スーパーマリオ 3Dランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリオシリーズ > スーパーマリオ 3Dランド
スーパーマリオ 3Dランド
Super Mario 3D Land
ジャンル 3Dアクション
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 任天堂情報開発本部
ブラウニーブラウン [1]
発売元 任天堂
プロデューサー 小泉歓晃
ディレクター 林田宏一
デザイナー 辻村大介
プログラマー 菅原秀行
音楽 早崎あすか
横田真人
はまたけし
美術 元倉健太
人数 1人
メディア ニンテンドー3DS専用カード
ダウンロード
発売日 ニンテンドー3DS
日本の旗 2011年11月3日
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2011年11月13日
欧州連合の旗 2011年11月18日
オーストラリアの旗 2011年11月24日
大韓民国の旗 2012年4月28日
中華人民共和国の旗 2012年12月1日
台湾の旗香港の旗 2012年12月7日
ニンテンドーeショップ
欧州連合の旗オーストラリアの旗 2012年10月4日 [2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2012年10月18日 [3]
日本の旗 2012年11月1日 [4]
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRB:E(Everyone)
ACB:G(General)
PEGI:3
GRB:A
売上本数 日本の旗 209万5314本(2016年2月)[5]
世界 1081万本(2016年6月)[6]
その他 すれちがい通信対応
Mii対応
テンプレートを表示

スーパーマリオ 3Dランド』(スーパーマリオ スリーディーランド)は、任天堂2011年11月3日に発売したニンテンドー3DS専用ゲームソフト

概要[ソースを編集]

マリオシリーズ初のニンテンドー3DS専用ソフト。

3Dアクションだが、Bダッシュやゴール地点のポール及び旗、ちびマリオの存在など要素・ゲーム性ともに2Dアクションのマリオシリーズにより近づいた内容になっており、各コースには時間制限がある。これについて製作者は「2Dマリオの感覚で遊べる3Dマリオ」と表現している。

なお、タイトルの「3Dランド」は、ゲームボーイで展開していた『スーパーマリオランドシリーズ』へのオマージュである事や、ファミコンソフト『スーパーマリオブラザーズ3』のような「進化した(3D)アクションゲーム」を目指して製作された意味合いが込められている。また、タヌキマリオやブンブン、ちくわブロックなど、要素自体も『マリオ3』に登場したものが多い[7]

特に「タヌキのしっぽ」はマリオだけでなく、クッパやクリボー、テレサやキラーなど多くの敵にも付けられ、更にはロゴにも組み込まれているなど、作品の一つの象徴として扱われている。

「転がる」などの新アクションや、プロペラボックスといった本作初登場の新アイテム、新パワーアップが追加されており、ほかにも、立体視を用いた騙し絵のような仕掛けや、ゲーム機本体を傾けて操作する望遠鏡など、ニンテンドー3DSの機能を活かした要素も数多くある。さらに、『New スーパーマリオブラザーズ』のように下画面にアイテムをストックすることが可能。

また、今作では最大残機が王冠3つ(1110)で、初代を意識したような残機表記になっている。

例.

1000〜1099=王冠1つ(百の位)+00〜99
1100〜1109=王冠2つ(百・十の位)+0〜9

今作は環境への配慮から取扱説明書は付属せず、代わりに基本的な操作方法のみを記した簡素な「アクションガイド」が同封されている。従来の詳細な説明書は3DSゲームカードに電子説明書として収録されており、3DSのホームメニューから閲覧することができる。

2012年3月24日に、3DS本体(アイスホワイトまたはミスティピンク)を同梱した「スーパーマリオ 3Dランド パック」が発売。バーチャルコンソール版『スーパーマリオブラザーズ』が付属のSDメモリーカードにプリインストールされている[8]

ストーリー[ソースを編集]

キノコ王国にある一本の木。それは特別な葉をつけ、しっぽのような形の枝がついており、“しっぽの木”と呼ばれ親しまれていた。ある夜、キノコ王国に大嵐が吹き荒れ、しっぽの木の様子を見に行ったピーチ姫がいつまで経っても帰ってこない。嵐が明けた朝、しっぽの木には葉が一つ残らず無くなっており、そこには一通の封筒が残されていた。封筒の中には、クッパに捕まったピーチ姫の写真が。こうして、ピーチ姫を救うためマリオの冒険が始まるのであった。

