.45ACP弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
.45ACP弾
45caliberACP.jpg
.45 ACP cartridges
種類 拳銃弾
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
製造の歴史
設計者 ジョン・ブローニング
設計時期 1904 [1]
特徴
薬莢形状 リムレス, ストレージ
弾丸 .451 in (11.5 mm)
首径 .473 in (12.0 mm)
底面径 .476 in (12.1 mm)
リム径 .480 in (12.2 mm)
薬莢長 .898 in (22.8 mm)
全長 1.260 in (32.0 mm)
雷管のタイプ Large pistol
弾丸性能
弾頭重量/種類 初速 エネルギー
230 gr (15 g) Hydra-Shok JHP 900 ft/s (270 m/s) 414 ft·lbf (561 J)
185 gr (12 g) JHP 950 ft/s (290 m/s) 371 ft·lbf (503 J)
230 gr (15 g) JHP 850 ft/s (260 m/s) 369 ft·lbf (500 J)
165 gr (11 g) JHP 1,060 ft/s (320 m/s) 412 ft·lbf (559 J)
算出時の銃砲身の長さ: 5 in
出典: Federal Cartridge[2]

.45ACP弾は、1905年ジョン・ブローニングが設計した大型自動拳銃用実包(カートリッジ)である。 .45が口径(0.45インチ)、ACPはAutomatic Colt Pistolを表す。

歴史[編集]

かつて、アメリカ陸軍は制式拳銃として.38口径のリボルバーを採用していたが、1898年米西戦争の最中にフィリピンで起こったモロ族の蜂起の際に.38ロングコルト弾の打撃力不足が判明したため(単純に狙いを外しただけという見解もある)、アメリカ陸軍は打撃力の強い.45口径の弾薬を求めていた。そこで、.45ロング・コルト弾を自動拳銃に適合するように短縮し、リムレス化した.45ACP弾が開発され、1911年アメリカ軍が制式採用したM1911が、最初にこの実包を使用する銃となった。

その後、この実包はアメリカにおいて「.45口径信仰」といえるほど広く普及した。ヨーロッパの大手銃器メーカーがアメリカへ進出する際には、自社製の自動拳銃にアメリカ市場向けの.45ACP仕様のバリエーションを用意するほどである。逆にヨーロッパでは、「弾数を増やすとグリップが太くなり、握りにくくなる」「反動がきつい」などの理由で人気が無い。

この経緯に関してはM1911#歴史の項目も併せて参照のこと。

アメリカにおいても、警察機関で.45ACP仕様の拳銃を制式採用している州は少ない(.40S&Wが最も多く、次いで9mmパラベラム、.357SIGと続く)が、LAPD(SWATを含む)やFBISWATなどでは独自に採用している。クリス・コスタなどのタクティカルトレーナーの間でも長年.45ACP弾が愛用されていたが、近年はコスタを含む多くのトレーナーが9mmパラベラム仕様のグロックやSIGを使用する頻度が高くなっている。

概要[編集]

.45ACP弾は、初速が亜音速ゆえにサプレッサー(サイレンサー)との相性がよく、9x19mmパラベラム弾などの超音速初速弾よりも射撃音が小さくなる。打撃力に関しては9mmパラベラム弾より初速が遅いが、運動エネルギーを大口径による重い弾頭重量で補っているため、9mmパラベラム弾と比べてもまったく遜色が無い(スペック上での運動エネルギーは、ほとんど大差が無い)。また、9mmパラベラム弾と比べてストッピングパワーが高いとよく言われ、人体に対して重い衝撃を与えるのに向いており殺傷力は高いが、物質的貫通力(防弾アーマーなど)は.45ACP弾の方が落ちる。

アメリカ軍は、現在でもH&K MARK 23拳銃やH&K UMPなどの.45ACP弾を使用する銃器を、特殊部隊用に調達し続けている。

形状[編集]

.45 ACP

他の表記法[編集]

  • .45 Auto
  • 11.43×23mm

主な小火器[編集]

拳銃
最初から.45ACP弾を使用するように設計されたもの。
上記のほか、STI、キンバー、ウイルソン、スプリングフィールド・アーモリーなどからも、多種類のM1911クローンモデルが生産されている。
9mmパラベラム弾モデルからの派生型
サブマシンガン
その他

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Massad Ayoob. “The .45 ACP approaches its centennial - Handguns”. Life & Health Library. 2012年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月閲覧。
  2. ^ Federal Cartridge Co. Ballistics page Archived 2007年09月22日, at the Wayback Machine.