女シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女シリーズ』(おんなシリーズ)は、1962年4月16日から1965年1月15日まで毎日放送制作・NET(現:テレビ朝日)系列の平日昼に放送された昼ドラの放送枠の名称である。

歴史[編集]

TBS系列やフジテレビ系列の昼ドラが成功したのを見て、当時NETとネットしていた毎日放送の制作による昼ドラを設置、その名の通り全て女性が主人公の作品を放送した。

放送は3年弱続き、この後NET制作の『あす咲く花』を4ヶ月ほど放送して、NETの昼ドラは1968年3月開始の『ライオン女性劇場』まで中断、そして毎日放送の昼ドラは、腸捻転解消初日の1975年3月31日にTBS系列で開始した『妻そして女シリーズ』まで中断する。

放送時間[編集]

全て日本標準時

  • 1962年4月から1963年6月までは平日13:30 - 13:45。
  • 1963年7月から1964年7月3日までは平日13:00 - 13:15。
  • 1964年7月6日から同年10月2日までは平日12:45 - 13:00。なおここまではMBS・NET同時ネット。
  • 1964年10月5日から1965年1月15日までは、MBS側では不変だが、NET側は平日13:15 - 13:30。

放送作品一覧[編集]

1962年[編集]

  • 炎の河(1962年4月16日 - 7月13日) - ここから平日13:30 - 13:45。
  • 虚飾の森(1962年7月16日 - 9月14日)
  • 黒い化粧(1962年9月24日 - 9月28日)
  • 炎の河(再)(1962年10月 - 12月)
  • 夜の哀しみ(1962年12月14日 - 1963年2月22日)

1963年[編集]

1964年[編集]

  • 婚約宣言(1964年1月6日 - 3月13日)
  • 今朝の春(1964年3月16日 - 7月3日)
  • 女の海(1964年7月6日 - 10月2日) - 平日12:45 - 13:00。
  • 花芯(1964年10月5日 - 1965年1月15日) - 関東では平日13:15 - 13:30。

出典[編集]

関連項目[編集]

NET 平日13:30 - 13:45枠
前番組 番組名 次番組
月-赤ちゃんお元気ですか
(13:15 - 13:35)
短編映画
(13:35 - 14:00)
火-あすへ開く窓(再)
(13:15 - 13:45)
水-暮らしの医学
(13:15 - 13:35)
短編映画
(13:35 - 14:00)
木-夫と妻の記録(再)
(13:15 - 13:45)
金-サンコウお笑い劇場
(13:15 - 14:00)
女シリーズ
(1962.4.16 - 1963.6)
月-捜査本部
火-洋画サロン
(以上13:30 - 14:00)
水・木-スリラー(再)
金-判決
(以上13:30 - 14:30)
NET 平日13:00 - 13:15枠
月-うたごえはひびく
火-若い台風
水-蘭太郎秘開(再)
木-洋画サロン
金-ジャズへの招待(再)
(以上13:00 - 13:30)
女シリーズ
(1963.7 - 1964.7.3)
奥さまこっち向いて
※枠交換で平日12:45より移動
NET 平日12:45 - 13:00枠
奥さまこっち向いて
※枠交換で平日13:00へ移動
女シリーズ
(1964.7.6 - 10.2)
赤い鈴蘭(再)
NET 平日13:15 - 13:30枠
女シリーズ
(1964.10.5 - 1965.1.15)