アンブレラ (バイオハザードシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンブレラ社のエンブレム

アンブレラ (Umbrella) は、テレビゲームバイオハザードシリーズ』をはじめ、これを原作としたさまざまな作品に登場する架空企業である。映画版の日本語字幕ではアンブレラ社とも表記される。

本項ではバイオハザードシリーズの登場人物に倣い、シリーズ各作品を略記している。

概要[編集]

薬品開発部門を持つ国際的ガリバー企業である。社名は「傘で人類を庇護する」から由来し、社訓は「人々の健康を庇護する」。表向きを製薬企業と装うことで、裏での生物兵器開発を容易としたことにより、これを大きな資金源として表裏の両マーケットを掌握する形で企業活動を続け、巨大多国籍企業へと伸し上がった。また政界にも太いパイプを持ち、法規などの改正、他社や政財界への二重スパイ活動なども手掛ける。また独自に準軍事組織の特殊戦闘部隊 (U.B.C.S.)保安警察 (U.S.S.)を保有しており、有事の際には即座に対応している。

表の顔
一般的に大手製薬会社として活動している表の顔の方が認知度が高く、業界シェアはNo.1のようで、それをうたい文句としている。求人広告では信条・性別・人種などを一切問わないなど平等主義を標榜し、業務管理者や配達員などの募集を幅広く行っているが、実際には一部の研究員や経営陣をはじめとした幹部社員を除いて社員たちの待遇は劣悪で、違法な人体実験や社内で開発された生物兵器のテスト運用の実験台とすることもいとわないなど、モルモット同然に扱われている。平等主義を装った公平な求人募集も、生体実験の素体確保という目的が含まれている。
商品としては『ADRAVIL』(創傷に使用する軟膏)、女性に人気の『AQUA CURE』(詳細は不明)、『Safspin』(瓶入りの錠剤で、一般的な家庭薬)が『3』で確認されている。また医薬品以外にも、各種医療機器などを製造・販売している。
兵器開発部門[1]
社内には、U.B.C.S.やU.S.S.向けの対B.O.W.兵器開発の専門部署が存在する。主な業務内容は、既存の銃器・兵器などのカスタムであるが、独自の対B.O.W.兵器の研究・開発も行っている。同部門の開発した兵器には、『2』で登場した火炎放射器、『3』のマインスロアーなどがある。それ以外では、暴走したタイラントを食い止めるために出動したU.B.C.S.1個小隊(30名)が全滅した事件を教訓に、U.B.C.S.の武装では対処が難しいB.O.W.対策として、S&W M29の改良版「アンブレラ マグナムリボルバー」などがある。同銃は、『0』で使用できる。
アンブレラ崩壊後に再建された新生アンブレラにも兵器開発部門が存在するが、こちらでは対バイオテロを目的とした運用がなされている。新生アンブレラ内では生前のアルバート・ウェスカーにより行なわれていたB.O.W研究のデータを発見し、新生アンブレラの責務である「負の遺産」の回収に有効であるとの判断から、これらのデータを基にした『アルバート.W.モデル』シリーズを開発している。これらの設定は東京マルイとのコラボレーション企画にて明かされており、実際にエアガンとして商品化されている。現在までに以下のモデルの存在が明かされており、これらは『7』のDLC『NOT A HERO』にて登場予定となっている。
  • アルバート.W.モデル01 ハンドガン "サムライエッジ"[2]
  • アルバート.W.モデル02 ショットガン "トールハンマー"

歴史[編集]

創業者は世界的大富豪のオズウェル・E・スペンサー、名門貴族のエドワード・アシュフォード、生化学者のジェームス・マーカスの3人である。1966年12月に新型RNAウィルス「始祖ウィルス」を発見した3人のうち、スペンサーはこれを利用してB.O.W.を開発することで軍需産業を独占することを狙い、友人のマーカスに起業の話を持ちかける。1968年には製薬会社と偽って3人で同社を共同設立したが、同年にエドワードは始祖ウィルスに感染して死亡する。その後、スペンサーは会社の運営に力を入れ、幹部を養成するためにマーカスをアンブレラ幹部養成所の所長に任命する。マーカスは始祖ウィルスの研究に力を入れていたが、スペンサーの社内発言力の増大に不満を持っていた最中、1978年にT-ウィルスの開発に成功する。マーカスはこの成果によって社内で優位な立場に立てることを確信していたが、スペンサーはラクーンフォレストに新設したアークレイ研究所にT-ウィルスの研究事業を移管させ、マーカスを自身の私利私欲のために利用し尽くし、1988年に彼の腹心3人のうち2人(アルバート・ウェスカーウィリアム・バーキン)にマーカスを暗殺させ、これと同時にアンブレラ幹部養成所は閉鎖される。

