帯ドラマ劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

帯ドラマ劇場(おびドラマシアター[注 1])は、2017年4月3日から2018年3月30日まで第1期を、2019年4月8日から第2期[1]を、いずれもテレビ朝日の制作により同局系列フルネット24局で放送している帯ドラマ放送枠。毎週月曜 - 金曜12時30分 - 12時50分(JST、以下略)に放送している。第1期はBS朝日(2K)でも2017年同月4日から2018年4月2日までの毎週月曜 - 金曜7:40 - 8:00に遅れネットしており、第2期はBS朝日(2K)・BS朝日4Kでも2019年4月9日から7:40 - 8:00に遅れネット開始した。

概要[編集]

2017年4月のテレビ朝日の大幅番組改編において、『徹子の部屋』とのセット視聴を意識して同番組後の月曜 - 金曜12時30分 - 12時50分枠に第1期として新設された[2][3]。テレビ朝日制作のデイタイムの帯ドラマとしては、日本教育テレビ(NET)時代の1962年から1965年に放送された「女シリーズ」以来52年ぶりである[4]

2015年早河洋・テレビ朝日代表取締役会長CEOに対し脚本家倉本聰が「ゴールデンは若者向けの番組ばかり、シニア層向けのシルバータイムをつくるべきではないか」と働きかけ、1年間の提案に対し半年ならと提案を受け入れて、新たに放送枠が設定されることとなった[5][6]。「壮大な実験」「挑戦」として位置付けられ[5][6]、第1期第1作として倉本聰が脚本を手掛けた『やすらぎの郷』が放送されると、本枠としての初回かつ『やすらぎの郷』としての初回(2017年4月3日放送分)の視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)を記録し、同時間帯[注 2]の前4週[注 3]平均から3.0ポイント上昇、日本テレビヒルナンデス!』(月 - 金曜日11:55 - 13:55)、TBSひるおび!・午後』(月 - 金曜日11:55 - 13:55)、フジテレビバイキング』(月 - 金曜日11:55 - 13:45)など同時間帯の他局の生放送番組(「報道・情報」もしくはバラエティ)を上回って新設枠として好スタートを切った[7]。なお、『やすらぎの郷』の全129話の(加重)平均視聴率は5.8%であった[8]

「少なくとも1年間は定着に努力していきたい」として[6]、2017年度中は放送時間を変えることなく、本枠の放送を維持し、第2作・第3作の企画も始動(後述の通り『トットちゃん!』、『越路吹雪物語』(期間はそれぞれ3ヶ月)を放送)。新たな需要の掘り起こしが期待される反面で、情報番組に対し費用対効果面で厳しいとの指摘もあり、テレビ界から注目されている[9]

本枠は当初15分枠とする案もあったが、番組途中にCMを挿入することを考慮し、20分枠とすることになった[10]。これにより、本枠はNHK総合連続テレビ小説』再放送の冒頭5分と重複する[注 4][注 5]が、本枠第1作『やすらぎの郷』のプロデューサー・中込卓也は「そのぶん、やり甲斐はある。」と述べている[10]。一方、鈴木祐司は「テレビ朝日が朝ドラ再放送を潰すべく、あえて朝ドラ再放送の裏番組に本枠を編成している」と分析している[12]

第1期の立ち上げに伴い、『ワイド!スクランブル・第2部』については、従来より20分繰り下げ・短縮の12:50 - 13:45に変更した。

テレビ朝日開局60周年記念となる2019年度には、倉本脚本による『やすらぎの郷』の続編とも言える『やすらぎの刻〜道』の制作を発表し1年間に渡り放送する事を発表した。これにより第1期は2017年度限りとなり、2019年度に第2期を開始することが決まった。2018年度に関しては『帯ドラマ劇場』を休止とし、2018年4月2日から2019年3月29日までの約1年間は『ワイド!スクランブル・第2部』は20分繰り上げ・15分拡大となる、12:30 - 13:40に枠移動・拡大することとなった。2019年4月1日以降の同番組は、『大下容子ワイド!スクランブル・第2部』というMC冠つき番組名に変更(第1部も同様にMC冠つき番組名に変更)のうえ、従前より20分繰り下げ・短縮の12:50 - 13:40となる(MC冠つき番組名変更後第1週に限り、「第2部」の開始時刻を12時30分に繰り上げ、20分前拡大する〈1日に限り、『徹子の部屋』も休止とし、「第2部」の開始時刻を12時 - 12時50分に繰り上げ、50分前拡大する〉)。

『ワイド!スクランブル・第2部』の生予告もしくは冒頭では、本枠を観た出演者が感想を述べる演出(「昼ドラ受け」)が行われることがある[13]。また、前座番組『徹子の部屋』に本枠作品の出演者も多くゲスト出演するようになり、そちらのエンディングでドラマの宣伝を行うことがある[14]

