弾薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弾薬(だんやく)、アミュニション(Ammunition)、アモ(Ammo)は、などの火器を撃つときに必要な弾丸(ブレット)と火薬(パウダー)を組み合わせた物。近代の銃では一体化され実包(カートリッジ)と呼ばれる。武器使用のために部隊に補給すべき消耗品、全般を指す事もある。

概要[編集]

銃を撃つには打ち出される弾丸とそのためのエネルギーを打ち出す火薬が同時に必要である。この二つをあわせて弾薬と呼ぶ。歩兵が活動するための一体化された実包では弾丸を弾頭、火薬を装薬と呼ぶ。近代軍隊にとっての必需品である。補給用語として存在し、同じように補給される砲弾爆弾ミサイルロケット弾など武器使用のために部隊に補給すべき消耗品全般を指す事もある。

歴史[編集]

鉄砲が生まれたころは裸の弾丸火薬がバラバラの状態で支給され、兵士が射撃直前に二つを装填していた。当時の弾丸は単純な球状で現地生産されることが多かった。火薬は湿気やすいため紙袋など密閉容器に入れられていた。しばしばこの二つを一体化して迅速な装填を可能とした実包が使用されたが、主流になるのは金属実包の登場を待つ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]