マリオ&ルイージRPGシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリオシリーズ > マリオ&ルイージRPGシリーズ
マリオ&ルイージRPGシリーズ
ジャンル ブラザーアクションRPG
開発元 アルファドリーム
発売元 任天堂
1作目 マリオ&ルイージRPG
2003年11月21日
最新作 マリオ&ルイージRPG3 DX
2018年12月27日・予定)
公式サイト ソフトコレクション|マリオポータル
テンプレートを表示

マリオ&ルイージRPG』(マリオ アンド ルイージ アールピージー)シリーズ[注 1]は、任天堂発売のマリオシリーズのキャラクターであるマリオとルイージを主人公に据えたブラザーアクションRPG。開発元はアルファドリーム

欧米版ではRPGの付かない「Mario & Luigi」がシリーズ名になっている。

概要[編集]

スーパーファミコン用ソフトとして発売された『スーパーマリオRPG』の系譜をたどり、『マリオストーリー』から派生した『ペーパーマリオシリーズ』と共に分岐し発足した、「マリオシリーズ」を扱うRPGシリーズ。全て携帯型ゲーム機向け作品で、公称ジャンルは「ブラザーアクションRPG」となっている。『スーパーマリオRPG』の開発元であったスクウェアから独立した社員により設立されたアルファドリームがシリーズ全作を通して開発を担当、現在はフリーとなっている劇伴の下村陽子をはじめ、『スーパーマリオRPG』の開発陣を主として開発される。シリーズ第1作発売の前年度に、同じアルファドリームの開発で任天堂から発売されたRPGゲーム『トマトアドベンチャー』とは、ゲームシステムやシナリオ面などにおいて一部似通った部分が散見される。

全シリーズを通したゲームプロットは、マリオとルイージが協力して謎を解きながら物語を進めるというものである。フィールドにおいてはもちろん、戦闘においてもブラザーアクションなる本作特有のコマンドが用意されており、これがストーリーの鍵を握る。本筋となるマリオシリーズの他、『ドンキーコング』や『ドクターマリオ』等の派生作品の設定やキャラクターを存分に取り入れている。またルイージが「永遠の二番手」として粗雑な扱いを受けるシーンや、ピーチ姫がクッパに誘拐されるといったシリーズでお馴染みの設定などを一種のマンネリネタとして扱うなど、『スーパーマリオRPG』から続く独自のギャグ的な路線を築いている。

第1作目の時点で基本システムは大成しており、第4作目を除き、続編作品の操作性は第1作のマリオとルイージの操作にプラスアルファした内容となっている。第2作目ではマリオとルイージに合わせベビィマリオとベビィルイージの4人が、第3作目ではクッパを合わせた3人が操作可能である。

シリーズの作品舞台は従来の「キノコ王国」に限定せず、「マメーリア王国」や「マクラノ島」など本シリーズで初登場となる地域も多い。当シリーズ内でのみ作品を跨いで登場するオリジナルの登場人物も多数存在する。ゲラコビッツ、パーニョ、ノコディ、チッピーなどがそれに当てはまる。ベビィピーチなど、本作で初登場して他のマリオシリーズにも登場するようになったキャラクターもいる。

シリーズ一覧[編集]

数値は全て日本国内でのもの。

セーブデータ数は1作目のみ「3」、2作目以降は(第1作のリメイク含め)いずれも「2」となっている。

タイトル 発売日 対応機種 備考
マリオ&ルイージRPG 2003年11月21日 ゲームボーイアドバンス ゲームボーイプレーヤーに対応している。
マリオ&ルイージRPG2×2 2005年12月29日 ニンテンドーDS DS振動カートリッジに対応している。
マリオ&ルイージRPG3!!! 2009年2月11日 ニンテンドーDS
マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー 2013年7月18日 ニンテンドー3DS
マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX 2015年12月3日 ニンテンドー3DS amiiboに対応しており[1]、バトルを有利に進められたりする。
マリオ&ルイージRPG1 DX 2017年10月5日 ニンテンドー3DS 1作目のリメイク。
マリオ&ルイージRPG3 DX 2018年12月27日 ニンテンドー3DS 3作目のリメイク。

登場キャラクター[編集]