キャラクター[ソースを編集]

マリオ
おなじみのヒーロー。今作も変わらずピーチ姫を助けに行く。
ピーチ姫
キノコ王国の姫。今作もいつものように、クッパにさらわれてしまう。
キノピオ
キノコ王国の臣下。コースのいたるところで登場し、望遠鏡で発見するとスターメダルや1UPキノコをくれたり、キノピオの家ではパワーアップアイテムなどをくれる。エンディングでは、オープニングの三人のキノピオもやってきてスーパーこのはでタヌキに変身し、空を飛ぶ。その後のスペシャルステージで登場するキノピオも全てタヌキの姿となっている。
クッパ
カメ族の首領。やはりピーチ姫をさらっていく。しっぽがタヌキのものになっているしっぽクッパ、『New スーパーマリオブラザーズ』や『マリオカートWii』にも登場したほねクッパも登場する。
ブンブン
スーパーマリオブラザーズ3』にも登場したクッパ軍のカメで、飛行船のボス。
プンプン
クッパ軍の紅一点で、飛行船のボス。
ルイージ
マリオの双子の弟。クリアまで、いっさい登場はないが、エンディング後でほねクッパに捕まっていることが判明し、スペシャルステージのワールド1の砦で囚われており、助けると、以降プレイヤーキャラとして使用可能(通常ステージでも使える)になり、マップ画面の下画面にあるマークをタッチすればいつでも交代できる。マリオよりジャンプ力が高い反面、滑りやすいという点は『スーパーマリオギャラクシー』などと同じだが、極端な差が無いように調整されている。

システム[ソースを編集]

ゲームシステムは『スーパーマリオブラザーズ』や『スーパーマリオブラザーズ3』のシステムを多く踏襲しており、3Dマリオでおなじみのヒップドロップや壁キックなどのアクションがある。ステージ選択は『スーパーマリオギャラクシー2』と同じくマップ式であるが、本作では左右に移動するだけの1本道となり、シリーズの中で最もシンプルなマップとなっている。そのため、今までのシリーズのように分岐することはなく、コースを自由に選ぶことができなくなった。

面クリア型[ソースを編集]

本作は2D感覚で遊べる3Dマリオがテーマになっており、今までの3Dマリオの目的であったパワースターを集めるのではなく、2Dマリオと同じくゴールまで目指すものになっている。

今までシリーズにあった箱庭で探索することはなく、2Dマリオと同じように1本道のステージで進めていくが、基本的に分岐のある秘密のゴールはない(特定のコースで次のワールドにワープできる隠し土管がある)。

ゴールは『New スーパーマリオブラザーズ』と同じようにポール式で、しがみつくとクリアとなる(ただし今作では旗を降ろすのではなく旗を上げる形となっている)。ポールにしがみついた位置が高いほど貰えるコインが増え、一番上にしがみつけば1UPとなり、そのコースの旗が金色になって、クリアしたコースに金色の旗印がつく。なお、ボス戦でも例外ではなく、ボスを倒した後にポールまで移動する必要がある。

3Dマリオにあったライフ制ではなく、2Dマリオと同じようにダメージ制になっており、パワーダウンしてちびマリオの状態でダメージを受けるとミスとなる。

操作方法[ソースを編集]

2Dマリオを踏襲した操作になっており、Yボタン(Xボタン)でダッシュをすることが可能である。

基本的なアクションは移動・ジャンプ・ダッシュの2Dマリオと同じくシンプルなものになっている他、3Dマリオにあった壁キック・幅跳びなどのアクションが可能であるが、本作ではコウラなどを持つアクションはない。

新アクションとしてしゃがんで転がりながら移動する「転がる」、転がりながら幅跳び出来る「転がりジャンプ」が出来る。

時間制限[ソースを編集]

