S&W M29

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
S&W M29
S&W Model 29 comparison.jpg
S&W M29(8⅜インチモデルと4インチモデル)
概要
種類 回転式拳銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 スミス&ウェッソン社
性能
口径 .44口径(約11.2mm)
銃身長 4インチ
6インチ
6.5インチ(165mm)
8.375インチ
10.625インチ
ライフリング 6条右回り 
使用弾薬 .44マグナム弾
.44スペシャル弾
装弾数 6発
作動方式 ダブルアクション
シングルアクション
全長 306mm(6.5インチモデル)
重量 1396g(6.5インチモデル)
発射速度  
銃口初速 448m/s 

S&W M29とは、アメリカスミス&ウェッソン社が開発した回転式拳銃(リボルバー)である。

特徴[編集]

使用弾薬は、.44マグナム弾。.44スペシャル弾を使用する「M1950」を原型としている。1955年11月に発売された初期モデルでは、フレームのサイド・プレートを固定するスクリューが4本使用されていた。しかし、砲底面近くにあるスクリューが発射の衝撃で折れることがあり、1956年にその部分が組合せ式に改められた。1960年後半、銃身長が4インチ、6.5インチの2モデルに8.375インチ銃身モデルが追加された(後年6.5インチ銃身モデルは、6インチ銃身付に改められた)。ワイドハンマー、ワイドトリガー付き。照準器は、照門(リアサイト)は通称Kサイトと呼ばれる上下左右に微調整可能なマイクロ・クロック型、照星(フロントサイト)はレッド・ランプ付きが標準仕様である。 材質は、ブルーイング仕上げとニッケルメッキ仕上げのクロムモリブデン鋼製基本モデルの「M29」の他、ステンレス製の「M629」、スカンジウム合金製のフレームとチタン製のシリンダーを組み合わせた軽量モデル「M329」がある。その他、S&Wパフォーマンス・センター製のカスタムモデルなどが存在する。発売当初は、S&W社の最高級モデルであり、マホガニー製の化粧箱に入れられて販売されていた。

スミス&ウェッソン M629 8⅜銃身モデル


.44マグナム弾とM29[編集]

.44マグナム弾は、レミントン・アームズ社とスミス&ウェッソン社が共同開発した狩猟用弾薬で、既存の.44スペシャル弾のケース長を0.125インチ延長し、装薬容量を増加させたものである。.357マグナム弾が、158グレーン弾頭付きで銃口初速1,200fps加速するのに対して、240グレーン弾頭を1,400〜1,600fpsで撃ち出す性能を有する。これは、.357マグナムの2倍、.45ACP弾の3倍の威力に相当する。北米では、大口径拳銃を使用したハンドガン・ハンティングが盛んであり、中型獣から大型獣までをカバーできる性能を発揮できることを想定して開発された。従って「対人用」として使用するには威力が大きすぎるため、米国では公的機関の執行官が携帯する武器としては、禁止されていることが多い。M29は、.357マグナム、.44スペシャル、.45ACP(COLT)弾用の大型フレーム(Nフレーム)をベースに、.44マグナムの発射プレッシャーに対応できるよう熱処理が加えられた専用フレームを使用する。

映画の中のM29[編集]

M29は当初、使用弾薬が狩猟専用ゆえに一部のハンターなどだけに知られる、特殊用途拳銃であった。ところが、1971年にクリント・イーストウッド主演の映画『ダーティハリー』が公開されると、一躍世界中に知られる存在となった。撮影に使用されたM29は、ハリウッド近隣の銃砲店で入手できなかったので、プロデューサーが製造メーカーのS&W社へ製品提供の要請を行った特別モデルであった。この映画で特に有名な台詞として "this is a 44 magnum, the most poweful handgun in the world, and would blow your head clean off." (この銃は、世界一強力な44マグナムだ。お前の頭なんかきれいに吹き飛ばせる。)があり、「世界最強の拳銃」=「S&W M29」であることを印象付けた。