一方、アークレイ研究所ではT-ウィルスの研究が順調に進み、B.O.W.の開発にも着手している。その後の10年間でアンブレラは大きく成長し、1998年には北米欧州南極の3地域を主な拠点とする。また、スペンサーは10年前に閉鎖した自社の幹部養成所を有効活用できないかと考え、調査隊を2度にわたって送り込ませる。

アンブレラが違法な人体実験などもいとわずに研究を続けていることをアメリカ合衆国政府は把握していたが、国自体がアンブレラにとって最大の顧客であるために表立って処罰できず、非合法な研究活動なども黙認していた。また、アンブレラはその膨大な資産を利用して多くの有力政治家とも癒着し、ラクーンシティでは人為的にバイオハザードを発生させる大規模な実験を行った。やがて、アンブレラからラクーン市民を隔離するように働きかけられたアメリカ政府は、アンブレラとの関係を隠蔽するため、滅菌作戦との名目でラクーンシティを核攻撃により消滅させる。

しかし、ラクーンシティを脱出した者の証言や数々の証拠などによって、アンブレラの非合法活動は世間に露呈する。その後、事態を憂慮したアメリカ政府から操業停止命令を受けたが、これにアンブレラが国を相手取り提訴、ラクーンシティが消滅した1998年から2003年に掛けて裁判は続いたが、2003年に、ロシアのコーカサス研究所で行っていたB.O.W.開発を行っているも、ロシア政府が主導となって設立された私設対バイオハザード部隊(後にB.S.A.A.となる前身部隊)によってそれらも壊滅に追い込まれてしまい、さらにアルバート・ウェスカーの暗躍によってアンブレラ幹部セルゲイ・ウラジミールが死亡、更にアンブレラが長きに渡る始祖ウィルスの研究を初めとした様々なウィルスやB.O.W.研究のデータを裁判に証拠として提出された事が決め手となり、アンブレラは全面敗訴となり、それによって株価の大暴落が起こると同時に企業的信用性が大きく失われてしまい、翌2004年には事実上の廃業に追い込まれる。こうしてアンブレラが倒産した後、スペンサーは2006年に欧州某所の自邸でアルバートにより抹殺される。

その後、会社更正法の適用により時期は不明だが新生アンブレラとして再建される。この際、新経営陣には旧アンブレラの「負の遺産」の回収が責務として課せられる。また、再建に伴い「赤と白の傘」であった社章が「青と白の傘」に変更される[3]。『7』で新たな生物兵器開発計画を察知した新生アンブレラは、B.S.A.Aよりクリス・レッドフィールドを指揮官として招聘しており、『7』終盤では部隊とともに新生アンブレラのヘリコプターに搭乗し、イーサン・ウィンターズの救出に現れている。また、アルバート・ウェスカーが生前に個人で行っていたB.O.W研究成果をもとに対B.O.W兵器『アルバート.W.モデル』シリーズを考案・開発している。これらは対バイオテロ部隊などへの供給を目的として量産が計画されており、そのプロトタイプモデルをクリスらが『7』で使用している。

私設部隊[編集]

U.B.C.S.[編集]

Umbrella Bio Hazard Countermeasure Service (アンブレラ バイオハザード対策部隊)の略。部隊編制の大部分を傭兵で占めた非正規部隊。アンブレラの自社開発したウィルスやクリーチャーなどによる災害・事件・事故や、アンブレラに対する企業テロなどに対処させる名目で組織されており、緊急事態が発生した場合には汚染地域へ真っ先に派遣される。設立に至った経緯は、開発中のB.O.W.がフィールドテストの最中に暴走して研究員に多数の死傷者が出たり、施設や実験機材が破壊される事件が多々発生したため、制御不能に陥ったB.O.W.を鎮圧するべく同部隊の設立が計画された。なお、生存者や目撃者などの身柄確保や、証拠類の隠滅なども任務としており、B.O.W.の暴走による被害もU.B.C.S.の活躍で減少していたが、ラクーンシティへ投入された部隊は、B.O.W.などとの戦闘データを得るためのモルモット部隊としての意味合いが強い[4]。任務の内容から危険性が非常に高いため、隊員の大半は服役中の戦争犯罪者や重罪を犯して無期懲役か死刑判決を受けた元軍人、亡命軍人、元ゲリラ兵などといった者たちで構成されており、贖罪不問を条件に傭兵として組織している。また、冷戦時代に東側の軍隊で軍務を経験した隊員も多い。そうした経歴もあって個人的戦闘能力に優れており、兵員輸送ヘリからのリペリングなどといった高度な戦闘技術にも長けているのはそのためであることがうかがえるが、ラクーンシティへ投入された部隊は壊滅の憂き目を見ることとなった。なお、ハンクの所属するU.S.S.とはライバル関係に当たる。

