任天堂
人数 1人
メディア DSカード
発売日 日本の旗2005年10月20日
アメリカ合衆国の旗2006年2月26日
オーストラリアの旗2006年3月30日
欧州連合の旗2006年5月26日
対象年齢 CERO:全年齢
ESRB:E
売上本数 約20万本(2010年1月現在)
その他 海外版のみDS振動カートリッジ対応
テンプレートを表示

スーパープリンセスピーチ』は、2005年10月20日任天堂が発売したニンテンドーDSゲームソフト。ジャンルはアクションゲーム

マリオシリーズのひとつで、公式に発売されたものとしては初のピーチ主役作品である。『スーパーマリオブラザーズ』とは逆に、クッパにさらわれたマリオルイージキノピオをピーチが救うため冒険する。

あらすじ[編集]

キド・アイラック島に伝わる、感情を操ると言われる「キド・アイラックの杖」をクッパ軍団が手に入れ、それを利用してキノコ王国に乗り込み、マリオ達を捕らえた。ちょうど散歩に出ていたピーチは無事だったが、城に戻って事件を知り、自らマリオ達を救う決意をする。そしてキノじいから受け取った、言葉を話す不思議な傘・カッサーを相棒に冒険に旅立った。

登場キャラクター[編集]

ピーチ
本作の主人公。マリオたちを助ける為冒険する。
カッサー
ピーチの相棒である不思議な
クッパ
カメ一族の大魔王。キド・アイラックの杖を奪い、邪魔なマリオたちをさらう事に成功した。
マリオ
本作ではクッパ達に手ごわい存在ということで不意打ちされ、いつもと逆でクッパに先にさらわれてしまう。
ルイージ
マリオの弟。クッパにマリオと同じようにさらわれるも彼と違い、扱いは酷い。カッサーから「緑のオッサン?」と呼ばれ、クッパの手下達にも呼ばれている。
キノピオ
ピーチの家来の一人。キノコ王国の住人。クッパにさらわれる。

敵キャラクター[編集]

きぶん[編集]

「きぶん」には「喜」「怒」「哀」「楽」の4つあり、タッチスクリーンにある4つの「きぶん」のアイコンをタッチすると、ピーチの喜怒哀楽パワーが発動する。喜怒哀楽パワーにはゲージがあり、クリスタルを取ったり、カッサーが敵キャラクターを食べたりする事で回復する。

喜(喜ぶ)
ピーチの周りに竜巻が起こり、Aボタンを押している間は空高く飛ぶ。飛んでいる間はゲージの消費が激しい。
怒(怒る)
ピーチの周りに火が点き、敵を燃やしたり岩にぶつかったり出来る。
哀(哀しむ)
ピーチが大泣きし、涙で植物を育てたり全力疾走したり出来る。
楽(楽しむ)
ピーチのHPが少しずつ回復する。

また、敵キャラクターにも喜・怒・哀・楽の感情を表したものがおり、それぞれ行動パターンが違う。

おまけ[編集]

ステージ内のアイテムを取ったり、コインを集めてキノピオの店で買う事で、タッチスクリーンやマイクを使ったミニゲーム、ジグソーパズル、音楽室などが楽しめる。

関連項目[編集]

  • ウシャス
    コナミMSX2用アクションゲーム。喜怒哀楽で使える技が変わるという点で、本作とゲームシステムが似ている。

外部リンク[編集]