レトロスタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レトロスタジオ本社

レトロスタジオ: Retro Studios, Inc.)は、アメリカ合衆国テキサス州オースティンにあるコンピューターゲームソフトウェアの開発を行う会社

歴史[編集]

1998年、Jeff Spangenbergが設立。また、設立当初から任天堂の出資を受けている。出だしは順風満帆と程遠い状態でレトロスタジオは設立当初から多くのスタッフの離脱や、それに伴う開発プロジェクトの中止などで苦悩の状態にあった。

そこで任天堂は長期間ストップしていた『メトロイドシリーズ』の開発を提供する。それにより、完成した『メトロイドプライム』はアメリカで高評価を受けてビッグタイトルの1つとなった。この大ヒットの背景には元から日本以上にメトロイドの人気が高かったこと、アメリカで人気の高いFPSを採用して非常に高いレベルで完成させながらも従来のメトロイドシリーズの空気や「お約束」を引きついでいったことによると思われる。田邊賢輔ら任天堂の担当者たちは、その腕前を賞賛している。なお、ゲーム・デベロッパーズ・チョイス・アワードにおいて、レトロスタジオは「Rookie Studio of the Year」、『メトロイドプライム』は「Game of the Year」及び「Excellence in Level Design」[1]

2002年、任天堂はレトロスタジオの全ての株式を取得して完全子会社。

2003年、任天堂米国法人のMichael Kelbaughが社長に就任。

2008年4月、『メトロイドプライム』3部作が終了したことで主要メンバーが退社。これはレトロスタジオの屋台骨を揺らがしかねないもので任天堂は後に「事件」だったとまで称しており、レトロスタジオも先行き不安であったことを後に明かしている。その後、主要メンバー退社と同時期に田邊が宮本茂から提案された「しばらく続編が途絶えた『スーパードンキーコングシリーズ』の新作」をレトロスタジオに持ちかけて『ドンキーコング リターンズ』の制作を開始。

2010年6月、E3にて、それまでの水面下の活動と共に『ドンキーコング リターンズ』のゲーム画像を公開。この作品の開発は、それまでの『スーパードンキーコングシリーズ』とはまったく違うジャンルとなった。12月、発売した『ドンキーコング リターンズ』は世界中で大ヒット。また、Game Developers Conference 2010にて、任天堂スタッフからも「(レトロスタジオのスタッフが)一皮剥けた」と完成度を賞賛された。

2011年、『マリオカート7』の開発に関わる。その後もビッグタイトルの開発を任されている。

2013年、Wii Uの開発キットを受けており、Wii U向けのプロジェクトに取り組んでいると米国任天堂社長のレジナルド・フィサメィが伝えた。

2013年6月、Nintendo Direct @ E3 2013にて、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』の開発中であること発表。

2019年1月25日、任天堂が『メトロイドプライム4』の開発会社をレトロスタジオに変更することを発表。

開発タイトル[編集]

発売日は、いずれも日本でのものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 3rd Annual Game Developers Choice Awards

外部リンク[編集]