ラクーンシティでの作戦では、輸送ヘリによって市中心部へ1個中隊約120名(1個小隊約30名編制の計4個小隊)が投入され(『3』)、他は車両によって陸路で市内へ潜入した(『OB2』)。前者にはカルロス・オリヴェイラミハイル・ヴィクトールニコライ・ジノビエフなどが所属し、名目上は市民救出を任務としていた[5]。後者部隊は市民救出というよりも、脱走したU.S.S.隊員ロドリゲスの抹殺や、クリーチャー「ニュクス」の回収などを目的としていた。また、新型ウィルスを開発した女性研究員の救出のために送り込まれた、5名編制の分遣隊も確認できる(『4D-Executer』)。

主な武装M4A1SIG Pro SP2009H&K MP5H&K PSG1FIM-92であるが、『4D-Executer』ではM4A1にM203を装着しており、隊員の1人はベネリM3を使用していた。移動手段としてはヘリのAS 332 シュペルピューマおよびUH-60 ブラックホーク[6]を使用し、軍用車両としては『OB2』でM1083 MTV、『4D-Executer』ではハンヴィーブローニングM2重機関銃搭載)も使用していた。

U.S.S.[編集]

Umbrella Security Service (アンブレラ 保安警察)の略[7]。主に社幹部の警護などを行なうほか、公にはできないような特殊任務にも従事する。ラクーンシティ壊滅事件に際しては、2種の作戦に最大40 - 50人規模の大部隊が投入されているが、生還が確認されたのは2人のみであり、その他の隊員の生還は確認されていない。すなわち、ラクーンシティの地下研究施設におけるG-ウィルス奪取作戦時には、G-ウィルスを自らに投与してG生物へと変身したウィリアムによってハンク以外のアルファチーム全隊員が殺害されたうえ、全部隊が壊滅した。一方、ラクーンシティの地上研究施設からのB.O.W.輸送任務に際しては、第2分隊隊長ロドリゲスを除いて部隊は離散ないし壊滅している。また、『0』で黄道特急破壊作戦に派遣されたのはデルタチームである。なお、このデルタチームも作戦遂行中にB.O.W.の襲撃を受けて全滅の憂き目に遭ったが、『OR』では新たなメンバーで再構成したデルタチーム(ウルフパック)がアルファチームの援護に送り込まれている。特殊任務に当たっての一般的装備類は、イギリス軍SASの室内突入装備に準じた物が採用されている。

アンブレラ・ジャパン[編集]

『5』の公式サイトでB.S.A.A.の紹介に伴って存在が明かされた、アンブレラの日本法人[8]。代表取締役社長は五十嵐皓貴。

1984年東京株式会社として設立された。当初は本社から輸入した医薬品の販売事業のみを行っていたが、1987年にはアンブレラ日本研究所を設立し、高度なバイオテクノロジーを利用した独自製品の開発を進めていた。しかし、ラクーンシティの惨劇をきっかけとした本社急変による株価暴落や風評被害などを経て、他社に買収されることもなく、2004年3月14日には会社解散となった。  

劇場版[編集]

