藤竜也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじ たつや
藤 竜也
本名 伊藤 龍也
生年月日 1941年8月27日(75歳)
出生地 北京
国籍 日本の旗 日本
身長 174cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1962年 -
配偶者 芦川いづみ
事務所 藤竜也エージェンシー
公式サイト 藤竜也エージェンシー オフィシャルウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
悪魔のようなあいつ
大追跡
北条時宗
映画
愛のコリーダ

藤 竜也(ふじ たつや、本名:伊藤 龍也、1941年8月27日 - )は、日本俳優北京生まれ、神奈川県横浜市育ち。1962年より「日活」、1970年代「北欧企画」、1975年より「オフィスA・T」所属。2005年には長年担当したマネージャーの急病により「オフィスA・T」消滅、その後「藤竜也エージェンシー」設立、所属。日本大学芸術学部演劇学科卒業。愛称は「ツモちゃん」。妻は芦川いづみ

来歴・人物[ソースを編集]

大学在学中にスカウトされ日活に入社、1962年映画『望郷の海』でデビュー。数多くの映画に出演した。硬派・コミカル・シリアス・バラエティとあらゆる役幅を持っており、演技力は自在だが、いい意味でワンパターン。70年代前半までは凶悪犯や用心棒などの悪役敵役を演じる機会も多かった。現在、スポーツジム等で身体を作る俳優は多いが、藤竜也はその先駆者とも言える。テレビドラマの『時間ですよ』で人気を博した頃より後、藤竜也の肉体は筋肉質と変貌し、藤の役者としてのプロ意識・美学・ナルシズムが窺われる。80年代より赤い靴下をアイコンにしている。横浜育ちだが関西方面が大好き。

1976年大島渚監督の映画史に残る『愛のコリーダ』では、ハードコアポルノとして松田英子中島葵との濃厚な絡みを演じ大きな話題となった。藤は翌77年は、俳優の仕事から遠ざかったが、78年以降、TV、映画に復帰している。

現在は黒沢清監督の『アカルイミライ』を始め若手監督の作品にも意欲的に出演している。2004年村の写真集』(三原光尋監督)で第8回上海国際映画祭最優秀男優賞を受賞。

また、趣味の陶芸に没頭、陶芸好きから映画『KAMATAKI』で吉行和子と共演、テレビドラマ汚れた舌』でも陶芸家の役で出演している。

地元である横浜そごうに於いて96年~98年の計3回、また横浜高島屋に於いても2006年に「藤竜也 陶芸展」を開催した。

趣味が高じ、90年代には自宅裏に2階建ての陶芸工房まで建築して没頭していたが、すっかり飽きてしまった今は更地と化している。

出演作品[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

オリジナルビデオ[ソースを編集]

コマーシャル[ソースを編集]

書籍[ソースを編集]

写真集
  • 『写真集 藤竜也』
  • 『WIND JOURNEY』
  • 『WIND DANCING』
エッセイ
  • 現在進行形の男(2015年10月10日、宝島社

音楽[ソースを編集]

  • EP『花一輪 / 夢は夜ひらく』(1974年)
  • EP『MINI BEST 花一輪 / 夢は夜ひらく / スナック「ジロー」 / 夜のサングラス』(1974年)
  • EP『茅ヶ崎心中 / 「昨日」という名の酒場』
  • EP『ヨコハマ・ホンキートンキー・ブルース / 淑珍(スーザン)』(1977年) ※タイトルは、『ヨコハマ・ホンキー・トンク・ブルース』ではない。
  • EP『セニョリータ・マリア<麗人> / ニューヨーク・サンバ<紐育>』
  • LP『藤竜也』(1974年4月25日)
  • LP『続・藤竜也』
  • LP『イン・ザ・メロウ・ウィンド』(1982年)
  • LP『CARNAVAL〜饗宴〜』(CDも“和ボッサ”シリーズで発売)

※なお、『ヨコハマ・ホンキー・トンク・ブルース』では作詞を手掛け、作曲のエディ藩によりハマのブルースナンバーの代表曲となった。エディとは親交があり音楽活動のサポートをうけていた松田優作原田芳雄石橋凌宇崎竜童山崎ハコ石黒ケイ等が好んでカバーしていた。

※他にも『横浜 MY SOUL TOWN』『Far faraway』唄(宇崎竜童)等の作詞作品や短編小説「熱い砂の向こうに」等多数の文献を上梓している。

その他[ソースを編集]

「yokohama soul city」「YOKOHAMA MY SOUL TOWN」「HONMOKU GANG」等、 横浜に纏わる名称が書かれていたが、実際に藤竜也氏公認ウエア「HONMOKU GANG」ブランドで同衣裳のレプリカを販売した(現在も営業中、オフィシャルウェブサイトも存在)。 90年代初頭に横浜市中区元町の店舗にて石黒成氏(HONMOKU GANG OFFICE)が製作、販売したのが始まり。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]