『ダーティハリー』は、M29と.44マグナム弾を有名にしたと同時に、視聴者に多くの誤解も与えた。ハリー刑事が逃走する自動車に発砲して止めるシーンがあるが、正確にはフロントガラス内の犯人を撃っていることが拡大解釈され、「.44マグナム弾は自動車のエンジンブロックを撃ち抜ける」と信じられた(実際には不可能である)。映画『ビッグ・マグナム77』(原題:Blazing Magnum, 1976年、カナダ)のラストシーンでは飛行中のヘリコプターを撃ち落としているが、これも映画の過剰演出である。また、『ダーティハリー2』では同僚の警官に「.44マグナム弾は反動が大きく扱いにくいのではないか」と尋ねられたハリー刑事が、「(自分が使っているのは)軽装弾だから.357マグナム弾より扱いやすい」と答えるシーンがあるが、そのとおりにするには装薬量を大幅に減らす必要があり、.44スペシャル弾を使うのと変わらなくなるので、「世界最強の拳銃」 (the most poweful handgun in the world) ではなくなるという矛盾が生じる。

「.44マグナム」の威力[編集]

.44マグナム弾

近年、デザートイーグルトーラス・レイジングブルS&W M500の登場により、威力の面でワンランク下の弾薬であるとの見方をされているが、拳銃としては常識はずれの威力である。また、映画『ダーティハリー』で大柄なクリント・イーストウッドがしっかりと踏ん張って撃つシーンも、反動の強さを印象付けるのに一役買った。

「自動車のエンジンを撃ち抜くことができる」など、実際の性能を誇張した風聞が広まったが、これは.50BMG弾(12.7mm重機関銃M2バレットM82の使用弾)などと同等のエネルギーを有する弾薬でなければ不可能である。『ダーティハリー』の劇中でも、車そのものではなく乗員を狙って撃っている。

デザートイーグルの.50AE弾、スタームルガー・レッドホーク英語版やトーラス・レイジングブルの.454カスール弾英語版、S&W M500の.500S&W弾の登場以降には、世界最強の座を奪われている。なお、2007年1月現在における世界最強の拳銃用弾薬は.500S&W弾、自動拳銃弾に限れば.50AE弾英語版である[1]

S&W M29が登場する作品[編集]

映画[編集]

6.5インチモデルのニッケルメッキ仕様のM29を使用(M629はまだ生産されていない)。ボンドリボルバーをメインで使用するのは珍しく、『ダーティーハリー』の2年後に公開されたため、影響を指摘された。
ニック・ノルティが4インチモデルを冒頭使用する。
ロバート・ギンティが演じる主人公の愛用銃として8-3/8インチモデルが登場。
アン・ラムジーが演じるフラッテリー一家の母親が6.5インチモデルを所持。
ハリー・キャラハン刑事の愛銃として6.5インチのブラックモデルがシリーズを通して登場する。
ロバート・デニーロが演じるトラビスが闇の売人から8-3/8インチモデルを購入。
クリス・クリストファーソンが演じるオリン・ハンナが6.5インチモデルを所持しており、自身を逮捕しに来たスティーブン・セガール演じるジャック・タガートに奪い取られそれで自身の肩を撃たれる。
チャック・ノリスが演じる刑事の愛銃としてM629の6.5インチモデルが登場する。
千葉真一が演じる加納錠治の愛銃としてM29の8-3/8インチモデルが登場する。
チェイス・マラヴォイがサイドアームとして所持。メイン武器L85が弾切れしたため使用する。
キャスリーン・フリーマンが演じるミュリエルが6.5インチモデルを所持。
  • 『ビッグ・マグナム77』
S・ホイットマンが演じるトニー・セイタ刑事が6.5インチモデルを愛用する。
ロス市警SISのボーン刑事がバックアップとしてM629の2.5インチモデルを使用。
ケル・ニルソンが演じる暴走族の首領ヒューマンガスの愛用銃としてスコープ付きの8-3/8インチモデルが登場する。
松田優作が演じる鳴海昌平の愛銃として8-3/8インチモデルが登場する。
岸谷五朗が演じるチャイニーズ・マフィア「劉グループ」幹部の日本人、溝口の愛銃としてヘビーバレルモデルが登場する。
アーノルド・シュワルツェネッガーが演じるロシア人警察官が、相棒のアメリカ人刑事から「ダーティハリーも使ってる最強の拳銃」と紹介され、シルバーの6.5インチモデルを借りる。