歴代作品一覧[編集]

  • 以下の放送日程は制作局テレビ朝日におけるものを示す。
第1期
期間 脚本(原案) 主演 主題歌
1 やすらぎの郷 2017.04.03 - 2017.09.29 倉本聰 石坂浩二 中島みゆき「慕情」
2 トットちゃん! 2017.10.02 - 2017.12.22 大石静黒柳徹子 清野菜名
松下奈緒
福山雅治「トモエ学園」
3 越路吹雪物語 2018.01.08 - 2018.03.30 龍居由佳里 瀧本美織大地真央 大地真央・瀧本美織<週替わり>
第2期
期間 脚本(原作) 主演 主題歌
1 やすらぎの刻〜道 2019.04.08 - 2020.03(予定) 倉本聰 清野菜名→風吹ジュン[注 6][15]
石坂浩二[注 7]
中島みゆき「進化樹」「離郷の歌」「慕情」「終り初物」「観音橋」

放送局・配信元[編集]

テレビ放送
放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 備考
第1期 第2期
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 2017年4月3日 - 2018年3月30日 2019年4月8日 - (第1・2期)月 - 金曜日 12:30 - 12:50 制作局
北海道 北海道テレビ(HTB) 同時ネット
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS)
福島県 福島放送(KFB)
新潟県 新潟テレビ21(UX)
長野県 長野朝日放送(abn)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
中京広域圏 メ〜テレ(NBN)
近畿広域圏 朝日放送テレビ(ABC)[注 8]
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)
日本全国 BS朝日(2K) BSデジタル放送 2017年4月4日 - 2018年4月2日 2019年4月9日 - (第1・2期)月 - 金曜日 07:40 - 08:00 遅れネット
BS朝日4K[注 9] (開局前のためなし) (第2期のみ)月 - 金曜日 07:40 - 08:00
(注1)地上波において、特定回に限り、地元の高校野球県大会決勝中継のため、臨時遅れネットとする局がある。
(注2)朝日放送テレビ[注 8]において、特定回に限り、高校野球全国大会中継準々決勝または準決勝中継のため、臨時遅れネットとする。
(注3)第1期ではBS朝日(2K)において、高校野球全国大会中継(朝日放送[注 8]制作)期間中は、本編終了後のステブレを短縮し7:59までの放送をすることがあった。
(注4)第1期ではBS朝日(2K)において、高校野球全国大会中継とは別のスポーツ中継のため、臨時に遅れネットの日時を変更することがあった。
  • 地上波同時ネット局全局でのイレギュラーな放送形態
    • 毎年9月の祝日(敬老の日もしくは秋分の日)には『ミュージックステーションウルトラFES』(12:00 - 16:45・17:00 - 19:00・19:00 - 21:48または22:18、16:45 - 17:00に『ANNニュース』による一時中断あり。)を放送しており、第1期では2017年の『やすらぎの郷』の場合、当日の放送は休止したが、第129話(最終話)は『最終回拡大スペシャル』として25分後拡大(12:30 - 13:15)となった。
    • 第1期では2017年12月25日 - 2018年1月5日は年末年始編成で休止。なお、本ドラマ枠の代替として、後続番組『ワイド!スクランブル・第2部』を、25 - 27日はそれぞれ20分繰り上げ・15分拡大、28・29日はそれぞれ50分繰り上げ・65分拡大(この2日間は『年末SP』として、第1部と第2部を直結。)、4・5日はそれぞれ20分前拡大とした。
ネット配信

※いずれも第1期のもの。

  • テレ朝キャッチアップ・TVer - いずれも無料。BS朝日(2K)での遅れネットを終えた回について、BS朝日(2K)での遅れネット当日の8:05 - BS朝日(2K)での遅れネットから1週間後の7:00に限って配信[注 14](最大で5話分配信される)。
  • テレ朝動画 - 有料。本枠の作品ごとに初回から全話を、BS朝日(2K)での遅れネットを終えた回から順次、最終回配信日から60日後まで配信。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年7月22日放送の『スペシャルサタデー第1部・やすらぎの郷 7月総集編』の前説では『おびドラマげきじょう』と読まれている。
  2. ^ (枠縮小前の)『ワイド!スクランブル・第2部』の冒頭20分。
  3. ^ 2017年3月6・13・20・27日。
  4. ^ 当初は、ドラマ本編終了後(から次回予告ないし次週予告の間)にCMをまとめて流す方式を採用し[11]、重複部分は最小限に抑えられていた。しかし、2019年の『やすらぎの刻〜道』8月1日放送分(第84話)からは、木・金曜のみオープニングの直後にCMを持ってくる方式となり、10月1日(第127話)から他の曜日も同様となった。
  5. ^ なお、BS朝日(2K)・BS朝日4Kでの遅れネットでも、本枠がNHK BSプレミアム『連続テレビ小説』本放送の末尾5分と重複する。
  6. ^ 『道』パート(清野は昭和編、風吹は平成編)の主演
  7. ^ 『やすらぎの刻』パートの主演
  8. ^ a b c 第1期では認定放送持株会社移行による商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。
  9. ^ 2Kにダウンコンバートして放送。
  10. ^ やすらぎの郷』を月 - 金曜日早朝に集中放送。
  11. ^ やすらぎの郷』を月 - 金曜日午後の『ドラマセレクション』枠で断続的に集中放送。また、『やすらぎの刻〜道』を月 - 木曜日午前に集中放送。
  12. ^ 越路吹雪物語』『トットちゃん!』を月 - 金曜日午前に『MRTひるテレ♪』枠で集中放送。
  13. ^ 『やすらぎの郷』を月 - 金曜日早朝のBS朝日(2K)での再放送枠で2K・4Kのサイマル放送を実施。4Kとしては開局後初放送(ただし、2Kにダウンコンバートして放送。)のため、遅れネット扱い。
  14. ^ TVerで期間限定配信されるテレビ番組(含:テレビドラマ)の場合、通常であれば、制作局での放送直後に配信開始となるが、BS朝日(2K)で遅れネットを行っている関係から、その直後からの配信開始となっている。

