ジル・バレンタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジル・バレンタイン[1]Jill Valentine)は、カプコンのゲーム『バイオハザード』シリーズに登場する架空の女性。

登場作品
バイオハザード (以降、『1』)
バイオハザード3 LAST ESCAPE (以降、『3』)
バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ (以降、『UC』)
バイオハザード5 (以降、『5』)
バイオハザード リベレーションズ (以降、『RV』)
バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ (以降、『OR』)

キャラクター[編集]

公式プロフィール[編集]

基本設定[編集]

『1』ではラクーンシティ警察署管轄下の特殊部隊「S.T.A.R.S.」アルファチームに所属しており、同チームでは紅一点で最年少。チーム内のポジションはRS(リア・セキュリティ)で、主に後方の援護を担当している。若くしてデルタフォースの訓練プログラムを修了したうえ、爆発物処理などの特殊技能を有しており、科学知識も豊富である。また、手先が器用で、簡単な鍵ならキーピックで解錠できる技術を持っている。趣味のピアノも上手で、『1』では「月光」を弾いた。

性格は『1』では男勝りで気分屋、『1』リメイク版では知的な大人の女性、『3』では『1』での性格に加えてやや直情傾向な一面も持っており、ガスボンベを利用して追跡者を気絶させたときはカルロスに呆れられた。それ以降の作品では、年齢相応の落ち着いた性格で推移している。

ジルが登場しない『2』では主人公たちのコメントから、若い男性と一緒に写った写真を確認できるが、それがどのような人物なのかは不明。

T-ウイルスに対して完全な抗体を持っているため、ゾンビなどと接触したり、攻撃を受けてもゾンビ化することがない。ただし、『3』で追跡者によって高濃度のT-ウイルスを直接感染させられた際には、ゾンビ化を懸念している(詳細は#『バイオハザード3』を参照)。

映画版に登場する原作由来のキャラクターでは、性格がかなり男勝りであるなど、最も原作とのギャップが少ない。また、原作では喫煙者かは不明だが、映画では喫煙者という設定になっている。

容姿[編集]

容姿端麗、グラマラスな体型。『1』のイメージイラストではショートヘアに見えるが、キャラクター選択画面や実写映像ではロングヘアである。ゲームでもよく見ると帽子で髪をまとめているのがわかる。『3』でショートヘアに変更され、『1』リメイク版では最初からショートヘアだったことになっている。『5』と『RV』ではポニーテール。『5』で行方不明になるまでは黒味がかった茶髪であり、その後は後述の通り金髪になっている。

衣装[編集]

『1』では「S.T.A.R.S.」の制服を着ており、頭には青い帽子を被っている。
『3』ではぴったりとしたシャツ、ウエストに巻いた無地の白いスウェットシャツ、短いタイトスカート、ブーツを着用している[2] 。この衣装は『1』のGC版リメイクおよびHDリマスター版では「カジュアルコスチューム」という名前で二週目クリア特典として登場する。
『RV』では身体にフィットしたウェットスーツを着ている。
『5』では上半身は青いシャツ、下半身はクリーム色のズボンを着用、青いキャップ帽子を被っている。

ゲーム上の特徴[編集]

『1』ではクリスより体力が低く(体力が万全な状態でもゾンビに3〜5回噛まれると死亡する)、銃を構えてから発射までの速度も遅いため、総じて身体能力が低い。ケルベロスやハンターといったスピードが速い敵には不利である。だが、クリスより多くアイテムを持てる(クリスは6個、ジルは8個)ことや、鍵の所有でアイテムブロックを消費してしまうクリスより元からキーピックを使えるため、アイテム運用面で有利となっている。また、クリス編には登場しないグレネードランチャーを使えるため、ボス戦は比較的簡単。

なお、リメイク版や『UC』ではスタンガンを所持。『UC』では、カウンターとして抱きついてきたゾンビにスタンガンを浴びせた後、蹴り飛ばす。

『5』では体術のほとんどがジャンプからの足技であり、その中でも「両膝落とし」は、ほとんどのマジニを一撃で倒すことが可能。状況によっては複数のマジニを同時に倒せるため、ジルを操作する上ではとても重用される技である。

