この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

紺野まひる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
こんの まひる
紺野 まひる
本名 濱田里佳子[1]
生年月日 (1977-04-12) 1977年4月12日(41歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府豊中市
身長 160
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画
活動期間 1996年 -
活動内容 1996年宝塚歌劇団入団、雪組配属
2002年:雪組トップ娘役就任
同年:宝塚歌劇団退団
2003年:芸能活動開始
配偶者 あり[1]
事務所 FLaMme
公式サイト FLaMmeのプロフィール
主な作品
舞台
追憶のバルセロナ

テレビドラマ
てるてる家族
飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜
スペシャリスト』シリーズ
映画
県庁の星
備考
宝塚歌劇団卒業生

紺野 まひる(こんの まひる、1977年4月12日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。大阪府豊中市出身[1]FLaMme所属。身長160cm[1]

来歴・人物

4歳からクラシックバレエを始める。

雲雀丘学園中学校を経て雲雀丘学園高等学校在学中の1994年宝塚音楽学校に入学[1]

1996年3月29日82期生として宝塚歌劇団入団。

月組『CAN-CAN』で初舞台を踏んだ後、同年5月8日雪組に配属。同期生に元花組トップスターの蘭寿とむ、元星組男役スターの涼紫央、元雪組トップスターの壮一帆、元月組男役スターの遼河はるひなど。入団1年目に『虹のナターシャ』で新人公演ヒロインを経験する。また、エトワールを務めた経験もある。新人公演ヒロインは7回。その後、貴咲美里愛田芽久の相次ぐ退団により、娘役2番手となる。

2002年に雪組トップ娘役に就任[1]したが、大劇場作品1作限りでの退団となった絵麻緒との同時退団で同年9月23日に宝塚歌劇団を卒業。

2003年に女優として再スタート。NHKの朝の連ドラ『てるてる家族』では、元フィギュアスケート選手である石田治子がモデルの岩田春子を演じた。

2005年日本テレビ系列のドラマ『瑠璃の島』に出演することが決まっていたが、船で移動中に事故に遭い骨折したため降板。

テレビ東京の『Film Factory』にて監督業にもチャレンジ。

2008年11月、雲雀丘学園中学校時代の同級生である会社員男性(日本航空のパイロット)と結婚[1]2012年8月初旬、第1子となる女児を出産[2]

2015年5月27日、事務所の公式サイトにて、第2子の妊娠を報告[3]9月8日、第2子女児を出産[4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演

宝塚歌劇団退団後の主な出演

テレビドラマ

Webドラマ

映画

テレビ番組

CM

ラジオ

舞台

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g “紺野まひる イケメン同級生パイロットと結婚”. Sponichi Annex. (2008年12月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/12/01/kiji/K20081201Z00001190.html 2017年11月20日閲覧。 
  2. ^ 紺野まひる 第1子誕生を報告「元気な女の子」 - Sponichi Annex 2012年8月13日(2012年8月13日閲覧)
  3. ^ 紺野まひる 第2子を妊娠”. デイリースポーツ online (2015年5月27日). 2015年5月27日閲覧。
  4. ^ 紺野まひる 第2子女児を出産「元気に生まれてくれたことに感謝」”. Sponichi Annex (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  5. ^ 「重要参考人探偵」に“デスパレートなセレブたち”が登場!”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2017年11月17日). 2017年11月20日閲覧。
  6. ^ 唐沢寿明が『世にも』初出演!”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2018年5月4日). 2018年5月22日閲覧。
  7. ^ “水川あさみ、安達祐実、菊地凛子らがドラマ「ミス・シャーロック」にゲスト出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月20日). https://natalie.mu/eiga/news/278960 2018年4月20日閲覧。 
  8. ^ 浜野謙太がマンション大規模修繕に挑む、カシワバラ新CM 監督は吉田大八”. CINRA.NET (2018年4月2日). 2018年5月22日閲覧。
  9. ^ “アラン・エイクボーンのコメディ「扉の向こう側」に壮一帆、紺野まひる、岸祐二”. ステージナタリー. (2016年5月12日). http://natalie.mu/stage/news/186842 2016年5月13日閲覧。 
  10. ^ “「扉の向こう側」開幕、SMクイーン役の壮一帆「体当たりでぶつかれたら」”. ステージナタリー. (2016年11月11日). http://natalie.mu/stage/news/209029 2016年11月14日閲覧。 

関連項目

外部リンク