愛月ひかる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛月 ひかる(あいづき ひかる、8月23日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役スター。

千葉県市川市[1]私立日出学園中学校出身[1]。身長173cm[1]。愛称は「あい」、「ちゃんさん」[1]

来歴[編集]

2005年4月、宝塚音楽学校入学。94期入学試験ではバレエの模範演技係を任される。

2007年3月、宝塚歌劇団に93期生として入団。入団時の成績は20番。星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台。その後、宙組に配属。

2010年、「誰がために鐘は鳴る」で、新人公演初主演。以降、4回に渡って新人公演の主演を務める。

2012年、宝塚歌劇団年度賞の2012年度新人賞を受賞。

2014年、「SANCTUARY」で、バウホール公演初主演。

2016年、「エリザベート-愛と死の輪舞-」で、大役ルキーニに抜擢[2]

2018年、「不滅の棘」で、シアタードラマシティ・日本青年館公演初主演[3]

2019年2月26日付で専科へ異動[4]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2007年3月~4月、星組『さくら-妖しいまでに美しいおまえ-/シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-』(宝塚大劇場のみ)

宙組時代[編集]

専科時代[編集]

  • 2019年5月、星組『アルジェの男/ESTRELLAS〜星たち〜』(全国ツアー)ジャック ※予定
  • 2019年6月、外部出演『𠮷﨑憲治&岡田敬二 ロマンチックコンサート』(梅田芸術劇場メインホール)※予定

受賞歴[編集]

  • 2012年、「宝塚歌劇団年度賞」2012年度新人賞

脚注[編集]

外部リンク[編集]