マリオvs.ドンキーコング ミニミニ再行進!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオシリーズ > マリオvs.ドンキーコング ミニミニ再行進!
ドンキーコングシリーズ > マリオvs.ドンキーコング ミニミニ再行進!
マリオvs.ドンキーコング ミニミニ再行進!
ジャンル アクションパズル
対応機種 ニンテンドーDSiウェア
開発元 Nintendo Software Technology
発売元 任天堂
人数 1人
メディア ダウンロード販売
発売日 日本の旗 2009年10月7日
対象年齢 CERO: A(全年齢)
その他 Wi-Fi対応(自作ステージ配信)
テンプレートを表示

マリオvs.ドンキーコング ミニミニ再行進!』(マリオ ブイエス ドンキーコング ミニミニさいこうしん)は、2009年10月7日任天堂より発売されたニンテンドーDSiウェア用ソフト。ジャンルはアクションパズル。価格は800DSiポイント。

概要[編集]

マリオvs.ドンキーコングシリーズ』の3作目にあたる。『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!』と同様のシステムで、タッチペンを利用してミニマリオをゴールへと導く。今作では一度動いたミニマリオは止めることができない(方向転換も不可能)。また、仕掛けはあれば必ず利用するというルールがある。そのためプレイヤーは仕掛けを操作してミニマリオの動きを操作することになる。

システム[編集]

各ステージで至る所にいるミニマリオを操作し、ゴールまで誘導する。敵に当たったり、障害物に当たったりすると故障してミスとなる(1体でも故障するとミス)。さらにゴールするときは全てのミニマリオでチェインゴールをしなければならない(チェイン中のカウントダウンが0になるとミス)。ミスをすれば「マリオコイン」が1つ減り、これが無くなるとゲームオーバーとなる。しかし、ステージ中のコインを100枚集めると「マリオコイン」が1枚もらえる。プレイ中は下画面でタッチ操作を主に行う。上画面にはコインやピンクブロックの所持数などの状況が表示される。十字キーやA、B、X、Yのボタンは下画面の移動で使用する。

ステージ構成[編集]

ステージは階層別からなり、各フロアに8つのコース、1つのチャレンジコース、1つのDKバトルのコースからなる。全部で4階層あり、全てクリアするとさらに難しい「プラスモード」が出現する。このモードではコース自体も難しい上、「スタート!」タッチ後のカウントダウン終了と共に一斉にミニマリオが動き出す。ギブアップも可能だが、クリアしていないステージの場合はマリオコインが1つ減る。

ドンキーコング[編集]

各階層ごとにある8つのコースをクリアすると挑戦できるようになる。タッチペンでハンドルを操作し、「SHOOT!」ボタンをタッチすることでミニマリオを発射する。ドンキーコングに6発当てるとクリアとなる。今作ではドンキーコングとの対決中にも「ミニマリオカード」が出現する。当たれば手に入れたことになる。

チャレンジコース[編集]

各階層に1つずつある。各階層のコースにあるミニマリオカード「M」「I」「N」「I」「M」「A」「R」「I」「O」を全て手に入れると挑戦できるようになる。

オリジナルステージ[編集]

自分でオリジナルステージを作ることができる。また、ステージは通信で手に入れたものを含めて最大140個まで保存できる。今作では不特定多数の人に公開できる機能が追加された。Wi-Fiコネクションへのアップロード時に、不特定多数に公開するか登録したフレンド間のみの公開にするかを選択することができる。アップロードから任天堂側の審査を通し、24時間以上経過して初めて公開される。

Wi-Fiコネクションでは「評価順」「新着」「ランダム」「テンプレート」「Nintendoステージ」でステージを探すことができる。

  • 評価順:星評価が多い順にステージが表示される。
  • 新着:新しく公開されたステージが表示される。
  • ランダム:ステージがランダムで表示される。
  • テンプレート:作成する際に使ったテンプレートで作られたステージを限定して表示する。ステージ情報を元に分類される。
  • Nintendoステージ:あらかじめ任天堂側が作成し配信しているもの。

ダウンロードしたステージをクリアすると星で5段階評価をする画面が表示され、誰かにダウンロードして遊んでもらえば必ず評価はつく。評価等に関しては次回接続時に送信される。

オリジナルステージの作成[編集]

