ハンク (バイオハザードシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハンク (HUNK) は、カプコンのゲーム『バイオハザードシリーズ』に登場する架空の人物。このうち『バイオハザード2』(『2』)、『バイオハザード4』(『4』)、『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』(『UC』)、『バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ』(『DC』)、『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』(『OR』)に登場する。『バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D』(『M3D』)、『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』(『RV UE』)、『バイオハザード リベレーションズ2』(『RV2』)『バイオハザード RE:2』(『RE:2』)には操作キャラクターとして、『バイオハザード3 LAST ESCAPE』(『3』)にはエピローグの1枚絵でそれぞれ登場。『バイオハザード CODE:Veronica』(『CV』)にはファイルに名前のみ登場する。 アンブレラ特殊工作部隊 (U.S.S.) アルファチームに所属しており、通称は「死神」「マスター」[1]声優は『UC』以降の作品をキース・シルバースタインが、『OR』『RV』での日本語吹き替えはてらそままさきが担当。

本項目は彼の派生キャラクターであるレディハンク (LADY HUNK)についても記述する。日本語吹き替えは『RV UE』で世戸さおり、『RV2』では品田美穂が担当。

概要[編集]

年齢・血液型・身長・体重などのプロフィールは不明。男性であることしか明らかになっておらず、「ハンク」も本名ではなくコードネームである[2]

黒中心の戦闘服にガスマスクと戦闘用ヘルメットを着用しており、肌は一切見えない。素顔は『3』を高難易度で8回クリアするか、『UC』のハンクのシナリオ「The 4th survivor」をクリアするかのどちらかで見られる。ただし、前者のほうが明瞭に見え、茶髪で短髪であることがよくわかる(後者は一瞬しか確認できず、直接見えるわけではない)。また、『バイオハザード アウトブレイク ファイル2』には操作できないもののキャラクターデータが存在しており、こちらでの素顔は短い銀髪となっている。

任務遂行を最優先する冷徹な性格であり、『UC』では救援要請の無線に対して「ここは戦場だ…運命は自ら切り開け…」と言い放っている。また、B.O.W.や想定外のクリーチャーの脅威を前にしても、ゾンビの大群に囲まれたDJが発狂するラジオ放送を聴いても、動揺せずひたすら任務遂行だけを求めて暗躍している。さらに、『RE:2』ではウィリアム・バーキンからG-ウィルスを奪取する際に彼を生け捕りにして連れてくるよう本社から命令されていたが、要求に応じなかった彼を他の隊員が不用意に銃撃したことについては強くいさめており、やむを得ない事情で射殺した旨を本社に報告するなど、いかなる状況においても冷静さを失わず、無闇に攻撃を行わず、無用な戦いを極力避けて行動する様子も見せている。

一方、『2』の隠しシナリオ「The 豆腐 Survivor」のエンディングでは、ヘリコプター内で豆腐を切り取って湯豆腐にして食べる姿も描かれており、そばにはポン酢らしき瓶まで用意されているというコミカルな面も描かれている。

ストーリー[編集]

バイオハザード2 「the 4th survivor」[編集]

隠しシナリオである「the 4th survivor」(「t4s」)はハンクを中心としたものであり、このシナリオにはこれといったボスは存在しない。G-ウィルス回収のために派遣されたアルファチームは、ウィリアム・バーキンを襲撃してサンプルの回収に成功する。しかし、隠し持っていたG-ウィルスを自らに投与してクリーチャー「G」と化したバーキンに逆襲され、ハンク以外の全隊員が惨殺されると共にサンプルも失われてしまった。その後は任務遂行のために奔走し、サンプルの回収に成功すると、ラクーンシティ警察署の屋上からヘリコプターで脱出して生還した[1]。また、『UC』では「ナイトホーク」と呼ばれるヘリのパイロットに回収されており、その口調から彼とは知人であることがわかる。

バイオハザード CODE:Veronica[編集]

本編への登場は無く、ファイルに名前のみ登場し、劇中より2年前(1996年)にロックフォート島で訓練していた[1]ことが判明する。また、訓練所の所長であるアルフレッド・アシュフォードには多少なりと敬意を払っていた様子。

バイオハザード4[編集]

当初は本編に登場する予定だったがボツになり、ミニゲーム「THE MERCENARIES」のみの登場となった。体術は敵の首をへし折る「処刑」(即死)と膝で蹴り上げるようなモーションの「蹴り」で、処刑は体術が可能な敵を一撃で倒す。