3Dマリオで初めてとなる全ステージ時間制になっており、2Dマリオと同じように制限時間内にゴールまで目指す。

タイムが0になるとミスになるが、ステージ内に落ちているプラス時計のアイテムを取ることで制限時間を伸ばすことが出来る。

ゴール時に残りタイムに応じてコインが貰える。10秒毎にコイン1枚貰える。

スターメダル[ソースを編集]

全てのコースにスターメダルが3枚ずつ配置されているほか、ミステリーボックスで入手することが出来る。

マップ内に黒いハテナボックスになっているコースを解禁するために必要で、所定の枚数のスターメダルがあればそのコースに挑戦することが出来るようになる。

特定のコースにはスターメダルを一定枚数取得していないと先へ進めないようになっているため、ゲームクリアにはスターメダルを集める必要がある。また、ワールド8をクリアするには最低でも100枚集めなければならない。

ミステリーボックス[ソースを編集]

ワールドのマップ内にミステリーボックスがあり、入ると10秒以内に敵を倒すミニゲームが始まる。

プレイするミステリーボックスは全35種類あり、プレイするたびに毎回ランダムで変化し、既にプレイしたことのあるミステリーボックスが出ることがあるので注意。中にはパワーアップアイテムが設置されていることもある。

敵を全部倒せばボーナスとしてスターメダル1枚と大量のコインを獲得できるが、中には敵を倒すことなく無条件でスターメダル2枚がもらえるミステリーボックスもある。

1度プレイすると入れなくなるが、24時間経過するかすれちがい通信でミステリーボックスが届くと再度入れるようになる。

スペシャルステージ[ソースを編集]

通常面のワールド8のクッパを倒してエンディングを迎えた後、ワールド1のスタート地点に土管が出現し、土管に入ることでスペシャルステージに行くことが出来る。

スペシャルステージは通常面にはなかったアイテムや仕掛けなどが多数登場する。ステージは通常面のアレンジ版や通常面には無かったステージがある。

通常面とは違い、スペシャルワールド8以外の各ワールドの最終面以外はどこからでも挑戦できるが、次のワールドへ進むには最終面をクリアしなければならない。また、各ワールドの最終面およびスペシャルワールド8の全てのコースには、スターメダルを集めないと挑戦することができない。

変身[ソースを編集]

今までの3Dマリオシリーズでの変身はコース内でしか変身出来なかったが、今作では2Dマリオシリーズと同じように変身した能力を引き継いで次のコースへ持ち越し出来るようになった。なお、今作ではマリオが標準状態であり、1ミスするとマリオ(ルイージでのプレイではルイージ)状態から再スタート(ルール的には『スーパーマリオUSA』が近い)となる。