テレビドラマ[編集]

第12シーズン「ゲッダの日記」に登場。
仲村トオルが演じる町田刑事が4インチモデルを使う。
主人公、スレッジ・ハマーの愛銃としてM629 6インチモデルが登場する。愛称は「マギー」。
松田優作が演じる中野刑事の使用銃として6.5インチモデルが登場する。
草刈正雄が演じる高村刑事の愛銃として6.5インチモデルが登場する。
水谷豊が演じる矢島刑事が、ステンレスモデルのM629 4インチモデルを使用する。
寺尾聰が演じる松田刑事の愛銃として8-3/8インチモデルが登場する。
三浦友和が演じる沖田刑事の愛銃としてM29 6.5インチPPCカスタムモデルが登場する。
柴俊夫が演じる山県刑事の愛銃としてM29 6.5インチPPCカスタムモデルが登場する。
寺尾聰が演じる牧野刑事の愛銃として8-3/8インチモデルが登場する。
沖雅也が演じる滝刑事(スコッチ)の愛銃として8-3/8インチモデルパックマイヤーグリップが登場する。また、又野誠治が演じる沢村刑事(ブルース)の愛銃として6.5インチモデルが登場する。
藤竜也が演じる小池刑事の愛銃としてM29 センチネルアームズカスタムが登場する。愛称「ジョン」。

漫画・アニメ[編集]

警官に扮した主人公、アクメツが「にゅ~なんぶ」と書かれた本銃を使用。
中川圭一巡査の愛銃として6.5インチモデルが登場する。
ゴリラこと姿雄一刑事が最も多用した愛銃として6.5インチモデルを使用。本編では一貫して「.44マグナム」の俗称で呼ばれている。
海坊主こと伊集院隼人がM629の6.5インチモデルを使っている。
テロリストが使用。
アニメOPにおいて、松田旬作が本銃を構えている。
三千院紫子がシン・ハイエックを脅迫する際に取り出す。発砲はしない。
ラグーン商会のボス、ダッチの愛銃として6.5インチモデルが登場する。
宗像形が所持。デザートイーグルと共に二丁拳銃で構える。

ゲーム[編集]

課金カプセル商店にて入手可能。サブ武器であり、リボルバーとしてはColt SAAColt Pythonに引き続き第3弾だが、S&W社のリボルバーとしては第1弾となる。ちなみに、威力はサブ武器の中で1番であるPythonを越え最大の威力を誇るが、射距離が短いため注意が必要。
「.44 Magnum」という名称でM629が登場。バレルサイト、銃器の色などをカスタマイズできる。
Lv50で購入できる。14,000GOLD。
シリーズ全4作に「Wes-44」という名称で登場し、サリーが愛用している。
サブキャラのリチャードの愛銃で、後に主人公のヘンリーが入手し使用することになる。
M629がスペシャルウェポンとして登場する。貫通能力があり、当たり判定が他の銃と比べてやや大きい。
ジル・バレンタインが5インチシルバーのM629 クラシックモデルを使用する。
M29を改良した対B.O.W.用マグナムリボルバーとして登場。
選択可能な各キャラが使用。

小説[編集]

PC課エージェント・リーダー白木の使用銃として6.5インチモデルのシルバーカスタムが登場する。

オリジナルビデオ[編集]

主人公、ジョーカーの相棒刑事、アヒルがM29 センチネルアームズカスタムと、カスタムのクラシックハンターモデルを使用。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 単純に威力だけを問うのであれば、Pfeifer Zeliskaに使用される.600NE、Maadi-Griffin .50BMGやThunder .50BMGに使用される.50BMGも存在するが、これらは狩猟・軍用ライフル弾薬の転用であり、拳銃用弾薬には分類されない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]