オペレーション・ラクーンシティ[編集]

キーパーソンとして登場し、大まかな行動は『2』と同じだが、本作ではアルファチームのリーダーという描写になっている。また、主人公たち「ウルフパック」の隊員の1人、ベクターの師匠である。能力や技術が自分より劣ると感じた者には冷酷に接するようだが、本編ではウィリアム・バーキンがGと化した後には身を挺して主人公たちを脱出させており、自身はG-ウィルス回収のために研究所に残っている。「HERO MODE」では操作キャラクターの1人で、偵察兵と通信兵を合わせた優れた能力を持ったキャラクターとなっている。

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション[編集]

ミニゲーム「レイドモード」のみに登場。体術はナイフによる刺突。

バイオハザード リベレーションズ2[編集]

前作の『RV UE』に続き、今回も「レイドモード」のみに登場。体術は前作同様のナイフによる刺突。また、倒れている敵への追い打ちは『M3D』での体術「トリプルタップ」となっている。アクティブスキルの「クローキング」は、姿が見えなくなって敵に気づかれなくなる。

バイオハザード RE:2[編集]

おおむねは『2』と同じ展開だが、最初の回収地点である警察署正門が封鎖されて迂回せざるを得なくなったため、タイムリミットが迫って「ナイトホーク」の催促を受けた際には、彼に「ここは戦場だ、運命は自ら切り開け」と逆に脱出を促す。

最後は警察署を突破し、「死神に会いたくなった」と戻ってきたナイトホークに回収される。また、『t4s』ではハンク以外のUSS隊員は全滅だったが、『RE:2』のIFストーリーではハンク以外にゴーストという隊員が生存し、サンプルを回収してケーブルカーまで到達したところでエイダ・ウォンによって暗殺される。(描写不十分の為死亡したかどうかは不明)

主な使用武器[編集]

  • H&K VP70(『2』『UC』) - 『2』ではハンドガン、『UC』ではマチルダの名称で登場。3点バーストを採用しているため、高火力である。レオン・S・ケネディの愛銃でもあり、「The 4th Survivor」で使用する。
  • レミントンM1100-P(『2』) - ショットガンの名称で登場。同じく「The 4th Survivor」で使用する。
  • デザートイーグル.50AE(『2』『RV UE』) - マグナムの名称で登場。さまざまな人物が所持しているほか、同じく「The 4th Survivor」で使用する。『RV』でのゲスト出演でも使用する。『re2』ではライトニングホークの名称で登場し使用する。
  • ステアーTMP(『4』『UC』) - マシンピストルの名称で登場。『4』の「THE MERCENARIES」ではエイダのものと異なり、ストックと一体化された特別仕様となっている。
  • 手榴弾(『4』) - 「THE MERCENARIES」で使用。初期装備でもある。敵を倒して入手することもできる。
  • H&KMP5『re2』-LE5'"の名称で登場し「The 4th Surviver」で使用ダットサイトが装着されている

また『re2』本編では隠し武器として登場し弾数は無限だがこちらは無限では無い

レディハンク[編集]

ハンクに酷似した装備に身を包んだ少女。未使用のまま飾られていたイラストに開発スタッフがゲーム参戦を提案したことから、命名された。

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション(レディハンク)[編集]

初登場作品。ハンクのDLCコスチュームとして追加された「レイドモード」専用キャラクター。体術として、トラースキックのような蹴り上げを用いる。

ミッション達成時に涙声で安堵したり無邪気に喜ぶなど、幼さの抜けていない言動や仕草が目立つが、全プレイアブルキャラクター中、最もマグナムが得意という脅威の技能を持つ。

バイオハザード リベレーションズ2(レディハンク)[編集]

本編の登場人物であるジーナ・フォリーのコスチュームバリエーションとして登場している。そのため、『RV UE』とは演じる声優が異なる他、性能や性格もジーナ準拠に変更されている。

主な使用武器(レディハンク)[編集]

  • グロック18 - 『RV UE』のキャラ紹介画像で左手にナイフを構えた格好で装備。
  • RPG-7 - 『RV2』のキャラ紹介に肩に乗せた姿を公開。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 用語事典「ハンク」 - バイオハザード リコレクションズ
  2. ^ このため、他の人物はChrisのように大文字+小文字で表記されるのに対し、ハンクは常時大文字だけで表記される。