船水紀孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

船水 紀孝(ふなみず のりたか、1965年12月14日 - )は日本のゲームクリエイター。株式会社インディゴゲームスタジオ代表取締役。

略歴[編集]

1985年カプコンに入社。当初は岡本吉起のキャッチボール相手としての採用だった。

最初はアーケードゲームの事業部に配属される。後に『ストリートファイター』シリーズのプロデュースを任され、更に第一開発部長としてコンシューマーゲームまで含めたカプコンのゲームを統括する立場になる。

並行して岡本吉起の指揮の下、カプコン開発の『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実』にてプロデュースを担当する。任天堂の関連会社以外が『ゼルダの伝説』シリーズを開発するのは初となった。

船水が指揮していた第一開発部は、『ストリートファイター』以外にも『ヴァンパイア』シリーズやVS.シリーズなど、様々な2D対戦型格闘ゲームを送り出した部署だが「カプコン社内でも2D格闘は古いと非難する声が挙がっていて作るのが辛い」と述べて[1]、次第に同ジャンルからは遠ざかっていく。

2004年4月、カプコンを退社。同僚だった須藤克洋、山崎慎一郎らと共に株式会社クラフト&マイスターを設立し、取締役に就任。2014年9月、同社を退社し株式会社インディゴゲームスタジオを創業[2]、代表取締役就任。同年12月に株式会社コロプラの子会社となる[3]

作品[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『カプコン VS. SNK 2 アナザープレイガイド』
  2. ^ INTERVIEW”. 株式会社インディゴゲームスタジオ. 2018年1月11日閲覧。
  3. ^ コロプラが大阪オフィス開設!船水紀孝氏率いるベテランクリエイターがスマホゲームを開発”. ファミ通App (2015年5月27日). 2018年1月11日閲覧。

関連項目[編集]