テンプレートは背景や使用できる仕掛けが異なる4つのキットとその中で3つのテンプレート、そして鍵つきのミニマリオがいるテンプレートが各キットに入った16パターンの中から選択する。使用できるテンプレートは「メインゲーム」が進行しているほど多くなり、全クリアで全てのテンプレートを使用することができる。各キットの3番目のテンプレートは通常とは異なる色の土管があらかじめ配置されている。これは途中で切れてる同じ色の土管同士で行き来ができる仕組みになっている(この分のメーター消費はカウントしない)。

選択後、ステージの編集画面になり、パーツを自由に配置することができる。ステージの大きさは最大縦24マス、横32マス(一番下は床か特殊な床などの装置を配置することができる。最低でも床がなければならない)。右上のマーカーを動かせば広くすることができる(パーツの配置に合わせて自動的に最低限の大きさになる)。

使用できるパーツは各キットごとに異なる。また、「メインゲーム」における「プラスモード」をクリアすることで使用できるパーツが増える。それでも全てのパーツが使用できるわけではない。

ステージを名前を付けてセーブし、テストプレイでゴールドスターが取得できたら初めてWi-Fiコネクションにアップロードすることができる。

使用可能なパーツ一覧表[編集]

表中の「消費タイプ」は主にAタイプとBタイプ。

Aタイプはメーターを気にせず配置することが可能(最初のうちはわずかに減少する)。仕掛けなど一部は独自の制限数が設けられているが、このタイプに割り当てられているパーツ全ての配置されている数の合計が255マス以上だとそれ以上は配置できない。

Bタイプは主にメーターの消費で配置する。敵やハンマーなど、ミニマリオが触れて影響を受けるもの。カラースイッチやカラーゲート、カラーブリッジ、ジャンプ台、インスタントウォールなどの一部の仕掛けもこのタイプに分類される。

見出しのステージ名の下の「○」「×」で使用できるか否かを区別している。なお、表中は「プラスモード」クリア後に配置できるものも含まれる。

パーツ名 消費タイプ キノコおうこく カラカラいせき マグネットトンネル DKジャングル 備考
通常の床 A 配置、キットに合わせて形状変化
コイン A 最大30枚まで、隙間があればどこでも配置可能
大コイン A 最大6枚まで、隙間があればどこでも配置可能
マグネット床 A × × × 配置に合わせて形状変化
マグネットローラー A × × × 最低でも2マス分の隙間が必要
鉄骨 A 配置に合わせて形状変化
トゲトゲ床 A 一番下に配置可能。ステージの大きさグリッド上2マス分強制的に空く
ピンクブロック A (なし)
ベルトコンベヤ A 最低横2マス、計45マスまで配置可能
切り替えスイッチ A 最大6個まで配置可能。通常の床などに重ねて配置可能
はしご A × × 長さに関わらず10ヶ所まで設置可能
土管 A 最低縦または横3マス、2マス分の隙間が必要
回転土管 A × × 各入り口2マス分の隙間が必要
ジャンプ台(黄) B 上2マス分の隙間を空ける必要がある
ジャンプ台(青) B × 上2マス分の隙間を空ける必要がある
埋め込みジャンプ台(黄、青) B × (なし)
インスタントウォール B 2つ以上隣接設置不可、8個まで、一番両端は設置不可
カラースイッチ
カラーゲート
カラーブリッジ
B × (なし)(カラースイッチは通常の床又は鉄骨の上にしか設置できない)
カラーブロック B × × (なし)
ハンマー B (なし)
カタカタヘイホー B 赤スイッチに反応
ゆうれいヘイホー B × × × 各色のスイッチに反応
ファイアパックン B × × 火を吹いていないほうは何もしない(火を吹くほうとキャッチボールする)。
ドッスン B × × 上に2マス必要。
サンボワーム B × 黄色スイッチに反応
カタカタムーチョ B × × 攻撃時に2マス後退
サーカスコング B × 通常の床、鉄骨の上にしか配置できない
キャプチャーコング B × × (なし)
ミニマリオ B 最大8体まで設置可能、最低でも2体
ミニキノピオ B 「おくじょう」R-3までクリアすると使用可能、鍵ゴールでは使用不可
ミニピーチ B 「おくじょう」R-6までクリアすると使用可能、鍵ゴールでは使用不可
ミニDK B 「おくじょう」R-9までクリアすると使用可能、鍵ゴールでは使用不可

外部リンク[編集]