マリオ(ルイージ)
スーパーキノコを取ると変身するが、今作では標準状態となる。この状態でレンガブロックが壊すことが出来る。ダメージを受けると、帽子がないちびマリオ(ちびルイージ)になる。
ちびマリオ(ちびルイージ)
今作の変身で最も弱く、ダメージを受けるとミスになり、残り数が一つ減ってしまう。この状態の間は、アクション時の声が通常より高くなる。レンガブロックは壊せないが、木箱などは壊せる。
タヌキマリオ(キツネルイージ)
3』以来の再登場。スーパーこのはを取ることで変身する。マリオの能力に加え、しっぽで攻撃したり、ジャンプ中にしっぽを振ってゆっくり降下(『3』とは違い、ボタン連打ではなく押しっぱなしという点では『スーパーマリオワールド』のマントマリオに近い)したりできる。
『3』とは異なり、この通常時のタヌキマリオでは地蔵に変身できず、しっぽマリオ・タヌキマリオにあった空をとぶアクションはできない。『3』ではタヌキマリオは「タヌキスーツ」を取ると変身していたが、今作ではこの「スーパーこのは」で変身し、しっぽマリオにはならない。ダメージを受けるとマリオ(ルイージ)に戻る。
ルイージの場合はタヌキではなく、キツネになる(キツネルイージ)。
ファイアマリオ(ファイアルイージ)
白い服に赤いオーバーオールの姿になるシリーズでおなじみの変身。(ルイージは、白い服に緑のオーバーオールで、こちらの方もおなじみ)ファイアフラワーを取ることで変身する。マリオ(ルイージ)の能力に加え、ファイアボールを投げられるようになり、敵に当てるとコインが出るようになる。
今までのシリーズでは投げたファイアボールは壁などに当たると消滅していたが、今作では壁などに当たっても数回まで反射して戻ってくるようになった(反射角度・速度などが異なるものの、『スーパーマリオランド』のスーパーボールマリオのそれに近い)。ダメージを受けるとマリオ(ルイージ)に戻る。
ブーメランマリオ(ブーメランルイージ)
シリーズ初登場の変身。ブーメランフラワーを取ることで変身する。マリオの能力に加え、ブーメランを投げることが出来るようになり、投げたブーメランで敵を倒したり離れたアイテムを取ることが出来る。投げたブーメランはマリオが取るまではマリオに向かってくるように動き続ける(しばらく取らないでいると砕ける)。ファイアマリオとは違い、ブーメランは画面内に1個しか投げられない。
武器でブーメランが使用できるのは、『スーパーマリオアドバンス4(「カードeリーダー+」および、専用のカードが必要)』以来2度目である。ダメージを受けるとマリオ(ルイージ)に戻る。
無敵マリオ(無敵ルイージ)
スーパースターを取ることで変身する。一定時間だけ無敵状態になり、移動速度が速くなる。敵を連続で倒し続けると、5匹目以降は1UPする。
しろタヌキマリオ(しろキツネルイージ)
アシストブロック(同じコースで5回ミスすると出現)から手に入る無敵このはを取ることで変身する。通常時のタヌキマリオの能力とスーパースターの無敵効果を同時に得られるが、無敵効果はスーパースターとは違い時間制限無しで、落下ミスやタイムアップによるミスをしない限り効果は継続する(クッパ戦など一部のコースでは、途中で通常のタヌキマリオになることもある)。ただし、敵を倒し続けてもコインを獲得できるだけで1UPすることはない。コースをクリアすると通常のタヌキマリオ(キツネルイージ)になる。
地蔵マリオ(地蔵ルイージ)
スペシャルステージでのみ入手できる地蔵このはを取ると変身する。通常時のタヌキマリオの能力に加え、地蔵マリオになって敵を踏みつぶして倒したり、やり過ごしたりできる。ただし、一定時間経つと地蔵状態は解除される。地蔵マリオになっている間は無敵状態で、鉄球などの一部の仕掛けを壊したり、ドッスンなどの通常では倒せない敵も倒せたりする。また重量も上がり、2回ヒップドロップする必要がある杭を1回で打ち込むことができる。なお、地蔵マリオへの変身は『3』とは異なり、ヒップドロップの操作で変身を行う。通常時のタヌキマリオと判別しやすくするため、首には赤色のスカーフが巻かれている(ルイージは緑色)。

サポート機能[ソースを編集]

キノピオの家
マップ画面に存在し、中に入るとパワーアップアイテムを入手できる。キノピオの家は1度入ると消滅して入れなくなるが、すれちがい通信を行うことで再び入れるようになり、すれ違ったプレイヤーからアイテムを貰うことが出来る。なお、ゲームオーバーになった場合は全てのワールドのキノピオの家が復活するようになっている。
アシストブロック
通常面で同じコースをミスし続けることで、ミスした回数に応じて手に入るアイテムが異なるアシストブロックが出現するようになる。
5回ミスすると無敵このはを入手でき、10回ミスするとゴール地点の手前までワープできるパタパタの羽を入手できる。
アシストブロックは通常面の全てのコースで出現するが、1度クリアしたコースには2度と出現しなくなり、スペシャルステージでは一切出現しない。
このブロックを出さずにエンディングまで進めば、「アシストブロックを1度も出していない」という勲章が得られる。
パタルーレットブロック
通常面で同じコースで数回ミスすると、ルーレットブロックと同じ役割のパタルーレットブロックが出現する。
アシストブロックとは違い、出現しても「アシストブロックを1度も出していない」という勲章が得られなくなるということはない。
自動セーブ
本作のセーブは自動セーブになっており、ステージをクリアしたりキノピオの家に入るなどで自動的にセーブされるようになっている。
ただし、マップ画面に戻った場合やリセットしたり電源を切った場合は自動セーブされないので注意。
自動セーブされるため、「アシストブロックを1度も出していない」という勲章を出す場合はリセットしてやり直さなければならない。