出典[編集]

  1. ^ 倉本聰、1年間のドラマ初執筆『やすらぎの刻』は「十月十日で仕上げた」 ORICON NEWS 2019年3月13日発行、同日閲覧。
  2. ^ “テレ朝 勝負の大幅改編、力込める総合編成局長「大きなチャレンジ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/07/kiji/20170307s00041000207000c.html 2017年4月7日閲覧。 
  3. ^ “「テレ朝」勝負の大幅改編、「フジ」現状維持 各局の4月改編”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2087180/full/ 2017年4月7日閲覧。 
  4. ^ “石坂浩二&浅丘ルリ子、31年ぶり元夫婦共演!情報番組からシニア層奪う”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 3. (2016年6月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160630/geo16063005050014-n3.html 2017年4月7日閲覧。 
  5. ^ a b “早河洋会長兼CEO 2017年「年頭挨拶」(要旨)” (PDF) (プレスリリース), テレビ朝日, (2017年1月4日), p. 2, http://company.tv-asahi.co.jp/contents/press/0330/data/170104-ceospeech.pdf#page=2 2017年4月7日閲覧。 
  6. ^ a b c “テレ朝会長 中高年向け昼ドラ「少なくとも1年間は続ける」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/28/kiji/20170328s00041000154000c.html 2017年4月7日閲覧。 
  7. ^ “シルバー層向け新ドラマ「やすらぎの郷」 横並びトップの8・7%の好発進”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年4月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/04/kiji/20170404s00041000108000c.html 2017年4月7日閲覧。 
  8. ^ 『やすらぎの郷』最終回は6.1%、全129回の平均は5.8% ORICON NEWS 2017年10月2日発行、同日閲覧。
  9. ^ 佐藤剛志 (2017年4月4日). “倉本聰×浅丘ルリ子 若者にこびない「昼ドラ」”. 朝日新聞デジタル. http://digital.asahi.com/articles/ASK3P2PP2K3PUCVL004.html 2017年4月7日閲覧。 
  10. ^ a b 倉本聰に挑発され奮起 昼ドラ「やすらぎの郷」番組Pの覚悟 日刊ゲンダイ DIGITAL 2017年4月11日発行、同日閲覧。
  11. ^ 石坂浩二さん、死ぬまで安らげないから「やすらぎの郷」 朝日新聞デジタル 2019年9月8日、西村綾華
  12. ^ 鈴木祐司
  13. ^ 大下容子アナの「昼ドラ受け」に話しかけるやすらぎタイム,週刊新潮,2019年6月27日
  14. ^ 浅丘ルリ子
  15. ^ “八千草薫、体調不良で「やすらぎの刻~道」ヒロイン降板 代役は風吹ジュン”. サンケイスポーツ. (2019年2月9日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190209/geo19020905030015-n1.html 2019年2月10日閲覧。 

外部リンク[編集]


テレビ朝日系列 月 - 金曜日12:30 - 12:50枠
前番組 番組名 次番組
ワイド!スクランブル・第2部
※12:30 - 13:45
【20分繰り下げ・短縮して継続】
帯ドラマ劇場(第1期)
【この期間のみドラマ枠】
ワイド!スクランブル・第2部
※12:30 - 13:40
【20分繰り上げ・15分拡大して継続】
ワイド!スクランブル・第2部
※12:30 - 13:40
【『大下容子ワイド!スクランブル・第2部』と
いうMC冠つき番組名に変更のうえ、
20分繰り下げ・短縮して継続】
帯ドラマ劇場(第2期)
【ここからドラマ枠】
-