2作以上登場したキャラクターのみ記載している。

  • 以下、作品タイトルを数字で略記する(第1作は「1」、『ペーパーマリオMIX』は「5」と表記)。
  • 原作に登場せずリメイク版のみに登場する場合は「△」と記載している。

既存キャラクター[編集]

キャラクター名 1 2 3 4 5 備考
マリオ 本作の主人公。第5作では通常のマリオと共にペーパー世界のペーパーマリオがメインキャラクターとして活躍する。
ルイージ マリオと同じく本作の主人公。毎回色々とひどい扱いを受けているものの、第4作目においては、彼がキーパーソンのキャラとして大活躍する。第4作登場時の最中、言葉を話してしまう。
ピーチ シリーズのヒロイン。
クッパ マリオの宿敵。作品により扱いは様々だが、第3作目では主人公の1人としてプレイアブルキャラクターでの登場を果たした。
クッパJr. × 第4作では隠しボスだったが、第5作では本編のストーリーに関わる。第1作から第3作までの原作には登場しないが、リメイク版『1 DX』ではストーリーには関わらないものの「クッパ軍団RPG」にて登場し、リメイク版『3 DX』の「クッパJr.RPG」では主役として登場する。
コクッパ(クッパ7人衆) × × 第1作では最終ダンジョンの中ボスで台詞が無かったが、第5作では本編のストーリーに関わる。第1作のリメイク版『1 DX』では現行の設定に準じた姿になり、台詞も追加されている他、「クッパ軍団RPG」の方でも登場する。第3作の原作には登場しないが、リメイク版『3 DX』の「クッパJr.RPG」に登場する。
キノじい × 第2作では、過去の自分と共にマリオたちにブラザーアクションを伝授する。
オヤ・マー博士 × × × 第2作では重要人物。彼の初登場作である『ルイージマンション』に繋がる彼の前日譚が明示された。
ヨッシー × 本シリーズでは主にストーリーのイベントで重要となるキャラクター。種族として登場するため1匹のみではない。第1作は、全て彼らの見ていた映画だったというラストである。
カメック クッパの側近。シリーズによってはザコ敵として登場する。

など。

シリーズオリジナルキャラクター[編集]

キャラクター名 1 2 3 4 5 備考
ゲラコビッツ × × 第1作で黒幕の手下として初登場。第2作ではキノコ城の下水道でバッジを売っている。第3作では黒幕として登場した。
パーニョ × × × マメーリア王国の怪盗。第4作では久々に再登場したが、第1作ほどはストーリーに関与しない。
ゲドンコ星人 × × × 第2作で主なエネミーとなるキノコ王国に攻めてきた宇宙人。第3作ではクッパ城に冷凍保存された個体と戦闘することが可能。
キノックル × × × 眼鏡を掛けた青いキノピオ。第2作ではストーリーに深く関与する。
ノコディ × × × 第2作では新聞記者、第4作ではマクラノ島の雑誌を編集している。第2作ではストーリーに深く関与する。
チッピー(イエロースター) × 第3作以降、ストーリーの進行役としてマリオたちに同行する星の精。第1作の原作には登場しないが、リメイク版『1 DX』ではクッパ軍団RPGに登場。
ブリロック × × × 第3作で初登場。クッパにアドバイスを行う。
ブリローズ × × × 第3作ではクッパ、第4作ではマリオとユメルイージにマッサージ(ブラザーアクション等)を頼んでくる。
クリッキーとヘイファーとパタボン × × 第3作で初登場したクッパに仕えるクリボーとヘイホーとパタパタの三人衆。第1作の原作には登場しないが、リメイク版『1 DX』ではクッパ軍団RPGに登場。
Dr.コキノ × × × 第3作で初登場したキノコ王国の医者兼占い師。第1作の原作には登場しないが、リメイク版『1 DX』ではサイコカメックの入れ替わりとして登場。

マリオ&ルイージRPG サウンドセレクション[編集]

クラブニンテンドーの特典で、第1作目から第3作目までの曲が合計33曲[2]収録されているサウンドトラック。冊子には曲名と作曲者のコメントが書かれている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 正確には全角である「&」と称すが、本項では半角の「&」で記述する。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]