BIOHAZARD GAIDEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

BIOHAZARD GAIDEN』(バイオハザードがいでん)は2002年3月29日カプコンが販売したゲームボーイカラー専用のホラーアドベンチャーゲーム。開発はM4 Ltd.(イギリス)。

概要[編集]

『バイオハザードシリーズ』としては初の任天堂ハードから発売された。同シリーズの外伝作品である。

ゲームボーイカラーというプラットフォームによる制約から、画面は2Dマップ見下ろし型となっており、従来のシリーズ作品とはプレイ感覚は異なる。そのマップの方式から一見すると『スウィートホーム』のようなホラーテイストのRPG系のタイトルを連想させるという評論家筋の分析があるが、戦闘システムが独特の形式をとっており、戦闘時は一人称視点(FPS)となり画面の表示に合わせてボタンをタイミングよく押すことにより敵を倒していく。2Dゲームの枠内で一種のリアルタイム性を狙ったものであり、この戦闘システムからシューティングゲームの一種とも言われている。難しい漢字はカタカナ表記になっている[1]

概説[編集]

ゲーム開始時、プレイヤーはバリーを操作し、ゲームの展開によってレオンと一時交代しつつ進行していく。

エンディングにて、レオン、バリーと、STARLIGHT号の生き残りであるルシアの3名が船からの脱出に成功するが、無線機で無事を報告するレオンの切り傷から、緑色の血が流れていた(アップで強調されている)。このレオンの血の色については、後のシリーズ作品で説明されていない。

バイオハザード CODE:Veronica 完全版』の限定版特典『ウェスカーズリポート』では、レオンは反アンブレラを掲げる地下組織の一員となったと本作での繋がりが示唆されるが、後に『バイオハザード HDリマスター』の特典で再収録された際はカットされており、レオンはラクーン事件後、政府の闇に身を置いたことになっている。

ストーリー[編集]

元S.T.A.R.S.隊員やアンブレラ薬品からの脱走者が、アンブレラに対抗する地下組織を結成した。バリー・バートン、レオン・S・ケネディもその地下組織に参加している。

他人に擬態する能力を持った新型B.O.W.が豪華客船STARLIGHT号に乗り込んだことから、最初にレオンが抹殺任務を帯びて同船に潜入する。しかしレオンからの連絡が途絶えたことで次にバリー・バートンが派遣されることとなった。

キャラクター[編集]

レオン・S・ケネディ(Leon S.Kennedy)
21歳。地下組織のメンバー。威張ることがあるが、ユーモアにあふれているため仲間からは人気がある。水泳が苦手。
バリー・バートン(Barry Burton)
38歳。元S.T.A.R.S隊員。地下組織での武器の管理を担当している。
ルシア(Lucia)
13歳。STARLIGHT号唯一の生き残り。読心術のような特殊な力を持っている。
新型B.O.W.
任務のターゲットとなる存在。他人に擬態する能力を持つ。普段は衣服を身につけておらず、腹部から多数の触手を出す。潜水艦の外殻を打ち破るパワーを誇る。正式な名前は明らかにされておらず、ゲーム内ではB.O.W.やオオオトコと呼ばれる。物語中盤に、人間との判別方法として血液が緑色であることが明らかになる。

評価[編集]

専門書籍によると、海外のメーカーが開発したものを逆輸入した作品で、キャラクターも何もかもが本家シリーズと違うため、バイオハザードファンには非常に違和感がある、とされている。黒を基調とした画面に、敵ゾンビには影までついているので、非常に見づらいという声もある。レオンを始めとした登場人物のキャラクター崩壊などもあって、バイオハザードシリーズとしての評価は低い[2]。ゲーム評論界隈では「オリジナルタイトルとして見れば決して悪いゲームではないので、タイトルが『バイオハザード』でなかったら、と思わずにはいられない」と残念がる声もある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社QBQ編 『ゲームボーイクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。ISBN 9784865117790 p94-95
  2. ^ M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、19ページ