バイオハザード
ラクーンシティの地下深くに、秘密地下研究所「ハイブ」を所有している。アンブレラの技術力によりハイブは、施設のメインコンピュータである、AI「レッド・クイーン」によって完全に制御され、さらにハイブの所員が地下での勤務にストレスを感じないよう、建物の構造は地上のオフィスビルや研究所などを模しており、窓からは地上のラクーンシティを模した光景が再現され、自動車の走行音なども再現されている。とある人物の裏切りによるT-ウィルスと抗ウィルス剤の盗難及び、証拠隠滅を目的としたT-ウィルスの漏出を食い止められず、事後に気付いたレッド・クイーンによって滅菌用のハロンガスが所内全体に散布される。しかし、バイオハザードは阻止できず、内部の人間や実験動物のイヌの全てがウイルスに感染した。その後、調査のため送られたアンブレラの特殊部隊がレッド・クイーンを機能停止させたことで各所のロックが解除され、ゾンビ化した人間たちが自由に移動できるようになり、特殊部隊員や彼らに身柄を拘束され同行していたアリス・アバーナシーたちを襲った。またこの戦闘によって、閉じ込められていたリッカーも解き放たれたために事態は更に悪化するが、最終的には時限式の防衛システムによってハイブは完全に閉鎖された。閉鎖直後、ハイブの出入口のある「洋館」にアンブレラの科学者からなる防疫部隊が現れてアリスを拘束し、彼女と共にハイブから脱出したマット・アディソンも、リッカーに爪で引っ掻かれた傷口から無数の触手のようなものが出ていたため、「変異したT-ウィルスの感染者」と見なされる。アリスとは別に「ネメシス計画」の実験台として拘束されたマットは、どこかへと運ばれていった。なお、次作でマットはアンブレラのB.O.W.「ネメシス」へと生体改造されたことが明らかになる。
バイオハザードII アポカリプス
ハイブの再調査の失敗でゾンビやリッカーをはじめとするクリーチャーがラクーンシティへと抜け出し、アンブレラ関係者を最優先とした住民の避難と都市自体の隔離、及びティモシー・ケイン少佐率いる封鎖部隊とカルロス・オリヴェイラ率いるU.B.C.Sの投入が行われるが、唯一の出入口にしていたレイベンス・ゲートで住民の1人がゾンビ化したことを受け、ケインによってレイベンス・ゲートは完全封鎖された。これによってまだ無事だった住民は封鎖部隊からの銃撃を逃れるべくラクーンシティ内へ戻らざるを得なくなり、その大半がゾンビ化した。最終的にはバイオハザードを処理すべく、ラクーンシティを自社保有の核ミサイルで破壊した。その後、バイオハザードや核ミサイル攻撃の件はマスコミへ流れるが、アンブレラの権力と情報操作によってバイオハザードの事実はもみ消され、核ミサイルの爆発も市内の原子力発電所の老朽化した原子炉チェルノブイリ原子力発電所事故と同様にメルトダウンを起こしたということにされた。また、自社の保有する人工衛星を用いてアリスを支配下に置き、アンブレラを見限ったカルロス達への切り札とした。なお、次作の小説版では実際にアリスを遠隔操作し、T-ウィルス開発者のチャールズ・アシュフォードの娘であるアンジェラ・アシュフォードを射殺させたため、この件でアリスはアンブレラへの憎悪を深めた。
バイオハザードIII
ラクーンシティへの核ミサイル攻撃でもT-ウィルスの感染は撲滅せず、その影響で近代文明のほとんどが壊滅状態となった世界においても、バイオハザード発生前とほとんど変わりない技術を保持し、企業としての形を保っている数少ない存在となっている。世界各地に支部を有するが、地上が大都市部を中心にゾンビで溢れ返った状態となっているため、拠点を地下に移すものの完全ではなく、支部によっては人員などにダメージが出ている模様。また、支部同士は独自のネットワークで結ばれ、全体の方針はウェスカーを議長とする各支部長や幹部からなる委員会によって決定されている。サミュエル・アイザックス博士の発案により、かつてカルロス達への切り札としてあえて解き放ったアリス本人に代わって、新たなる段階に達した「アリス計画」で生み出した彼女のクローンから採取した血清を用いてゾンビを飼いならし、労働力や兵士にする計画を進めていたが、アイザックス本人がその産物であるスーパーアンデッドに噛まれてタイラント化したため、計画は失敗する。そして、これによって北米支部も壊滅し、アリスのクローンは全てオリジナルのアリスによって目覚めさせられた。また、アイザックスがアリスの居場所を突き止めたために人工衛星による遠隔操作を行い、一旦は動きを完全に止めてしまうが、アリスの抵抗によって衛星のコントロール装置のメイン回路を焼かれ、再びシステムを稼働させたものの彼女の視界に映る光景を監視することしかできなくなった。
