越路吹雪物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
越路吹雪物語
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜 - 金曜 12:30 - 12:50(20分)
放送期間 2018年1月8日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
製作総指揮 五十嵐文郎テレビ朝日
演出 藤田明二(テレビ朝日)
今井和久(MMJ)
ほか
脚本 龍居由佳里
プロデューサー 藤本一彦(テレビ朝日)
布施等(MMJ)
出演者 瀧本美織
大地真央
岩淵心咲
木南晴夏
市毛良枝
咲妃みゆ
濱田マリ
尾美としのり
渡邉このみ
佐戸井けん太
原日出子
宮崎美子
市川由衣
中村俊介
ナレーター 真矢ミキ
時代設定 1932年昭和7年) -
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

越路吹雪物語』(こしじふぶきものがたり)は、テレビ朝日系の『帯ドラマ劇場』(おびドラマシアター)枠(毎週月曜 - 金曜12時30分 - 12時50分)にて2018年1月8日から放送している、同枠第3弾となる帯ドラマ女優越路吹雪の半生とその家族の物語を龍居由佳里の脚本、瀧本美織の主演。

概要[編集]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

河野家[編集]

河野 美保子(こうの みほこ)
演 - 瀧本美織(絶頂期:大地真央[注 1]、子役:岩淵心咲
主人公。
河野 益代(こうの ますよ)
演 - 濱田マリ
美保子の母。
河野 友孝(こうの ともたか)
演 - 尾美としのり
美保子の父。
河野 真佐子(こうの まさこ)
演 - 渡邉このみ
美保子の姉。

岩谷家[編集]

岩谷 時子(いわたに ときこ)
演 - 木南晴夏(絶頂期:市毛良枝
物静かな文学少女。
岩谷 雄三(いわたに ゆうぞう)
演 - 佐戸井けん太
時子の父。
岩谷 秋子(いわたに あきこ)
演 - 原日出子
時子の母。

新潟で出会う人たち[編集]

村上 静(むらかみ しず)
演 - 宮崎美子
新潟転勤に伴って美保子と父・友孝が2人で身を寄せた、下宿の主。
片桐 八重子(かたぎり やえこ)
演 - 市川由衣
美保子の新潟での小学校時代の親友。
時田(ときた)
演 ‐ 遠山俊也
小学校時代の担任。

宝塚音楽歌劇学校[編集]

伊藤 登(いとう のぼる)
演 - 中村俊介
宝塚音楽歌劇学校(現・宝塚音楽学校)の声楽教師。
近江 丈一郎(おうみ じょういちろう)
演 - 篠井英介
宝塚音楽歌劇学校の日本舞踊の教師。
高城 幸子(たかぎ ゆきこ)
演 - 音月桂
美保子の先輩で宝塚歌劇団のトップスター。
加治 信子(かじ のぶこ)
演 - 咲妃みゆ
宝塚歌劇団での美保子の同期生。
旭爪 明子(ひのつめ あきこ)
演 - 早織
宝塚歌劇団での美保子の同期生。

宝塚歌劇団[編集]

大塚 弥一(おおつか やいち)
演 - 宇梶剛士
宝塚歌劇団の教務責任者。
庄司 義男(しょうじ よしお)
演 - 駿河太郎
宝塚歌劇団所属の作家。

『歌劇』編集部[編集]

内田 信人(うちだ のぶひと)
演 - 河西健司
宝塚歌劇団の出版部長。
平山 文章(ひらやま ふみあき)
演 - 飯田基祐
歌劇』の編集長。
森継男(もり つぐお)
演 - 崎本大海
『歌劇』の編集部員。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 本作では1つの曲をドラマ全編ではなく、週替わりで越路吹雪が歌ったシャンソンの名曲を、越路の絶頂期、青年期をそれぞれ演じる大地と瀧本が6曲ずつ週替わりで歌う。2018年3月7日には、この12曲を集めたアルバムが発売予定[1]
第1週 すみれの花咲く頃 瀧本美織
第2週 サン・トワ・マミー 大地真央

放送日程[編集]

  • 放送期間は制作局のテレビ朝日基準。
放送回 放送期間 演出 備考
01週 01 - 05話 1月08日 - 1月12日 藤田明二
02週 06 - 10話 1月15日 - 1月19日

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1983年TBSテレビにて放送された単発ドラマ『愛の讃歌 越路吹雪の青春』にて越路吹雪を演じていたことがある。

出典[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日 帯ドラマ劇場
前番組 番組名 次番組
トットちゃん!
(2017年10月2日 - 12月22日)
越路吹雪物語
(2018年1月8日 - )
-