『MVC2』では自ら攻撃する技の他に、一部必殺技やハイパーコンボで『バイオハザード』シリーズでの敵であるクリーチャーが乱入してくる。また、アシストタイプの1つにプレイヤーキャラの体力ゲージを回復させるものが存在するキャラクターの1人でもあり、『バイオハザード』シリーズでの回復アイテムであるハーブを差し出す。

『MVC3』では技が一新され、『5』における体術攻撃をメインに戦う。前作に比べてスピード重視となり、素早い動きが可能だが、ハイパーコンボでマシンガンを使用する以外は、飛び道具系の技をほとんど持っていないため、全体的に技のリーチが短く、攻撃力も低い。

ナイフの持ち方は、作品によって大きく異なる。『1』と『3』では逆手で、GC版『1』では順手で振り下ろし、『5』『RV』では突き刺すように使う。

劇中での活躍[編集]

『バイオハザード』[編集]

ラクーンシティ近郊で発生している猟奇殺人事件の調査に向かったブラヴォーチームが消息を絶ったため、彼らの捜索へ出発した際に洋館事件に巻き込まれ、クリス・レッドフィールドが主人公だった場合は、洋館に辿り着いた後に鳴り響いた銃声の正体を彼が確かめに行った後、共に待機していた隊長のアルバート・ウェスカーによって拘束、地下牢へ軟禁されるが(『UC』ではクリスと行動を共にしている)、最終的にはチームメイトのクリス・レッドフィールドバリー・バートン、ブラッド・ヴィッカーズ、ブラヴォーチーム唯一の生存者であるレベッカ・チェンバースと共に生還する。

『バイオハザード3』[編集]

洋館事件の舞台となったアークレイ研究所でアンブレラが行っていた非道な生物兵器開発の事実や、S.T.A.R.S.隊長のアルバート・ウェスカーがアンブレラのスパイであることを報告するが、アンブレラとつながっていた上司や、立ち向かう勇気がなかった周囲にはまったく同意してもらえず、途方に暮れていた。しかし、クリスが1人でアンブレラを調査していることを知り、彼とバリーの3人でアンブレラと戦うことを決意する。その後、アンブレラを調査するためにヨーロッパへ向かったクリスやバリーとは後で合流する約束を交わして自分は残り、アンブレラの研究施設を探り始めたが、それが元でラクーンシティのバイオハザードに巻き込まれ、脱出を決意する。

脱出を目指す中で出会ったアンブレラ私設部隊「U.B.C.S」隊員のカルロス・オリヴェイラのことを最初は怪しむが、彼の態度を見て信用するようになり、共に行動する。しかし、まもなくアンブレラの送り込んだクリーチャー「追跡者」によって高濃度のT-ウィルスを直接感染させられ、一時はゾンビ化を覚悟して止めをカルロスに依頼する。カルロスが病院へ出向いて精製したワクチンを投与してくれたことで回復した後には追跡者による何度もの襲撃に何とか対処して逃げ延び、最終的にはレールキャノン「パラケルススの魔剣」で撃破する。まもなく、救出に来たバリーのヘリコプターへカルロス共々乗り込み、脱出を果たした。

その後はクリスの潜伏先へ向かうが、そこには誰もいなかった。クリスが妹のクレア・レッドフィールドを救出するためにロックフォート島へ出発した後であることはジルには知る由も無かったが、床に残されていたナイフを見てクリスの生存を信じ、その場から立ち去る。

『アンブレラ・クロニクルズ』アンブレラ終焉[編集]

ラクーンシティ壊滅から5年後の2003年。経緯は語られていないが、クリスとは何とか合流できたらしく、2人でロシア政府が編成した対バイオハザード私設部隊に参加し、ロシアのアンブレラ施設に潜入、アンブレラの最後の希望とも言える生物兵器「T-A.L.O.S」を倒す。

『バイオハザード リベレーションズ』[編集]

