小泉歓晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モントリオール国際ゲームサミットにて(2007年)

小泉 歓晃(こいずみ よしあき、1968年[1]4月29日 - )は、日本ゲームクリエイター任天堂株式会社企画制作本部副本部長および1-UPスタジオ株式会社取締役。静岡県三島市出身。

略歴[編集]

大阪芸術大学芸術学部映像学科卒。1991年、任天堂に入社。情報開発本部で一貫して『ゼルダの伝説シリーズ』、『マリオシリーズ』に携わる。当初はデザイナーとして活動していたが、次第に演出に関わるようになり、ディレクターを経て、現在はプロデューサーとして開発を指揮している。

2003年清水隆雄とともに東京制作部を設立[2]。以降は東京を制作の拠点として活動している。2013年1-UPスタジオ株式会社取締役を兼任[3]。任天堂情報開発本部東京制作部第二グループマネージャー(プロデューサー)を経て、2015年9月16日付で新設された同社企画制作本部副本部長に就任[4]2017年発売のNintendo Switch総合プロデューサーを担当[5]。Nintendo Switch総合プロデューサーに選ばれた時は歓迎した[6]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エンタミクス 2017年3月号』 KADOKAWA、117頁。NintendoがSwitchを造った理由
  2. ^ 『東京制作部 スタッフインタビュー』 N.O.M 2004年7月号
  3. ^ 1-UP STUDIO INC. 会社概要
  4. ^ 「人事、任天堂」日本経済新聞2015/9/15
  5. ^ a b ニンテンドースイッチの要はコントローラー「Joy-Con」、プレゼンテーション 2017で詳細発表!”. ASCII.jp. 2017年1月15日閲覧。
  6. ^ 『エンタミクス 2017年3月号』 KADOKAWA、115頁。NintendoがSwitchを造った理由

関連記事[編集]

外部リンク[編集]