夢・フラグランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夢・フラグランス』(Dream and FragranceReve et Fragrance)は1992年1月1日から2月11日に宝塚大劇場[1]、同年4月4日から4月29日まで東京宝塚劇場[2]、同年9月12日から10月4日まで地方公演[3](9月12日・守山、13日・江南、15日・豊川、16日・豊田、18日・武蔵野、19-20日・市川、22-23日・川口、25-26日・仙台、27日・多賀城、29日・宇都宮、10月1日・高松、3-4日・鹿児島)で上演されたレビュー作品。宝塚歌劇団月組公演[4]。作・演出は岡田敬二[4]。併演作品は『珈琲カルナバル[4]』。

概要[編集]

ロマンチックレビューシリーズ第7弾にあたるこのレビューは、1992年の新春公演に相応しくネオ・ジャパネスクをプロローグにして、花をテーマにした作品でバラエティに富んだ内容になっている。作品前半は日本をはじめとしたアジアの場面で構成され、後の『Asian Sunrise(アジアン・サンライズ)』(2000年)、『ASIAN WINDS! - アジアの風 -』(2005年)先駆けとなった。なお、『夢・フラグランス』はロマンチック・レビューシリーズにとって最後の旧宝塚大劇場時代の作品となった。

宝塚・東京公演のデータ[編集]

形式名は「ミュージカル・レビュー[5]」。

24場[5]

場面(宝塚・東京公演)[編集]

第一章[6] オープニング <祭囃しは流れる>
ネオ・ジャパネスク調の華麗なシーン。1992年の幕開けを祝い、全員が歌い踊る。
第二章[6] ザ・ストレンジャー
  • 音楽:吉崎憲治
  • 振付:喜多弘
哀愁に満ちた前奏曲で、三度笠、マントにブーツの旅姿の男が仲間と出る。やがて男達は勇壮に踊りだす。
  • ストレンジャー - 涼風真世
第三章[7] あじさいの思い出 <大正ロマン 蕗谷虹児風>
大正時代、海辺で出会った青年と少女の初々しい恋。しかし、少女は両親が決めた求婚者と結婚してしまう。教会の側にたたずみ、青年は切ない思いを胸に、嫁いでゆく少女を見送るのであった。
  • あじさいの歌手 - 羽根知里
  • 青年 - 涼風真世
  • 花婿 - 天海祐希
  • 花嫁 - 麻乃佳世
第四章[7] 月下の蘭
場所は東南アジアのジャングル。妖しくも美しい蘭の精が、生き物を次々と虜にしていく。
  • 月下の歌手(男) - 久世星佳
  • 月下の蘭 - 涼風真世
  • 月下の男A - 若央りさ
第五章[7] ラベンダー・ローズ <デビュタント、社交界へのデビュー>
  • 音楽:吉崎憲治
  • 振付:羽山紀代美
今宵の舞踏会で社交界にデビューする少女達が、期待と不安を込めて歌う。やがてプリンスが登場し、華麗な大舞踏会の幕が開く。
  • 歌う恋人、踊る軍人 - 天海祐希
  • デビュタントの淑女A - 朝吹南風花舞
  • 歌う王子 - 涼風真世
  • デビュタントS - 麻乃佳世
第六章[7] 地底の花
地底の大きな穴で働く男達が、仕事を終えて作業着を脱ぐと実は美しい女達であった。幻想的な女達の踊りが月光の下で繰り広げる。
第七 - 八章[7] フィナーレ
ロケットダンスから、二人の紳士の歌う「ラバー・カムバック・トゥー・ミー」による8組のカップルの踊りとなる。大階段で紳士が歌う「カンツォーネ」で3人の美女が踊る。やがてパレードになる。
  • 歌う紳士 - 久世星佳、天海祐希
  • 歌う男 - 涼風真世
  • 踊る淑女 - 若央りさ、真織由季、麻乃佳世

主な配役(宝塚・東京公演)[編集]

  • 歌手、青年、月下の蘭、王子、ダンサー - 涼風真世[1]
  • ネオ・ジャパネスクの男A、花婿、恋人、紳士 - 天海祐希[1]
  • ネオ・ジャパネスクの女、花嫁、踊る淑女 - 麻乃佳世[1]

スタッフ(宝塚・東京公演)[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両公演共通。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak 80年史 1994, p. 352.
  2. ^ a b c 80年史 1994, p. 354.
  3. ^ 80年史 1994, p. 358.
  4. ^ a b c 80年史 1994, p. 352、354、358.
  5. ^ a b c 80年史 1994, p. 352、354.
  6. ^ a b 岡田レビュー 2009, p. 161.
  7. ^ a b c d e 岡田レビュー 2009, p. 160.

参考文献[編集]

  • 岡田敬二『岡田敬二 ロマンチック・レビュー』阪急コミュニケーションズ、2009年11月7日。
  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5

関連項目[編集]