先述の対バイオハザード私設部隊を再編成したNGO「B.S.A.A.」の一員として登場。今回はテロ組織「ヴェルトロ」の捜索に向かったクリスとは離れ、新たにアメリカの組織「FBC」から移籍してきたパーカー・ルチアーニをパートナーとしている。

2005年、地中海の「テラグリジア」跡に面した海岸でパーカーと共に海岸に漂着した多数の肉塊を調査していた時、二人に同行していた当時のB.S.A.A.代表クライヴ・R・オブライエンから指令を受ける。それは2004年に壊滅したが、謎の復活を果たしたとされるヴェルトロの捜索に向かったクリスと、そのパートナーのジェシカ・シェラワットが北欧の雪山で消息を断ったため、彼らが最後に残した通信リンクを頼りに捜索することだった。目的地は北欧ではなく地中海だったため、辿り着いた無人のゴーストシップと化した豪華客船「クイーン・ゼノビア」で調査を始め、そこで新たなる異形の怪物「ウーズ」らに襲撃されつつも、施錠された個室にクリスと思われる男性の姿を発見した。しかしそれはクリスに偽装されたマネキンであり、同時に壁に貼られたヴェルトロの紋章を確認した直後、謎のガスマスクの男によって催眠ガスで昏倒させられ、意識を失ってしまった。

その後、罠に嵌められ、一時的に離れ離れになってしまったが、パーカーと何とか合流を果たし、昏倒と同時に奪われた装備も取り戻したことで調査を再開し、一旦、状況を報告すべく通信手段を探そうとする。しかし各所の通信機器は破壊されていたために難航し、道中でFBC時代のパーカーの後輩だったレイモンド・ベスターと出会うが、彼の行動に若干ながら疑問を抱く。その後、配信されていたヴェルトロの犯行声明動画で新たなウィルス「t-Abyss」の存在を知り捜査を開始し、動力停止したゼノビアの船底へ向かう。そこで浸水する船底に閉じ込められそうになるも、辛くも逃れ沈没を阻止させ、何とか動力の再起動を果たし、通信手段も確保できたことで本部のオブライエンと連絡を取ると、驚愕の事実を突き付けられる。

その事実とは、実際にはクリスたちは失踪しておらず、逆にジルたちの方が失踪扱いとなっていたこと、ゼノビアの位置を捕捉したFBC長官モルガン・ランズディールの手により太陽光集積システム衛星「レギア・ソリス」が再起動させられ、ゼノビアを沈めようと画策していることだった。クエント・ケッチャムの機転により、UAVを用いてレギア・ソリスの照準をずらすことで二度目の沈没の危機を回避したが、ゼノビアに向かうクリスたちとの合流地点に向かう道中、彼女たちを昏倒させたガスマスクの男の正体が、実はレイモンドだったことが露見し、そもそもヴェルトロの復活自体が捏造であったことを悟る(具体的な理由を知ったのはゼノビアを脱出した後のオブライエンとの通信から)。その後、ようやく合流したクリスと改めてコンビを組み、パーカーとジェシカのコンビとは別れ、クリスが「クイーン・セミラミス」で得た情報を頼りに研究施設へ向かい、捜査を開始する。そこで「テラグリジア・パニック」から続いた一連の事件の黒幕はモルガンだったことを知り、格納されていた大量のt-Abyssの中和には成功したものの、モルガンの逮捕に繋がる確実な証拠は見つからなかった。最終的にジェシカの裏切りとパーカーの犠牲(実際にはレイモンドと共に生存)、巨大な寄生虫型B.O.W.マラコーダの襲撃を経て、沈没するゼノビアから脱出し、それでも諦めず新たな情報を頼りにモルガンを追い詰めるべく、2004年にテラグリジアと共に沈められた「クイーン・ディード」へ潜入する。そこでt-Abyssの力で怪物化し、一年もの期間を生き延びていたヴェルトロ首領ジャック・ノーマンを倒し、確たる証拠となるモルガンとノーマンの取引映像が収録されていたPDAを奪取することで、ついにモルガンの逮捕へと繋がった。

