AMTハードボーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
AMT ハードボーラー
AMT ハードボーラー
AMT ハードボーラー 5インチモデル
概要
種類 半自動拳銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 AMT社、Galena Industries
性能
口径 .45口径、10mm(ジャベリナ)
銃身長 101.6mm(4インチ)、127mm(5インチ)、178mm(7インチ)
使用弾薬 .45ACP弾、10mm オート弾、.40S&W弾
.400 Corbon
装弾数 7、8発
作動方式 シングルアクション
ティルトバレル式ショートリコイル
全長 216mm(5インチモデル)
267mm(7インチモデル)
重量 1,077g(5インチモデル)
1,306g(7インチモデル)
テンプレートを表示

AMT ハードボーラー(AMT Hardballer)は、アルカディア・マシン・アンド・ツール社(AMT)が製造するガバメントモデル.45口径半自動式拳銃である。ハードボーラーは、ガバメントモデル初の全ステンレス製であり、その他の特徴として、照門が調節できること、ガバメントモデルの特徴であるグリップ・セーフティが伸びた形状になったことである[1]。 10mm オート用のモデルは「ジャベリナ」という通称で呼ばれる。

概要[編集]

「ハードボーラー」の名称は、ラウンドノーズ型弾頭フルメタルジャケット弾)以外の弾丸を不得意とすることに由来する。しかし、後のフィーディングランプに対する修正で、不得意の問題は軽減された。

ガバメントとの相違は、スライドとフレームにガバメントモデルで初となるステンレススチールの使用、広いラバーグリップによる被覆、のこぎり歯状でつや消し処理を施したスライドリブ、グリップ・セーフティの延長、薬室確認口、調節可能な照門である。

映画『ターミネーター』でアーノルド・シュワルツェネッガー演ずるT-800が使用(7インチのロングスライドレーザープロダクツ製のレーザーサイト装着)し、宣伝ポスターにも大きく写ったことで日本でも有名になった。


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hartink, A.E. (2002). The Complete Encyclopedia of Pistols and Revolvers. Edison, New Jersey: Chartwell Books, Inc. pp. 87–88. ISBN 9780785815198. 

外部リンク[編集]