バイオハザードIV アフターライフ
前作で北米支部が壊滅したためにウェスカーの意向によって東京都渋谷の地下に本部が置かれたが、アリスとそのクローン達の襲撃によって多大な被害が生じ、ウェスカーの独断で特殊爆弾によりアリスのクローン達共々爆破される。また、地上で生き残った人間達をおびき寄せて実験体として確保すべく、安全圏の都市あるいは船と偽って無線で偽情報を流していた研究用輸送船「アルカディア」を保持しており、最終決戦の舞台となる。なお、東京本部は日本人の社員が多く勤務していることから、原作で用いられた英語だけでなく日本語も用いられ、警備部隊の隊員の戦闘服などには日本語で「アンブレラ社」と赤い文字で記されている。
本作ではT-ウィルスやB.O.Wとは異なるアンブレラ独自の技術として核動力が用いられている模様ながら(本体に放射線マークが印されている)、核爆発ではなく巨大な球体を出現させて効果範囲内のあらゆる物体を消滅させる特殊爆弾と、現実のV-22 オスプレイとは外形の細部が異なる黒いティルトローター機、人間の胸に装着することで自我や記憶を操作するデバイスや人体に悪影響を与えないコールドスリープカプセルが登場し、その技術力の高さを示している。また、前作でも登場した人工衛星による監視システムも健在であり、飛行機で移動していたアリスの位置はおろか、彼女が話す言葉まで監視していた。
なお、前作ではラクーンシティのバイオハザードがそこから全世界へ広がったと設定されていたが、本作の冒頭(劇中の現在より4年前)では渋谷のスクランブル交差点で1人の女性がゾンビ化して近くにいた男性に噛みつき、それがきっかけで東京もバイオハザードに見舞われたと設定されている。ラクーンシティの存在するアメリカから太平洋を隔てた日本で、彼女がどのようにしてT-ウィルスに感染してゾンビ化したかについては、一切説明されていない。
バイオハザードV リトリビューション
前作におけるウェスカーの独走もあって、本作でのアンブレラは従来と異なり、人間ではなくレッド・クイーンが全権を掌握している。このため、レッド・クイーン率いるアンブレラとウェスカー率いる離反グループが敵対関係になっている。
バイオハザード: ザ・ファイナル
アレクサンダー・ローランド・アイザックスとアリシア・マーカスが共同で経営しているという設定になっていて、人類排除計画を進めており、アンブレラ社の幹部達で構成される理想郷を創るという目的のもと活動している。そのために「バイオハザード」や「バイオハザードII アポカリプス」、「バイオハザードIII イクスティンクション」などで、登場する抗ウイルスよりも強力で、従来の「T-ウイルスに感染した者に接種すると、体内のT-ウイルスを抑え、アンデッド化を防ぐ」ものではなく、「空気中に放出するとこの抗ウイルスと接触した生者の体内のT-ウイルスを除去したり、既にT-ウイルスによってアンデッド化している者は、肉体の活動を停止させ、完全に死体に戻す。」効力を持つ。以前までこのウイルスは死滅させることは不可能とされていたものだったが、数年をかけて抗ウイルスを世界中に蔓延させれば、地球上から完全にウイルスを死滅させることを可能にさせた。(アンブレラ社は「バイオハザード」以前より、この計画を考えていて、この抗ウイルスを作る研究。もしくは既に完成させていたものと思われる。)

脚注[編集]

  1. ^ 月刊『アームズ・マガジン』2004年6月号のバイオハザード特集より[要ページ番号]
  2. ^ 「バイオハザード7」本編内においては「アルバート-01」の名称で登場。
  3. ^ 東京マルイ サムライエッジ アルバート.W. モデル01付属解説書の説明により判明。
  4. ^ 実際に本編でカルロスが「自分たちはゾンビのエサだ」と語っていたり、ニコライが実際にU.B.C.Sから戦闘データを集めるのが目的とジルに公園物置で話している。
  5. ^ 実際に本編クリア後のおまけゲームで3人とも市民救出を行っている。
  6. ^ 『3』の終盤でニコライがラクーンシティからの脱出時に運用しており、機体側面にアンブレラのロゴマークが確認できる。
  7. ^ アメリカでは手続きを踏めば、企業も警察機関を持てる。
  8. ^ バイオハザード5:B.S.A.A. 2016年2月21日閲覧。左上の「UMBRELLA」のアイコンをクリックすると表示されるウインドウに記述されている。