ジルたちの活躍によりモルガンは失脚、同時にFBCは事実上の解散状態となり、その人材と機能の大部分はB.S.A.A.に吸収され、NGOとして出発したB.S.A.A.は国連管轄の公的機関として格上げされることとなる。それでもジルたちは休むことなく第一線のエージェントとして活動を続けており、『5』の追加エピソード「LOST IN NIGHTMERES」におけるスペンサー邸潜入直前の場面で物語は終わり、『5』に繋がっていく。なお、劇中で彼女はt-Abyssの試作ワクチンを自身に投与することで、ウィルス汚染の脅威から逃れている。そのため、『5』までに自身の肉体に「T」だけでなく「t-Abyss」、二種類のウィルスに対応するワクチンを投与していたことになる。

『バイオハザード5 Lost in Nightmares』[編集]

『RV』での事件の後もクリスと共にB.S.A.A.の「オリジナル・イレブン」の一員として活動していた。しかし、『5』の3年前、クリスと共にスペンサー邸に乗り込んだ時にその場にいたアルバートと戦闘になり、殺されそうになったクリスを庇ってアルバートを道連れに崖から転落する。彼女の捜索は行われたが、アルバート共々遺体は見つからず、公式には死亡扱いとなった。

『バイオハザード5』[編集]

B.S.A.A.の公式では死亡となっていたが、実際は共に落下したアルバートが気絶した彼女を秘密裏に回収しており、トライセルアフリカ支社でしばらくの間冷凍睡眠状態に処されていた。これまでに回収したウィルスに始祖ウィルスを加える研究は、始祖ウィルス側の毒性が強すぎるために難航していたが、彼女にt-ウィルスの抗体が出来上がっていたことが発覚。これは、かつてラクーンシティで感染したt-ウィルスが微量ながら体内で生き残っていた上、冷凍睡眠中の数年間ジルの体内に潜伏していたそれによって、非常に強力なウィルス抗体が生成されるようになっており、それを使うことで始祖ウィルスの毒性が抑えられ、ウロボロスウィルスが完成した。

上記の抗体によりウィルスの実験台には使えないため、実験体としては必要なくなった。しかし、アルバートにとって彼女はクリスと同じく憎悪の対象であり、肉体を強化すると同時に精神を支配する薬物「P30」の長期投薬の実験台にされる。P30の特徴として、被験者の意識を奪うことなく自由意志を支配するという効果があり、これによりアルバートは「バイオテロを憎むジル・バレンタイン」としての意識を保たせながらバイオテロに加担させ、彼女に死よりも辛い苦しみを与えようとする。薬の副作用(身体の色素が白化し、髪の色が茶髪から金髪へと変化した)が出ながらも実験は成功し、精神は完全にアルバート達に操られてしまい、仮面を被ってエクセラ・ギオネに仕える事となる。その後はアルバートやエクセラの走狗としてバイオテロに加担させられ、抑え付けられていた意識は耐え難い苦しみを味わっていた。

薬物の効果によりクリスとシェバを同時に相手してもひけを取らない身体能力を得たが[3]、精神を操作されていたことで、クリスを認識できなくなっていた(意識はあったものの逆らえなかった)。その後、正体が露呈した直後の戦闘で、胸に取り付けられていた投薬装置をクリスたちによって引き剥がされ、自我を完全に取り戻す。クリスたちと別れた直後に起こった激しい戦闘による疲労により気を失ってしまうが、そこへ救助に来たジョッシュと出会い、トライセル施設脱出の最中に通信施設を発見し、クリスたちにアルバートの弱点である薬の事実を伝える。脱出の末、迎えに来たヘリコプターへ乗り込み、アルバートとの最終決戦を迎えていたクリスたちを救助、無事に帰還した。

『バイオハザード リベレーションズ2』[編集]

