音月桂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おとづき けい
音月 桂
生年月日 6月19日
出生地 埼玉県鴻巣市
身長 166cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 1998年 -
活動内容 1998年:宝塚歌劇団入団
1999年:雪組配属
2010年:雪組トップスター就任
2012年:宝塚歌劇団退団
2013年:芸能活動開始
公式サイト 音月桂オフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
エリザベート
ロミオとジュリエット
JIN-仁-
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

音月 桂(おとづき けい、6月19日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップスター[1][2][3]

埼玉県鴻巣市[1]市立鴻巣中学校出身[4]。身長166cm[1]。血液型O型[1]。愛称は「KEI」[4]

来歴[編集]

1996年、宝塚音楽学校入学[5]

1998年、宝塚歌劇団に84期生として入団[5][2]。入団時の成績は4番[6]宙組公演「エクスカリバーシトラスの風」で初舞台[7][5][3][8]

1999年、組まわりを経て雪組に配属[6][7][5][2][3][8]

下級生時代より華のある容姿で注目を集め[3]、2001年の「猛き黄金の国」で新人公演初主演[7][5][2][3][8]。入団3年目での抜擢となった[5][2][3]。その後も5度に渡って新人公演主演を務める[3]

2002年、「ホップ スコッチ」(バウホール日本青年館公演)で、立樹遥壮一帆とバウホール・東上公演トリプル主演[7][8]

2006年、「やらずの雨」でバウホール公演単独初主演[7][3]。翌年の「ノン ノン シュガー!!」でもバウホール公演単独主演[7]

2007年、世界陸上大阪大会にあわせて結成されたユニット・AQUA5のメンバーに選出される[7][3][8]

2009年、「忘れ雪」(バウホール・日本青年館公演)で、東上公演単独初主演[8]

2010年9月13日付で雪組トップスターに就任[3][9]。翌年の「ロミオとジュリエット」で大劇場トップお披露目[5][9][10]。当初は相手役が不在であったが、3月24日付で舞羽美海を相手役に迎え、「仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!」で新トップコンビ大劇場お披露目[10]

歌・ダンス・芝居と三拍子揃った実力派トップスターと称されたが[5][2]、2012年12月24日、「JIN-仁-/GOLD SPARK!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[5][3]

2013年1月よりLDH所属となり芸能活動を開始するが[2]、2020年3月よりフリーとなる[11]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

雪組時代[編集]

雪組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1999年9月、汐風幸ディナーショー『Half & Half』
  • 2000年1月、安蘭けいディナーショー『ラフ・タイム』
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000白井鐵造生誕100年記念『KING OF REVUE』
  • 2001年4月、『雪組エンカレッジ・コンサート
  • 2001年12月、轟悠ディナーショー『Noche de Yu』
  • 2002年7月、『宝塚巴里祭2002』
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』
  • 2003年10月、第四十四回『宝塚舞踊会』
  • 2004年5月、朝海ひかるディナーショー『Mannish』
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90-100年への道-』
  • 2006年7 - 8月、朝海ひかるバウ・スペシャル『アルバトロス、南へ』
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ〜人は夢見る〜』
  • 2006年10月、第四十七回『宝塚舞踊会』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!-「モン・パリ」80周年記念-』
  • 2008年12月、『タカラヅカスペシャル2008〜La Festa!〜』
  • 2009年4月、白羽ゆりミュージック・サロン『SWAN』
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2009年11月、音月桂ディナーショー『The K-ing. DOM-進化するK-』 主演[12]
  • 2009年12月、『タカラヅカスペシャル2009〜WAY TO GLORY〜』
  • 2010年12月、『タカラヅカスペシャル2010〜FOREVER TAKARAZUKA〜』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • ブラック メリーポピンズ」 世田谷パブリック劇場(2014年7月) - アンナ
  • 十二夜」 日生劇場(2015年3月8日-3月30日) - ヴァイオラ/セバスチャン
  • 「8月の家族たち」(2016年5月:Bunkamuraシアターコクーン、6月:森ノ宮ピロティホール) - カレン[13][14]
  • フランケンシュタイン」(2017年1月、日生劇場) - ジュリア[15]
  • 「KNIGHTS' TALE」(2018年7月27日 - 8月29日、帝国劇場)(2018年9月18日 - 10月15日、梅田芸術劇場 メインホール) - エミーリア[16]
  • 「オレステイア」(2019年6月6日 - 6月30日、新国立劇場) - エレクトラ
  • 「フランケンシュタイン」(2020年1月8日 - 1月30日、日生劇場) - ジュリア

ドラマ[編集]

映画[編集]

TV出演[編集]

広告・CM出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2004年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2003年度新人賞
  • 2007年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2006年度努力賞
  • 2012年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2011年度優秀賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 音月桂profile 音月桂オフィシャルサイト。
  2. ^ a b c d e f g 元宝塚雪組トップスター・音月桂がEXILE所属のLDHと契約 オリコンニュース。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 宝塚 DREAM FOREVER-輝ける未来へ-#47「音月桂」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  4. ^ a b 『宝塚おとめ 2012年度版』 阪急コミュニケーションズ、2012年、65頁。ISBN 978-4-484-12506-0
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 【インタビュー】宝塚退団後1年の音月桂 宝塚、女優、映像作品…今の思いを語る スターファイル。
  6. ^ a b 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、110頁。ISBN 9784484146010
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o フェアリーインタビュー 雪組 音月桂 ウィズたからづか。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 雪組 音月桂さん インタビュー 宝塚歌劇団プロジェクト。
  9. ^ a b c d e 音月桂のお披露目公演。雪組『ロミオとジュリエット』 宝塚ジャーナル。
  10. ^ a b c d e f 宝塚クロニクル2011スペシャル「雪組編」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  11. ^ 音月桂を応援して下さる皆様へ”. LDH. LDH JAPAN (2020年2月28日). 2020年3月6日閲覧。
  12. ^ 音月桂ディナーショー「The K-ing.DOM-進化するK-」(’09年雪組・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  13. ^ ケラリーノ・サンドロヴィッチ新作舞台のキャスト発表 麻実れい「すてきな予感がする」”. ORICON STYLE (2015年11月12日). 2015年11月12日閲覧。
  14. ^ 麻実れい、秋山菜津子、常盤貴子、音月桂、生瀬勝久らが出演 KERA演出『8月の家族たち』キャストが発表に”. シアターガイド (2015年11月12日). 2015年11月16日閲覧。
  15. ^ 「フランケンシュタイン」中川晃教と柿澤勇人のWキャストで17年1月上演”. ステージナタリー (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  16. ^ “堂本光一 井上芳雄と貴公子タッグ「SHOCK」以来17年8カ月ぶり新作ミュージカル”. デイリースポーツ. (2018年1月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/19/0010909976.shtml 2018年1月19日閲覧。 
  17. ^ 『ジョジョの奇妙な冒険』~ダイヤモンドは砕けない~…に、"少しだけ"参加させて頂きましたぁ。” (2017年7月15日). 2019年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]