火曜時代劇 (テレビ朝日)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火曜時代劇(かようじだいげき)は、2006年4月~2007年9月までテレビ朝日の火曜19:00~19:54(JST)の枠に設けられた時代劇の専門放送枠。同局の月曜時代劇の移動により開始された。

概要[編集]

テレビ朝日の時代劇枠は、1999年4月から2001年9月の間、木曜19時台に設けられていた(それ以前は土曜20時台。かつては別に木曜20時台にも時代劇枠が設けられていたが1998年12月に廃枠)。2001年10月から月曜19時台に移動した。2006年4月からは火曜19時台のバラエティ枠と交換となり、この時代劇枠は火曜19時に移行した。(枠移動後の第1作は「名奉行! 大岡越前」第2シリーズ)なお、枠移動後の月曜19時枠は「月バラ!」となった。

テレビ朝日と東映との強いラインを生かし、中断期を挟まずに時代劇を放送していた。フジテレビ火曜時代劇が廃枠された2004年4月~2006年9月までは、キー局民放唯一のレギュラー時代劇枠となった(TBSの「ナショナル劇場」(現:パナソニック ドラマシアター)は現代劇も放送するようになったため)が、2006年10月よりテレビ東京の金曜20時台にて時代劇枠を設けたため、キー局民放のレギュラー時代劇枠は2本となった。作品は原則として1クール単位の制作となっていた。かつての時代劇の名作のリメイクも制作されていた。

なお、テレビ朝日は2007年2月1日、日本教育テレビ(NETテレビ。現在のテレビ朝日)として開局した1959年2月から48年続いたレギュラーの時代劇枠を松方弘樹主演素浪人 月影兵庫を以て2007年9月で終了すると表明した。以後は2時間枠の時代劇を年6本程度制作、放映する見込みであったが、昨今のテレビ時代劇そのものの低迷により、2010年2月20日放送の『樅の木は残った田村正和主演版)』を最後に事実上休止している(尚、ABC松竹との共同制作による東山紀之主演の『必殺仕事人』シリーズは、2012年以降年1回のペースで継続中)。また、2009年は1年3か月ぶりに金9枠で時代劇『必殺仕事人2009』が半年間放送され、2014年には『金曜ナイトドラマ』枠で前年の1月期に1クールで放送された『信長のシェフ』の第2シリーズが、木曜20時枠で約15年ぶりに放送された。

放送された作品[編集]

2006年4月-7月

2006年7月-9月

2006年10月-12月

2007年1月-3月

2007年4月-6月

2007年7月-9月

ネット局の扱い[編集]

2006年9月までは以下の扱いだった。10月からは「月バラ」枠がこの扱いの対象となっている。

広島ホームテレビでは、毎月最終火曜日に自社制作のローカル情報番組ひろしま菜'S」を放送するため、最終火曜日のみその週の土曜日の16:00~16:54に時差ネットで放送され、「ひろしま菜'S」はスポンサーが異なるため(JAグループ広島)、時差ネットでもスポンサードネットとなっていた。
また、北陸朝日放送も月1回、自社制作のローカル番組「Doki Doki てれび」「HAB健康の館」を放送するため、その週の放送は後日放送された。

関連項目[編集]

テレビ朝日・東映制作の時代劇ドラマスペシャル[編集]

本項では、先述した本枠終了と入れ替わりで制作される「(東映制作の)年6本放送のスペシャル時代劇」および、その前身となった作品を記述する。

以上が前身にあたる。

  • ドラマスペシャル・「吉原炎上」 (2007年12月29日(土) 21:00~)
  • テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル・「天と地と」 (2008年1月6日(日) 21:00~)
  • ドラマスペシャル・「徳川家康と三人の女」 (2008年3月15日(土) 21:00~23:11)
  • 日曜洋画劇場特別企画ドラマスペシャル・「柳生一族の陰謀」(2008年9月28日(日)21:00~23:14)
  • ドラマスペシャル・「忠臣蔵 音無しの剣」 (2008年12月14日(日)21:00~23:24)
  • ドラマスペシャル・「肉体の門」 (2008年12月27日(土)21:00~23:21)
  • ドラマスペシャル・「暴れん坊将軍」(2008年12月29日(月)19:00~20:54)
  • テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル・「落日燃ゆ」 (2009年3月15日(日)21:00~23:24)
  • ドラマスペシャル・「樅ノ木は残った」(2010年2月20日(土)21:00~23:11)
テレビ朝日系列 火曜日19時台
前番組 番組名 次番組
火曜時代劇 (テレビ朝日)