『5』での帰還後、長い検査の日々を経て現場復帰へのリハビリを始めることをバリーへ宛てた手紙の中で明かしている。その中で、アルバートとの戦いの後でB.S.A.A.で公式に死亡認定を受けた際に、バリーが深い悲しみに暮れていた事、更にモイラとの親子関係を心配していた事、遠回しに自身の復帰祝いをお願いしている事が伺える。

実写映画シリーズ[編集]

『バイオハザードⅡ アポカリプス』[編集]

原作ゲームと同様S.T.A.R.S.の一員で、劇中で登場する新聞記事には「S.T.A.R.S.の星」との文があり、『3』と同じ服装で登場した。物語開始時は自宅謹慎中だったが、バイオハザード発生に伴いラクーンシティからの脱出を目指して行動を起こし、混乱している警察署のゾンビ(ただの暴徒と勘違いされ、逮捕・連行されたもの)を得意の射撃で一掃したり、墓場に出てくるゾンビをアリスと共に体術で撃退させたりと活躍、ラクーンからの脱出にも成功した。

『バイオハザードⅢ』[編集]

映画版には未登場だが小説版にのみ登場する。アンブレラ社の追手からの逃亡中、アリスら仲間達を逃がすための囮となり、アリスらとはぐれてしまったジル・バレンタインは、単身で証拠を集めてアンブレラ社の実態を世界中に伝えようとしたが、T-ウィルス感染が世界へ拡大して文明社会そのものが崩壊したため、徒労に終わってしまう。その後ボルチモアにて、ショッピングモールに立て篭もり水や食料などを独占する武装集団と遭遇したジルは、その周辺の生き残りの人々と協力して武装集団を撃退し、ショッピングモールを奪取する。ジルは役目を終えたとその場を去ろうとするが、生き残った人々から要請され、彼らを束ねるリーダーとなった。

『バイオハザードIV アフターライフ』[編集]

物語終了後、登場していないにも拘らず「Jill Valentine SIENNA GUILLORY」とエンドロールのキャスト一覧に表示された直後、次回作の敵役を示唆させる形で1シーンのみ登場した。その姿は原作『5』と同様に金髪で、胸に特殊なデバイスがついている。また、服装は原作『5』の彼女が身に着けていたバトルスーツに若干のアレンジが加えられている。

『バイオハザードV リトリビューション』[編集]

『Ⅲ』でジルを演じたシエンナ・ギロリーは制作側の意向で降板となり、二代目ジルを演じる新たな女優を選ぶ事を発表した。その後シエンナがゲームシリーズのファンから声援を受けて監督のポール・W・S・アンダーソン、製作プロデューサーの元へ自ら直談判に出向き、再びジルはシエンナが演じることが決定、シエンナ自らがツイッターにて報告した。

アリスと別れた後、アンブレラ社に囚われ、胸にデバイスを取り付けられて洗脳されるなど『5』同様になり、クローンレイン、ワン、カルロスを加えた攻撃部隊の指揮を執る。その後、アリスを拘束し、彼女に拷問を与えるもウェスカーが派遣したアリス救出チームに妨害されてしまい、以降は部隊を引き連れて追跡し、アリスやレオン達と激闘を繰り広げることとなる。終盤では戦力を失いつつも脱出に成功したアリス達の目の前にレインと共に姿を現し、戦う。アリスの首を絞めて追い詰めるも、アリスがリモートコントロールユニットの破壊でレッド・クイーンのリモートコントロールから解放されると、正気を取り戻してレインと戦うアリスを援護、どうにかレインを倒して切り抜け、アリスに加えレオンやエイダ達と生還した。

『バイオハザード: ザ・ファイナル』[編集]

