ボスパックン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ボスパックン(Petey Piranha)は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに登場する架空のキャラクター。

概要[編集]

パックンフラワーの突然変異[1]クッパより大きい体格、物を持ったり羽のように使い飛行できるまでに発達したひまわりのような花びら、水玉模様のパンツを履いているなどの姿をしている。パンツの内側には弱点とている出べそが隠れている。また、捕虫器官の人間で言う唇にあたる部分は通常のパックンフラワーと違い緑色となっている。基本的に自立歩行できるが根をはることも可能。パックンフラワーと同様の奇声を上げ、あらゆるスポーツで奇抜なフォームになっている。『スーパーマリオサンシャイン』で初登場してからはマリオファミリーとして定着した。

クッパ以上の巨体を持つため、それまでの作品で最重量キャラクターだったクッパよりもさらにワンランク上の重量パワーキャラクターだが、クッパより足が遅い代わりにその他性能もクッパほど悪くない、という立ち位置を与えられることが多く、それ故に隠れキャラクターとして登場することが多い。

登場作品における位置づけ[編集]

スーパーマリオサンシャイン2002年
初登場作品。最初に訪れるステージ『ビアンコヒルズ』の大風車の頂上に陣取り、ドロを吐いて住民を困らせていた。マリオが登場し大声威嚇するがその衝撃で足場を壊して転落してしまう。植物だが水に弱く(ある程度の耐性はある)、泥を吐こうとして口をあけたところに目いっぱい放水すると、飲み込んだ水で満腹になって倒れる。そこにヒップドロップを3回当てれば倒せる。この後再戦することになるが、野外ということもあって飛行する、竜巻を起こすなど少しだけ手強くなっている。彼と再戦する前には昼寝をしている。
マリオゴルフ ファミリーツアー2003年
隠しキャラクターとして登場。プレイヤーキャラクターとしてはこの作品が最初。ドンキーコング以上に奇妙な片手打ちをする。説明書にはクッパが一番の飛距離を出すと書かれているがそれは初期キャラクターの範囲であり、本当に全キャラクター中最高の飛距離を叩き出すのはボスパックン。スターキャラになると長飛距離(300y)のショットを打つ。応援メッセージではラフな言葉遣いをする。この作品からマリオシリーズに頻繁に登場するようになった。
マリオカート ダブルダッシュ!!(2003年)
隠しキャラクターとしてキングテレサとともに参戦。当たりに非常に強いフラワードッカンを駆る。すべてのスペシャルアイテムを使用できる。
マリオテニスGC2004年/2009年
隠しキャラクターとして登場。ハナチャンとダブルスを組んでいる。相手を後ずさりさせるパワーと非常に長いリーチを持つ反面、走るのが非常に遅く、また打った後に大きな隙ができるといった欠点を持つ。スペシャルショットでは吐いた泥から生み出すドロドロパックンに代わりに打ってもらうという技を使う。
スーパーマリオボール(2004年)
草原ステージのボスとして登場。『スーパーマリオサンシャイン』と似たような状況でのバトルとなるが、地面に根を下ろしている状態でマリオと戦う。
スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール2005年
隠しキャラクター。ワリオグレーツに所属している。野球道具を使用せず、バット代わりに葉(手)、グローブ代わりに捕虫器官(口)を使っている。パワー・肩力共に全キャラクターで1、2を争う実力。しかしキングテレサと違い不器用であり守備力には乏しく足も遅い。ボールを吐き出して投げるのでわかりにくいが左利きである(初期設定であり変更可)。相性の良いキャラクターはキングテレサ、ドンキーキャサリンである。
役満DS(2005年)
隠し対戦相手として登場。麻雀の腕はキノじい、クッパに次いで3位とかなりのもの。
スーパープリンセスピーチ(2005年)
ボスキャラクターとして登場。口をあけたところに大量の涙を流し込んで倒れたところを踏んで倒せる。今作ではプチパックンを生み出してくる。
マリオ&ルイージRPG2(2005年)
ボスキャラクターとして過去の世界に登場するが泥は吐かない。現代のボスパックンの泥はクッパJr.のマジックブラシと同じ効果を持つ。ほかにも地面にもぐり、ジャンプを無効化してくる。
New スーパーマリオブラザーズ2006年