すれちがい通信[ソースを編集]

本作はすれちがい通信対応で、すれちがい通信をONにすることで最後に訪れたミステリーボックスとキノピオの家を送受信することが出来る。(一度に受信できるミステリーボックスは3つまで。)

すれちがい通信することで相手が最後に訪れたミステリーボックスに挑むことができる。通常のミステリーボックスとは違い、敵を倒すと1UPキノコが出現し、必ずスターメダルが取得できる。キノピオの家では同じ相手とすれちがった回数が多いほど、貰えるアイテムが良いものになっていく。

通常面のワールド8クリア後、全コースにノーミスでクリアした時のクリアタイムが記録され、すれちがい通信することで相手のタイムが記録され、タイムを競い合うことが出来る。

アイテム[ソースを編集]

パワーアップアイテムは変身中に取ると1つだけストック可能。スーパーマリオ以上の状態で別のパワーアップアイテムを取ると、そのパワーアップで使っていたアイテムがストックされるため、状況に応じてパワーアップを切り替えるようなことが出来る。また、今作ではストックしているアイテムと同じパワーアップを取ると、コインが10枚貰える。

※はストック可能なアイテム

スーパーキノコ(※)
取るとマリオに変身できる。マリオでストックできるものはスーパーキノコのみ。
ファイアフラワー(※)
取るとファイアマリオに変身できる。
スーパーこのは(※)
取るとタヌキマリオ(キツネルイージ)に変身できる。
ブーメランフラワー(※)
取るとブーメランマリオに変身できる。
スーパースター
取ると一定時間無敵マリオに変身する。しろタヌキマリオの状態では取得しても特に何も起こらない。
プロペラボックス
かぶると、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』のプロペラブロックのようにジャンプ中に一度だけプロペラで回転して上昇できるようになる箱。タヌキマリオのように、ボタンを押し続ければゆっくり降下することもできる。他のパワーアップアイテムと違い、手に入れたコースでしか使えず、下画面にストックしたりもできない。なお、他のパワーアップと重複することができる(ただし、ファイアやブーメランの使用、地蔵状態は不可)。ダメージを受けると解除される。なお、かぶった状態でゴールすると1UPする。
ハテナボックス
外見はハテナブロックとまるで変わらない(ただししっぽなどで叩いても何も出ない)。かぶっている限り、半永久的にコインを得られるようになる。コインはマリオが動けば動くほど多く手に入る。持ち越し及びストック不可、他のパワーアップとの重複可という性質はプロペラボックスと同じ。ダメージを受けると解除される。なお、かぶった状態でゴールすると1UPする。
無敵このは
同じコースで5回ミスすると出現するアシストブロックを叩くと手に入る。取るとしろタヌキマリオに変身する。
パタパタの羽(※)
同じコースで10回ミスすると出現するアシストブロックを叩くか、特定のミステリーボックスで手に入る。取ると自動的にストックされ、使用する(ミステリーボックスやキノピオの家では使用できない)とゴール地点の手前までワープする(8-城ではかごの有る部屋にワープする。8-クッパ城では扉の前にワープし、クッパ戦に入ってから使用するとゴール前までワープする)。ただし「ストックの優先順位は最も低いスーパーキノコ以外は同等」なので、スーパーマリオより上の状態でスーパーキノコより上のアイテムを取ると上書きされてしまう。また、クリアタイムも記録されない。『スーパーマリオブラザーズ3』の同名のアイテムとは効果が異なる。
コイン
100枚集まると1UPする。
スターメダル
各コースに3つずつ存在するメダル。ミステリーボックスで制限時間内に敵を全滅させることでも入手可能。一部のコースには、スターメダルが一定数無いと入ることができない。1度取ると半透明になり、取るとコイン3枚分手に入る。
1UPキノコ
取ると残り人数が1人増える。
地蔵このは(※)
スペシャルステージのみ登場。取ると地蔵マリオにも変身できる特別なタヌキマリオに変身できる。
どくキノコ
スペシャルステージと一部のミステリーボックスに登場する紫色のキノコ。取るとマリオが一段階パワーダウンする(ちびマリオ状態ならミスになる)。ある程度マリオを追尾してくる(単に置いてあるものは動かない)。ファイアボールなどの攻撃で消滅させることができる。無敵マリオの場合は体当たりすると消え、敵カウントに含まれる。
プラス時計
取ると残りタイムが増える。2種類存在し、青がプラス10カウントで、緑がプラス100カウント。スペシャルステージにある残り30カウントで始まるコースには多く出現し、これを取りながら進むことになる。