『Ⅲ』と同じく映画版には未登場だが小説版にのみ登場する。小説版では、前作『V』終盤のウェスカーの発言はアリスを“兵器”として利用するための虚偽であったことが判明する。アンデッドの大群はレッドクイーンが差し向けたものではなく、ウェスカーの地位を狙うアンブレラ社の女性幹部「ダニア・カルドザ」(映画版では未登場)が、以前ジルを洗脳していた装置「スカラベ」の量産型をアンデッドらに用いて仕向けたものであった。その大群を率いるカルドザを打倒するため、ウェスカーはアリスを欺き、彼女に投薬したT-ウイルスも一度でもサイコキネシスを発動すれば超人化の効果はなくなってしまう不完全品であった。 ワシントンD.C.ホワイトハウスでカルドザが差し向けるアンデッドの大群と戦う中で、ウェスカーの真意を見抜くアリスら一行であったが、時すでに遅くレオンとエイダはアンデッドの複合融合体「メランジ」と、ジルはウェスカーと戦うも命を落とす。

主な使用武器[編集]

  • サムライエッジ(『1』『3』『RV』『RV2』) - 特注のオリジナルモデル(『RV』は後継モデルのM9A1ベースで作成されたサムライエッジA1)、東京マルイから限定発売された。『RV2』ではゲスト出演したRAIDモードで新仕様のバリーモデルを使用できる。
  • レミントンM870(『1』) - ショットガンの名称で登場、12ゲージ弾薬を使用する。
  • ベネリM3(『1』『5AE』) - M3アサルトショットガンの名称で登場、作中ではポンプアクションでの作動のみだが威力が高い。『5AE』では『Lost in Nightmares』『Desperate Escape』で入手・装備が可能。
  • M4カービン(『3』) - NATO弾基準のアサルトカービン。その他の作品ではH&K G36などのアサルトライフルを使用している。
  • コルト・パイソン(『1』『RV』『RV2』) - .357マグナムリボルバー、『RV』(『RV2』ではゲスト出演)のRAIDモードでも使用する。
  • S&W M29 (『3』『5AE』『RV2』) - 『3』ではM629Cを『5AE』ではM29『Lost in Nightmares』『Desperate Escape』で入手・装備が可能。『RV2』ではゲスト出演としてRAIDモードでMG-MODEL329の名称で使用する。
  • Vz61(『5』『5AE』) - 敵のときは二丁だが、プレイヤーとして使用するときは一丁でしか使えない。『5AE』でも『Desperate Escape』での初期装備でもある。
  • H&K MP5(『5』『5AE』『RV』)『5』では『THE MERCENARIES』、『5AE』でも『Desperate Escape』で入手・装備が可能。
  • ベレッタPx4(『5』) - 『THE MERCENARIES』および『VERSUS』で使用。
  • H&K PSG1(『5』『5AE』『RV』) - 『5』では『THE MERCENARIES』および『VERSUS』のほか『5AE』でも『Desperate Escape』で入手・装備が可能。
  • RPG-7(『5』『5AE』) - ロケットランチャーの名称で登場。『5』では『THE MERCENARIES』および『VERSUS』、『5AE』でも『Desperate Escape』で入手・装備が可能。

『MVC2』での技一覧[編集]

投げ技[編集]

(名称不明)
相手をつかみ、ナイフで切り裂く。空中でも同じ動作。

必殺技[編集]

近接戦闘A
オーラをまとってのショルダータックルで突進する。強のみボタン押し続けで溜めて威力を上げることが可能で、更にその間は自由に動ける。また、空中でも使用可能。
グレネードランチャー
『バイオハザード』シリーズでも使用するグレネードランチャーを撃つ。弾は山なりの軌道を描いて飛び、途中で爆発する。ボタン押し続けで爆発のタイミングを遅らせることが可能。
応戦射撃
攻撃を受けるとそれをかわし、ハンドガンで反撃するカウンターの撃ち技。
緊急回避A
ジルの後ろの画面端からゾンビが歩いて来る。これをジルがよけ、そのままゾンビが相手に向かって歩いていくため、攻撃になる(これは以下の緊急回避B・Cも同様)。強で出すと火だるまになったゾンビが登場する。
緊急回避B
ジルの後ろの画面端からケルベロスが走って来る。
緊急回避
ジルの後ろの画面端上空からクロウが飛んで襲って来る。

ハイパーコンボ[編集]

