花乃まりあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かの まりあ
花乃 まりあ
生年月日 (1992-10-12) 1992年10月12日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都多摩市
身長 163cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ
活動期間 2010年 -
活動内容 2010年:宝塚歌劇団入団、宙組配属
2014年:花組へ異動、花組トップ娘役就任
2017年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
配偶者 既婚
事務所 フロム・ファーストプロダクション
公式サイト 花乃まりあ 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ベルサイユのばら
新源氏物語
ME AND MY GIRL
仮面のロマネスク
ドラマ
越路吹雪物語
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

花乃 まりあ(かの まりあ、1992年[1]10月12日[2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団花組トップ娘役[3][4]

東京都多摩市[2]恵泉女学園中学校出身[2]。身長163cm[1]。血液型O型[1]。愛称は「かのちゃん」[2]

所属事務所はフロム・ファーストプロダクション[1]

来歴[編集]

2008年、宝塚音楽学校入学。

2010年、宝塚歌劇団に96期生として入団[5]。入団時の成績は19番[5]月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台[5]。その後、宙組に配属[5]

可憐な容姿と豊かな表現力で入団当初から注目を集め[6][7]、2012年、凰稀かなめ実咲凜音トップコンビ大劇場お披露目となる「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」で、新人公演初ヒロイン[8][7][3]

2013年の「モンテ・クリスト伯」で2度目の新人公演ヒロイン[8][7]。続く「the WILD Meets the WILD」でバウホール公演初ヒロイン[7][4]。続く「風と共に去りぬ」で3度目の新人公演ヒロイン[8][7][3]

2014年3月1日付で花組へと組替え[9]。同年、蘭乃はな退団公演となる「エリザベート」で4度目の新人公演ヒロイン[7][10]。同年11月17日付で花組トップ娘役に就任[6][3]明日海りおの2人目の相手役として、翌年の「カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲」で新トップコンビ大劇場お披露目[7][3]

2017年2月5日、「雪華抄/金色の砂漠」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[3][6][11]

退団後は2018年の「越路吹雪物語」(テレビ朝日系)で、テレビドラマに初出演[6]。宝塚OGでもある淡島千景役で本格女優デビュー[11][6]。また同時期に退団した同期で元雪組トップ娘役・咲妃みゆと、初舞台以来となる共演を果たした[6]

2019年より情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)で、特集コーナーの担当リポーターを務めるなど、活躍の幅を広げている[11]

2021年、自身のインスタグラムで結婚したことを報告[4]

人物[編集]

パッチリした瞳の癒やし系美女として注目を集め、そのルックスからファンの間では「宝塚の綾瀬はるか」と呼ばれた[6]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

花組時代[編集]

花組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2016年4月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

情報番組[編集]

  • 2019年4月 - 、日本テレビ系『ZIP!』 - 特集コーナー担当リポーター[11]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 花乃まりあ 公式プロフィール フロム・ファーストプロダクション。
  2. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2016年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、32頁。ISBN 978-4-908135-67-5
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 花乃まりあサヨナラ特別番組「花のようにほほえんで…」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  4. ^ a b c d e 元宝塚花組トップ娘役・花乃まりあ、一般男性と結婚「側で守り支えていきたい」 スポーツ報知。
  5. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 122.
  6. ^ a b c d e f g h i j “元花組娘役トップの花乃まりあ、淡島千景さん役大抜てき!本格女優デビューへ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年1月15日). https://www.sanspo.com/article/20180115-PWL6QZESNFNJHG5VX37447OOEY/ 2018年1月16日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x “第6回 花組トップ娘役・花乃まりあ退団に贈る言葉”. 『宝塚イズム』マンスリーニュース (web青い弓). (2017年2月22日). https://yomimono.seikyusha.co.jp/takarazukaismmn/takarazukaismmn_06.html 2020年5月12日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f 100年史(舞台) 2014, p. 320.
  9. ^ 『2014年 宝塚Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、80頁。ISBN 978-4-908135-34-7
  10. ^ a b c d e f g 【インタビュー】花乃まりあ:宝塚歌劇団退団から5年目、新たな挑戦に飛び込む メトロポリターナトーキョー。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n 鈴木杏、ブルゾンちえみ、花乃まりあ、シルビア・グラブは? 演劇キック。
  12. ^ “屋良朝幸主演で贈る最高のミュージカルコメディ!『Gang Showman』9月・10月にシアタークリエで上演!”. 演劇キック (えんぶ). (2020年7月7日). http://enbu.co.jp/kangekiyoho/%e5%b1%8b%e8%89%af%e6%9c%9d%e5%b9%b8%e4%b8%bb%e6%bc%94%e3%81%a7%e8%b4%88%e3%82%8b%e6%9c%80%e9%ab%98%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3/ 2020年7月7日閲覧。 
  13. ^ 「ELF The Musical」主演は美少年の岩崎大昇、共演に少年忍者・織山尚大ら ステージナタリー。
  14. ^ 宝塚版「エリザベート」25周年記念コンサートの出演者発表、歴代出演メンバーがずらり ステージナタリー。
  15. ^ 稲垣吾郎「共通点多い」中年探偵役で舞台主演 笑いとロマンティックの大人のエンタメ”. ORICON NEWS. 2021年12月7日閲覧。
  16. ^ 美弥るりか主演でオリジナルミュージカル『The Parlor』女性たちの物語を描く エンタステージ。
  17. ^ 宝塚OGキャストによる「8人の女たち」上演決定 ステージナタリー。
  18. ^ アニメ「イヴの時間」を荻田浩一の演出で舞台化、主演は瀬戸利樹&花乃まりあ ステージナタリー。
  19. ^ 『2016年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、77頁。ISBN 978-4-86649-005-2

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]