ワールド5のボスとして登場。泥は吐かないが飛行能力を存分に駆使してくる。足場が氷で滑りやすくなっているので、苦戦を強いられる。倒すと、マメマリオ(マメルイージ)以外だとワールド6へ、マメで倒すとワールド7へ進める。
マリオバスケ 3on3(2006年)
デイジーガーデンでゴールの代わりをしている。起きている間はダンクを阻止してくるなど少し迷惑。2匹存在している。
マリオストライカーズ チャージド2007年
プレイヤーキャラクターとして登場。隠しキャラクター。本作ではマリオキャラクターは相手を威嚇したりなど通常よりハードな描写がなされているが(普段は穏やかなドンキーコングでさえカメラを破壊したりとかなりアグレッシブ)、もともとふてぶてしいボスパックンはあまり変わっていない。パワーが高く、メガストライクの時に花粉らしきものを出している。
スーパーマリオギャラクシー(2007年)
巨大な恐竜のような体を持った「ディノパックン」というボスパックンによく似たモンスターが登場する。詳しくはパックンフラワー#個別を参照。
大乱闘スマッシュブラザーズX2008年
アドベンチャーモード「亜空の使者」にボスとして登場。ピーチゼルダを鉄の檻カゴに監禁し、激しく振り回すなどかなり横暴になっている。詳細は、亜空軍を参照。
マリオカートWii(2008年)
パックンカート(重量級カート)」という本人そっくりのマシンが登場する。重さが非常に高く、最高速もある反面、その他の能力が平均以下という特徴を持つ。ファンキーコングでこのカートに乗るとボスパックンと同じ色(赤)になる。
スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール(2008年)
前作『ミラクルベースボール』に引き続き登場。相変わらずのパワーを誇る。なお、最初から選べるキャラクターとして登場しており、ボスパックンが初期キャラクターとして登場したゲームは本作が初めてである。本作ではドンキーとの相性が普通になった代わりに、新キャラクターであるゲッソー、ハナチャンとの相性が良くなっている。
スーパーマリオギャラクシー2(2010年)
前作『スーパーマリオギャラクシー』のディノパックンの幼体で、ボスパックンにそっくりの「ディノパックンJr.」が登場。また、ディノパックン自体も再び登場する。
MARIO SPORTS MIX(2010年)
デイジーガーデンに登場する。バスケでは、『マリオバスケ3on3』と同じくゴールの代わりをしているが、『マリオバスケ3on3』と違いダンクの妨害はしない。ドッジボールでは、パスすると代わりに投げてくれるが、ゲロを吐いて試合の邪魔をする。
ペーパーマリオ スーパーシール(2012年)
ペーパーマリオシリーズ初登場。ワールド5のボスとして登場。ロイヤルシールの影響で暴走しており、登場するや否やいきなりマリオのお供のルーシーを捕食、その他にもノコノコやシールまでも飲み込んでいるほど悪食になっている。
マリオパーティ10(2015年)
マリオパーティシリーズ初登場。ワクワクパークの大ボスとして登場。爆弾を吸い込んで投げ返してくる。
マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX(2015年)
ストーリー序盤のペーア平野にて、クッパ軍団に差し向けられる形でボスとして登場。ペーパー世界の同一人物にあたるペーパーボスパックンも中盤でペーア平野に登場する。ペーパーの方はペーパーマリオから奪ったコピーブロックを利用して分身を生成してくる。
ペーパーマリオ カラースプラッシュ(2016年)
頭にティーバッグの持ち手を付けられたティーパックンとして登場。ムーチョ達によりティーポットに詰め込まれ、ティーポットから毒を垂れ流してパ・プール庭園と周辺地域の環境を悪化させていた。
マリオテニス エース (2018年)
ストーリーモードにてパックンフラワーの森のボスとして登場する。今回はラケットを使わずに葉っぱでボールを打ち返して応戦してくる。また、ダメージが蓄積すると竜巻攻撃も使用してくる。2018年10月以降にプレイアブルキャラクターとしても追加予定。プレイアブルキャラクターとしては『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』以来10年ぶりの登場である。葉っぱでボールを打ち返すなど概ねストーリーモードの挙動に準じているが、ストーリーモードよりサイズがやや小さくなっている。

関連項目[編集]

  1. ^ スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』のキャラクター解説より