仕掛け[ソースを編集]

ハテナブロック
「?」が描かれた、中に何かが入っているブロック。今作では、横長(3ブロック分)で多くのアイテムを得られるハテナブロックも登場。
レンガブロック
レンガでできたブロック。マリオ以上なら壊すことができる。中身が入っているものも存在し、これは壊れない。
カラブロック
ハテナブロック等からコインまたはアイテムが出た後の茶色のブロック。足場にできるが大きい状態で叩いても壊れない。
10コインブロック
外見はレンガブロックまたはハテナブロックと同じ。連続で叩くとコインがどんどん手に入る。今作では速く叩いても最大10枚しか出ない(コース内のミステリーボックスに設置されているものの一部は無限に手に入る)。なお、横長のブロック(外見はハテナブロック)も存在し、最大で30枚手に入る。
隠しブロック
何もない空間に設置されていることがある。叩くとコインやアイテムが出現する。
パタブロック
羽が生えており、空を飛ぶハテナブロック。足場として用いる場面も多い。
ルーレットブロック
パワーアップアイテムがルーレット状に切り替わって表示されるブロックで、叩いたときに表示されていたアイテムを手に入れられる。
パタルーレットブロック
羽が付いたルーレットブロック。同じコースで数回ミスすると出現する。
アシストブロック
プレイしているコースで5回、あるいは10回ミスをすると現れる。ブロックを叩くと、「無敵このは」や「パタパタの羽」が出てくる。上記のパタルーレットブロックも含め、スペシャルステージに入ると、以降は何度ミスしても出現しなくなる。
ビックリブロック
叩くたびに足場となるブロックが出現していくブロック。巨大なものもある。出現したブロックは時間が経つと消えていってしまう。
ムーブブロック
矢印が書かれたブロックで、叩いた回数分だけ矢印の方向に移動していく。
ちくわブロック
乗ると落下してしまうブロック。『3』では一定時間乗ると落下していたが、今作では一瞬でも乗ったら落下する。落下したちくわブロックは一定時間が経つと消滅するが、しばらくすると復活する。
音符ブロック
音符が書かれたブロックで、乗ると弾んで高くジャンプできる。
スーパー音符ブロック
七色に光る音符ブロックで、乗ると大ジャンプしてボーナスステージに行くことができる。1度ボーナスステージに行くと消滅する。
レッドブルーパネル
スーパーマリオギャラクシー2』にも登場した仕掛け。マリオがジャンプするたびに赤のパネルと青のパネルが切り替わる。
パタンパネル
「!」マークが付いたパネルで、上に乗ると次々に足場となるパネルが展開されていく。時間が経つとパネルは折りたたまれていく。展開や折りたたみの速さはコースによって異なる。
シーソートロッコ
前後に矢印がついたトロッコ。レールにそって移動する。マリオの立ち位置によって進行方向が変化する。マリオが乗っていないとき(空中にいるときなど)は停止する。
ワープボックス
「!」マークのボックスで、入ると別の位置にある対応したワープボックスのところにワープできる。一方通行のワープボックス(出てくる際にボックスが消滅する)もある。スペシャルステージの5-5など、ループになっているものもあり、正解のボックスに入るとチャイムが鳴り、間違ったボックスに入るとテレサの声がする。
ミステリーボックス
コース上に設置されていることもある。中に入るとアイテムなどが手に入れられる空間にワープできる。ルールはマップ上のものと同じ。10秒経つと元の場所に戻り消滅する。なお、ミステリーボックス内ではタイムは減らない。
看板
コース上に設置されているイラスト看板。デザインはクリボー、1UPキノコ、土管の3種類がある。触れるだけでは何も起こらないが、あらゆる攻撃で破壊でき、壊すと何かが起きるものもある。
木箱
中に様々なものが入っている。レンガブロックと違い、ちびマリオでも壊せるほか、ファイアボールや幅跳びでの体当たりでも破壊可能。
草・花・わたげ
アイテムが隠れていることがある。草と花はファイアボールで燃やすこともでき、画面内のわたげは3DSのマイクに息を吹きかけることで散らすことができる。
一番上まで登るとアイテムが出現することがある。
ヒップドロップで打ちこむと、アイテムが出現することがある。1回打ちと2回打ちの2種類あるが、タヌキマリオの地蔵状態では2回打ちも1回で打ち込むことができる。
小石
触れると自動的に蹴り上げ、地面に落ちると砕ける。中からコインが出てくることもある。敵にぶつければ倒すことも可能で、土管の中に入れると1UPキノコが出現する。金色のものは3回以上蹴り上げると砕ける。
赤リング
通過すると数枚の赤コインが出現し、消える前に全て集めるとパワーアップアイテム(パワーアップ状態の時は1UPキノコ)がもらえる。
望遠鏡
ニンテンドー3DS本体(またはスライドパッド)を傾けて動かし、遠くにあるものを探せる。ステージによってはキノピオが映ることがあり、拡大するとアイテムやスターメダルをくれるか、歩いて隠しルートなどを案内してくれる。
大砲
ニンテンドー3DS本体(スライドパッド)を傾けて動かす大砲。中に入り、Aボタンで発射する。
中間ポイント
今作でも『スーパーマリオギャラクシー2』のように、3Dマリオながら中間ポイントが存在する。ちびマリオのときに通過すると、マリオになる。
松明
ほとんどの松明には火がついているが、一部は消えている松明もあり、ファイアボールで火をつけることで何かが起きる。消えている松明が周辺に複数ある場合は、全ての松明に火をつける必要がある。あるコースでは、火を灯すと、『ゼルダの伝説シリーズ』でおなじみの謎解きの効果音が鳴る。なお、松明の火に触れるとダメージを受ける。
しっぽハンドル
タヌキマリオ(キツネルイージ)のしっぽを振ると回すことができ、足場が上昇する。回した後放っておくと逆回転し、足場が下降して元の場所に戻る。
Pスイッチ
今作では平らな形状で、踏むと次々コインが出現したり、音符が出現したりする。音符が出現した場合、すべて集めると1UPキノコが出現する(ちびマリオの時はアイテムが出現)。