近接戦闘A+
近接戦闘Aの強化版で、同様に空中でも使用可能。
ロケットランチャー
『バイオハザード』シリーズでも使用するロケットランチャーを取り出して連射する。取り出す際にも攻撃判定がある。
CODE:T-002
ジルの目の前の地面が割れて光が溢れ出し、現れたスーパータイラントモードのタイラントT-002が相手を攻撃する。追加コマンドを入力すると、ジルがロケットランチャーで追撃する。

『MVC3』での技一覧[編集]

必殺技[編集]

円転脚
後方に側転しながら蹴りを浴びせ、空中に打ち上げる。技後は後述の「獣性」に移行する。
車輪脚
前方に側転しながら蹴りを浴びせ、地面に叩きつける。技後は後述の「獣性」に移行する。
疾風脚
真横に飛び蹴りを繰り出す。
両膝落とし
空中から両膝を突き出して真下に急降下する。
落石架
足払いで転倒させた相手に膝でのしかかる、下段判定の打撃投げ。
首絡め
相手の首を絞めながら背後へ放り投げる、上段判定の打撃投げ。
背後取り
相手の頭上に手を乗せて飛び上がり、背後に回りこむ。
獣性
四つ足でしゃがみ込む。以下の技に派生可能。
地掃脚
足払いを繰り出す。技後も「獣性」の構えを維持する。
雷刃脚
「疾風脚」と同じ動作の飛び蹴り。踏み込む距離は「疾風脚」よりも短い。
弧円脚
サマーソルトキックで打ち上げる。

ハイパーコンボ[編集]

マシンガン掃射
マシンガンのVz61を二丁取り出し、前方に飛びながら回転して全方向に乱れ撃つ。『MVC3』においては唯一の飛び道具。
螺旋葬送脚
空中から飛び蹴りで斜め下に急降下し、ヒット時はロックして4回踏みつけ、足払いから両足蹴りで高く打ち上げた後、追いかけて蹴り落とす。
獣性暴走
Lv3専用ハイパーコンボ。胸元の投薬装置を暴走させる。常に四つ足の構えを取り、一定時間の間、高速移動ができる。

その他の登場作品[編集]

ジル・バレンタインを演じた人物[編集]

声優[編集]

Una Kavanagh
  • 『バイオハザード』オリジナル版
Heidi Anderson
  • 『バイオハザード』リメイク版
キャサリン・ディッシャー
  • 『バイオハザード3』
パトリシア・ジャ・リー
  • 『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』
  • 『バイオハザード5』
ミシェル・ラフ
  • 『バイオハザード リベレーションズ』
  • 『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』
カリ・ウォールグレン
鶴ひろみ
  • 『バイオハザード』DC・DS ver.
宮村優子
  • 『バイオハザード』ドラマCD
湯屋敦子
  • 『バイオハザード』HDリマスター版
  • 『バイオハザードリベレーションズ』
  • 『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』
  • 『バイオハザードII アポカリプス』劇場公開・ソフト版
  • 『バイオハザードIV アフターライフ』劇場公開・ソフト版
  • 『バイオハザードV リトリビューション』劇場公開・ソフト版
  • 『MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』
  • PROJECT X ZONE
  • PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD
岡本麻弥
  • 『バイオハザードII アポカリプス』フジテレビ版
  • 『バイオハザードIV アフターライフ』テレビ朝日版
  • 『バイオハザードV リトリビューション』テレビ朝日版
Tara Platt
井上喜久子
声優不明[4]

女優[編集]

Inezh
  • 『バイオハザード』オリジナル版 実写ムービー
シエンナ・ギロリー
  • 『バイオハザードII』
  • 『バイオハザードIV アフターライフ』
  • 『バイオハザードV リトリビューション』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ S・D・ペリーの小説での和訳での表記では「ジル・ヴァレンタイン」となっている。
  2. ^ 『バイオハザード〈5〉追跡者ネメシス』28ページ
  3. ^ ただし、薬物を使う前である『バイオハザード5/Lost in Nightmares』の時点でも身体能力と運動神経の高さはあった
  4. ^ ゲーム内での表記は「CAPCOM」。声優名は伏せられている。