バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D
Resident Evil: The Mercenaries 3D
ジャンル サバイバルアクション
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 トーセ
発売元 カプコン
人数 1人(協力プレイ時2人)
メディア 3DSカード、ダウンロード
発売日 日本の旗 2011年6月2日
アメリカ合衆国の旗 2011年6月28日
オーストラリアの旗 2011年6月30日
欧州連合の旗 2011年7月1日
日本の旗 2012年12月13日(廉価版)
日本の旗 2012年12月27日(DL版)
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
エンジン MT FRAMEWORK Mobile
売上本数 約11.2万本[1]
テンプレートを表示

バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D』(バイオハザード ザ・マーセナリーズ スリーディー、BIOHAZARD THE MERCENARIES 3D)は、2011年6月2日カプコンより発売されたニンテンドー3DSゲームソフト

概要[編集]

バイオハザードシリーズのボーナスモード「THE MERCENARIES」に特化し、スキルのカスタマイズなどの新要素を追加した上で単独ソフト化したもの。2010年9月の任天堂カンファレンス2010で発表された[2]。CMソングは黒夢アロン』。セーブデータは一つのみで、初期化が不可能の仕様となっている。

後発となる『バイオハザード リベレーションズ』のパイロットバージョン(体験版)が収録されている。

2012年12月に廉価版およびダウンロード版が発売。セーブデータの初期化が可能となっている一方で『バイオハザード リベレーションズ』パイロットバージョンは削除されている。

システム[編集]

骨子となるシステムは『バイオハザード5』におけるマーセナリーズのものを流用しており、一定秒数以内に次の敵を倒してコンボを繋いでいくことに加え、体術で敵に止めを刺すことで残りタイムを増やしながらスコアを稼いでいくゲーム性となっている。『5』同様、co-op(オンラインおよびローカル)に対応している。

  • スキル
約30種類のスキルから各キャラクター3つを選択して装備し、クリティカル率アップやダメージの軽減などの効果を得ることが出来る。
スキルは、ミッションクリア時に得られるスキルポイントを用いてレベルアップさせることで効果を上げられる。

登場キャラクター[編集]

武器はハンドガン/M92F、ショットガン/M37、ライフル/S75。
体術はバイオハザード5のマーセナリーズと同じ、豪腕を活かした殴り技を主体にしている。
武器はマシンガン/SG556、ナイフ、ショットガン/M3。
体術はバイオハザード5のマーセナリーズと同じ、柔軟かつ華麗な足技で戦う。
武器はマシンガン/MP5、グレネードランチャー(炸裂)。
体術は格闘術のほか、催涙スプレーやスタンガンといったサブウェポンも使用する。
武器はハンドガン/マチルダ、グレネードランチャー(電撃)、ライフル/PSG-1
体術は足技を得意とし、兄仕込みの拳打によるコンビネーションパンチも駆使する。
武器はハンドガン/P8、グレネードランチャー(閃光)、マシンガン/AK74。
体術は暗器を用いた暗殺術を主体とし、ダウンした敵に対しては、通常装備とはまた別のハンドガン(無限弾)をも使用する。
  • バリー・バートン(声:Jamieson Price)
武器はハンドガン/サムライエッジ、マグナム/M500、ライフル/ドラグノフ。
体術はプロレスを彷彿させる荒技が多く、ダウンした敵に対しては、通常装備とはまた別のマグナム(無限弾)をも使用する。
武器はアーチェリー、ナイフ、ロケットランチャー。
体術は蹴り技を主体とし、ナイフを使ったアクションもある。
武器はハンドガン/サムライエッジ、マグナム/L.ホーク、ショットガン/ハイドラ。
体術は強力な掌打を主体とし、足技も使った幅広い戦いをする。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エンターブレインの浜村弘一氏が講演“ゲーム産業の現状と展望<2011年秋季>”を開催”. ファミ通.com (2011年10月8日). 2011年10月8日閲覧。
  2. ^ 『ロックマンDASH3 PROJECT』が始動! カプコンの3DS向けタイトルを一挙公開”. 電撃オンライン (2010年9月29日). 2011年5月3日閲覧。
  3. ^ エンディングクレジット表記より。フルネームは「Patricia Ja Lee」。

関連項目[編集]

  • 鈴木史朗 - シリーズのファンであり、本作公式サイトのムービー「鈴木史朗塾長の熱血!マーセ塾」に出演。『週刊ファミ通』においても当作品BSAA特別顧問として参加している。

外部リンク[編集]