スタッフ[ソースを編集]

  • エグゼクティブプロデューサー - 岩田聡
  • ジェネラルプロデューサー - 宮本茂手塚卓志
  • プロデューサー - 小泉歓晃
  • ディレクター - 林田宏一
  • プランニング - 辻村大介
  • デザインディレクター - 元倉健太
  • レベルデザインリード - 白井太
  • フィールドデザインリード - 米津真
  • キャラクターデザイン - 渡辺大介、吉田陸斗、村田翔
  • エフェクトデザイン - 山口一美
  • プログラムディレクター - 菅原秀行
  • プログラムリード - 青柳範宏
  • プログラムサポート - 古閑直樹、早川毅
  • 音楽 - 早崎あすか横田真人、はまたけし
  • サウンドプログラム・効果音 - 武澤勇矢、郷原繁利、辻勇旗
  • イラストレーション - 中植茂久中野祐輔[9][10]

開発経緯[ソースを編集]

2011年3月に行われたGame Developers Conference(GDC)にて、本作の開発が明らかにされた。『スーパーマリオギャラクシー』及び『スーパーマリオギャラクシー2』と同じチームが開発しているという[11]。2011年6月のE3で映像が公開され[12]、プレイアブル出展された。2011年7月28日、3DS本体の値下げの発表と共に正式タイトルが発表され、その後の2011年9月13日のニンテンドー3DSカンファレンス2011にて発売日が決まった。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]